金利が高い銀行を調べてみる。


(スポンサード リンク)
2009年01月31日

イーバンク銀行が、定期預金金利アップキャンペーンの実施期間を延長

イーバンク銀行が、1月30日まで実施していた円定期預金金利アップキャンペーン」の実施期間を延長するとのこと。

イーバンク:「円定期預金 金利アップ」3月末まで延長 2009/01/29(木) 15:15:39 [サーチナ]
イーバンク銀行、「円定期預金 金利アップキャンペーン」の実施期間を3月末まで延長(日経プレスリリース)

上記リンク先記事によると、期間が延期された「金利アップキャンペーン」の内容は下記の通り。

・キャンペーン実施期間:2009年3月31日(火)23:55まで
・対象商品:預入期間2年・3年・5年の円定期預金
・金利:通常金利0.20%上乗せ


1年以内の短期の定期預金が、金利アップキャンペーンの対象になっていないのは、イーバンク銀行の経営状況から仕方ないのかもしれませんが、ちょっと寂しいものがあります。


イーバンク銀行サイト内の案内ページ
・イーバンク銀行、円定期預金「金利アップキャンペーン」の実施期間を延長
 http://www.ebank.co.jp/kojin/news/press/2009_01_29.html

マレーシアの中央銀行が定期預金の金利下限を引き下げ

マレーシアの中央銀行「バンク・ネガラ」が、政策金利引下げに伴い、定期預金金利下限を0.5ポイント引き下げたとのこと。

政策金利引き下げに伴う定期預金金利、引き下げ幅で工夫へ | マレーシア発ニュース速報 | マレーシアナビ!

上記リンク先記事によると、引き下げ後の定期預金金利下限の数字として、

・1ヶ月もの:2.5
・12ヶ月もの:3

が挙げられています。

これに伴って、各銀行は定期金利引き下げを行うことになりますが、「OSKインベストメント・リサーチ」ではその引き下げ幅に関して、

・小規模銀行は、顧客獲得のために、金利引き下げ幅を0.5ポイント以下に抑えることになる

との見通しを示しているとのこと。


定期預金の下限が、引き下げられても、例えば1ヶ月もので2.5%(※イーバンク銀行の10倍以上)というところに、驚きを感じてしまいます。

2009年01月29日

桜の開花日を的中すると高金利になる、池田銀行の「花咲か定期」

池田銀行が、桜の開花日を的中させると金利を優遇する「花咲か定期」を、2月2日から全店で取り扱い開始するとのこと。

池田銀行、開花予想で金利優遇 定期預金「花咲か定期」 - 47NEWS(よんななニュース)
時事ドットコム:池田銀、桜の開花日予想で金利優遇=定期預金の新商品
金利にハナを咲かせましょう…池田銀が開花予想キャンペーン : 経済 科学 ピックアップ : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

上記リンク先記事によると、今回の「花咲か定期」の詳細は、

6ヶ月もののスーパー定期預金
・対象:個人
・預入金額:1口30万円以上、1,000万円未満
・預入時に、大阪管区気象台が指定する標準木(大阪城西の丸庭園内)の開花日を予想し、申込用紙に記入
・当初の預金金利には、店頭金利を適用(※28日現在で年0.17%)
・予想開花日が的中し、その上で定期預金を継続した場合、「満開賞」として、初回継続時(次の半年間)に年0.87(ハナ)%の優遇金利を適用
・開花予想が外れた場合でも、定期預金を継続した場合、初回継続時(次の半年間)に年0.39(サク)%の優遇金利を適用
・取り扱い期間:2月2日3月19日

となっています。


開花予想日を的中させるのは難しそうですが、季節の風物詩と絡めたゲーム性があって、なかなか面白い企画だと感じます。


※池田銀行サイト内の「花咲か定期」紹介ページ
・池田銀行│『花咲か定期』を新発売!
 http://www.ikedabank.co.jp/news09/news0128.html
・商品概要について
 http://www.ikedabank.co.jp/pdf/news0128.pdf
2009年01月25日

ゆうちょ銀行が一部の定期性預金の金利を引き下げ

ゆうちょ銀行が1月23日、定期性預金金利の一部引き下げを発表したとのこと。

ゆうちょ銀、定期性預金金利を一部引き下げ(NIKKEI NET(日経ネット):経済ニュース)

上記リンク先記事によると、今回引き下げ対象となるのは、

定額貯金1年以上
定期貯金2年以上

金利で、例えば定額貯金3年以上)の金利は0.25%(従来は0.3%)に引き下げ。

(※当記事の執筆時点での、ゆうちょ銀行サイトに掲載されている、定額貯金3年以上)の金利は、0.30%となっています[1]。)

これは、日銀の2008年末の金利引下げによる、市場金利の低下に伴う措置とのことです。


キャンペーン以外の通常の預金商品で、金利引上げのニュースが出てくるのは、一体いつになることでしょうか?


※参考
・[1]金利一覧ーゆうちょ銀行
 http://www.jp-bank.japanpost.jp/cgi-bin/kinri.cgi
・定額貯金−ゆうちょ銀行
 http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/tameru/teigaku/kj_tm_tg_chokin.html
・定期貯金−ゆうちょ銀行
 http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/tameru/teiki/kj_tm_tk_chokin.html
2009年01月22日

ネット銀行の預金金利は、やはり都市銀行よりも断然お得とのこと

下記リンク先記事では、インターネット専業銀行の預金金利や手数料を挙げ、その有効な活用法について解説されています。

金利も手数料もこんなに違う! 「ネット銀行」のオトクな活用法 - ライフ - 日経トレンディネット

この記事では、

普通預金定期預金とも、ネット銀行のほうが都市銀行(インターネット支店含む)に比べて高いが、定期預金では特にその傾向が顕著である。
 (3倍以上、金利が高い場合もある)

ネット銀行では、コンビニ設置のATMでの引出手数料・振込手数料の無料化の条件が、都市銀行よりも緩い場合が多い。

イーバンク銀行口座と新生銀行口座を併用し、他行への振り込み手数料を1ヶ月当たり計8回無料にする方法

など、興味深い内容が記述されています。


最近は以前よりもめっきり金利が下がったとはいえ、(都市銀行など他行と比べて)ネット銀行の預金金利の高さは、やはり魅力が大きいようです。

また、(私は今のところ、振込みや引き出しを頻繁には行いませんが)口座開設の手間をいとわないのであれば、各ネット銀行の利用条件をよく確認して、複数の銀行の口座を上手く利用していくことも、十分に有りかもしれない・・・と感じました。
2009年01月21日

新生銀行が米ドル預金「パワーステップアップ外貨定期」の取り扱いを開始

新生銀行が1月20日〜29日、米ドル建ての仕組預金「パワーステップアップ外貨定期」の取り扱いを行うとのこと。

新生銀行、「パワーステップアップ外貨定期(米ドル建)」の取り扱い開始(日経プレスリリース)

上記リンク先記事によると、この預金の特徴として、

・当初預入期間が1年間(最長5年満期)の米ドル建て仕組預金
・1年間の当初預入期間以降は、1年ごとに、1年間の預け入れ期間延長をするかどうかを、新生銀行側が決定し、預入期間の延長を行わないことを決定した場合に、預金が満期となる。
・顧客にとっては、預け入れ1年後以降の満期の決定権を新生銀行側に与える代わりに、当初1年間の金利では、新生銀行の通常の米ドル定期預金の利息を上回る可能性が期待できる。
・当初1年間の金利は年1.50%(税引前)で、預入期間が延長された場合には、以降1年ごとに金利が段階的に上がる(5年目の適用利率は年2.30%(税引前))
・利息は、1年ごとに米ドルでの受け取りとなる。

との内容が記述されています。


定期預金に比べると、確かに格段に高金利ですが、最近の急激な円高の動向を目の当たりにしていると、個人的には外貨預金には、敷居の高さを感じてしまいます。


※参考
・[新生銀行] パワーステップアップ外貨定期(米ドル建て)
 http://www.shinseibank.com/powerflex/powerstepup_fcy/index.html

高金利定期預金の活用法を提案している記事

下記リンク先記事では、現在行われている金融機関の高金利預金キャンペーンや、高金利定期預金の活用方法が提案されています。

【暮らしナビ エコ流】高金利の定期預金  : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

具体的には、

・日銀の政策金利利下げで銀行預金金利も下がる中、店頭表示金利の倍以上の利率を掲げた預金商品が発売されている。
 例えば、下記のような定期預金キャンペーンがある。

日本振興銀行の「中間決算最高益記念キャンペーン」[1]:
 1月23日まで募集している「個人定期預金」の金利は、1年もの:1.3%、5年もの:1.9
岩手銀行のネットバンキング「イーハトーヴ支店」[2]:
 3つの専用定期(1年、3年、5年)を用意しており、50万円以上預けた場合、店頭表示金利に最大0.5%上乗せ。
新生銀行の「パワーダイレクト円定期預金100」[3]:
 2月10日までに100万円以上を預金した場合、1年もので1.1%、5年もので1.7%の金利を適用。
イオン銀行「新春特別企画」[4]:
 3月31日までに1万円以上預けた場合、利率0.8%を適用

・このよう預金商品の多くは、キャンペーン期間に入金する必要があるが、口座開設には10日〜3週間ほどの時間がかかるため、注意する必要がある。

・預入れ期間が長い預金商品を利用する場合、金利観(低金利が長く続くか、など)も必要となる。

・生活資金確保を最優先にしておき、高金利定期預金には、余裕のあるお金を振り向けるべき。

等の内容が記述されています。


定期預金は、他の投資などに比べるとローリスク・ローリターンな金融商品だと思いますが、余裕のある資金を用いるべきという点は、やはり変わらないようです。


※参考
・[1]日本振興銀行の定期預金 :: 日本振興銀行 : Incubator Bank of Japan, Limited
 http://www.shinkobank.co.jp/deposit/index.html
・[2]いわぎんイーハトーヴ支店〔インターネット専用バーチャル店舗〕 | 岩手銀行
 http://www.iwatebank.co.jp/kojin/v_branch/index.html
・[3][新生銀行] パワーダイレクト専用円特別定期預金商品説明書
 http://www.shinseibank.com/powerflex/web_1nen_special_ex.html
・[4]イオン銀行 「新春特別企画 定期預金金利優遇キャンペーン」の実施について
 http://www.aeonbank.co.jp/about/news/news_pdf/n2008122601.pdf
2009年01月18日

仙台銀行が、定期預金等利用で高級旅館のペア宿泊券が当たるキャンペーンを実施

仙台銀行が、一定額以上の定期預金や国債などを利用・購入した顧客に対し、高級旅館の宿泊券を抽選でプレゼントするキャンペーン「冬の感謝祭」を開始したとのこと[1][2]。

今回のキャンペーンで、抽選でプレゼントされるのは、松島町の高級旅館「松島佐勘『松庵』」のペア宿泊券(1泊2日)が計15組。

キャンペーンの対象となるのは、キャンペーン期間内(1月末まで)の、

・期間1年以上の「スーパー定期預金」での、50万円以上の預け入れ
・国債・地方債の50万円以上の購入
・投資信託の10万円以上の購入

など。

ちなみにこのキャンペーン期間中には、キャンペーンの条件に該当する顧客全員・またATMで定期預金を50万円以上作成した顧客に、画家・竹久夢二の絵皿「竹久夢二 夢椿 平皿(2枚組)」が贈呈されるとのことです。


銀行預金に関する最近のニュース記事を読んでいると、預金金利アップのキャンペーンが殆ど無く、代わりに抽選で商品をプレゼントするケースが多いように感じますが、これは(日銀の政策金利利下げ等により)顧客にとって魅力ある預金金利設定が難しい状況となっている、ということでしょうか?


※参考
・[1]定期預金・国債で高級旅館ご招待 : 宮城 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
・[2]冬の感謝祭|仙台銀行
 http://www.sendaibank.co.jp/c_winter2008/index.html
2009年01月15日

岐阜銀行名古屋支店が1月13〜15日、定期預金金利を0,5%上乗せするキャンペーンを実施

下記リンク先記事では、岐阜銀行頭取の方が、十六銀行に要請している資本支援の交渉などについて語った内容が掲載されています。

中日新聞:岐阜銀行頭取 大熊義之さん:経済人ナウ(CHUNICHI Web)

この記事の中で、1月13日に、岐阜銀行名古屋支店のリニューアルオープン記念式典が実施され、また同支店で、定期預金金利上乗せキャンペーン(通常金利0.50%ほど上乗せ)を、15日までの3日間実施している旨が記述されていました。


リンク先記事では、金利の上乗せは「通常金利0.50%ほど上乗せ」と書かれていましたが、岐阜銀行サイト掲載のプレスリリース[1]を見ると、「ぎふぎん『特別金利定期預金』」での具体的な金利

・1年もの定期預金:年利0.65%(税引き前、一口20万円以上)
・3年もの:年利0,80%(同)

となっていました。

また、預金額100万円ごとに商品券のプレゼントや、新規預入れの先着順に抽選会が行われるなど、かなりお得なキャンペーンとなっているように感じられます。

地元の金融機関の情報に、普段からよく注目しておくと、このような短期間実施のキャンペーン情報を見つけることができるのかもしれない・・・と思いました。


※参考
・[1]名古屋支店 リニューアル・オープンのお知らせ
 http://www.gifubank.co.jp/press/20090105rinyu-aru.pdf

米沢信金が0.2%の金利上乗せ定期預金「天地人」を発売開始

山形県の米沢信用金庫が、直江兼続が主人公のNHK大河ドラマ「天地人」の放送開始に合わせ、店頭金利0.2%上乗せする「天地人定期預金の発売を開始したとのこと。

米沢信金:「天地人」定期預金発売 金利0.2%上乗せ /山形 - 毎日jp(毎日新聞)

上記リンク先記事によると、今回の定期預金は、「地域と『天地人』を盛り上げ、情報発信して地域活性化を」という目的のキャンペーン。

内容は、

・対象客:新規預入れの個人
・対象預金:スーパー定期1年もの(自動継続扱い)
・預金額:1人50万円以上500万円まで
・募集期間:2月27日まで
 ※総額10億円になった時点で締め切り

また、他にも、預金契約額50万円ごとに抽選券1枚が付与。

(※預金以外にも、個人年金保険・投資信託、医療・がんの両保険契約も抽選券付与の対象)

懸賞の商品は、

・「天賞」:5万円旅行券(5本)
・「地賞」:直江兼続特産品セット(10本)
・「人賞」:米沢信金双書「直江兼続伝」(100本)

となっています。


NHKドラマ「天地人」にちなんだ預金キャンペーンについては、山形銀行・東邦銀行・第四銀行の共同キャンペーンが既に報じられていましたが、今回の米沢信用金庫のものは、3行の共同キャンペーンとは関係が無いようです。

(でも、上乗せ金利や抽選の商品の傾向は、似ている気もします。)


※参考
・天地人愛定期預金(米沢信用金庫)
 http://www.shinkin.co.jp/yonezawa/top/sonota/tenchijin_gif.htm