金利が高い銀行を調べてみる。


(スポンサード リンク)
2009年06月30日

新生銀行が、満期2週間の定期預金を開設

新生銀行6月29日、満期が2週間の定期預金を開設したことを発表したとのこと。

新生銀:満期2週間の定期預金を開設 利率は年0.4% − 毎日jp(毎日新聞)

上記リンク先記事によると、この定期預金の内容は、

・預入額:100万円以上

金利:年0.4%(同行の3年もの定期預金と同水準)

 (記事では、100万円を2週間預けた場合の利息が、153円(※税引き後124円)との試算が示されています。)

・満期:2週間
 ※満期に到達しても顧客から解約の申し出が無い場合、そのまま継続される。

となっています。

ただし記事では、

新生銀行2008年秋の金融危機以降、資金の有力な調達手段としていた金融債を発行できていないことから、今回の定期預金は「苦肉の預金集め」との見方がある

との見方も記述されています。

(当記事の作成時点(2009/6/29)では、新生銀行のサイト[1]に、この定期預金の情報は掲載されていないようです。)


新生銀行の経営状況等が背景にあるとは思いますが、とりあえず満期の期間が短ければ、資金の移動の融通がより効きやすい気もするので、個人的にはけっこう魅力的な定期預金だと感じます。

(・・・もっとも私には、預金するのに十分な資金がありませんが)


※参考
・[1]新生銀行 Shinseibank.com - より良い銀行サービス [ 話題の円預金・外貨預金や人気の投資信託、オトクな住宅ローンをご案内 ]
 http://www.shinseibank.com/
2009年06月23日

北洋銀行が、投資信託購入で定期預金金利を優遇する「ほくよう 資産運用ニコニコキャンペ〜ン」を実施

北洋銀行7月1日から、投資信託の購入で定期預金金利を優遇する「ほくよう 資産運用ニコニコキャンペ〜ン」を実施するとのこと。

(日経プレスリリース)

上記リンク先記事によると、今回のキャンペーンの内容は、

・対象:個人

・キャンペーン適用条件:
 投資信託の購入金額が25万円以上(販売手数料、消費税含む)
 定期預金は、投資信託購入と同時に預け入れ(※預金額は、投資信託の購入金額が上限)

金利
 スーパー定期3ヵ月もの(自動継続型)の預入時金利に、特別金利2.5%を適用

・キャンペーン実施期間:7月1日〜11月30日

等となっています。


優遇金利適用期間の短さや、投資信託の購入など、条件がかなり限定されている気がしますが、2%以上という金利の高さの点で、興味深い商品ではあります。


※参考
・[1]北洋銀行
 http://www.hokuyobank.co.jp/
2009年06月21日

北國銀行が夏のボーナスキャンペーン「北國夏の感謝まつり」を実施

石川県の北國銀行6月22日から、夏のボーナスキャンペーン「北國夏の感謝まつり」を実施するとのこと。

個人ローンに初の特典 北國銀、夏キャンペーン (北國・富山新聞ホームページ - 北陸の経済ニュース)

上記リンク先記事によると、この「北國夏の感謝まつり」では、預金やローンなどが対象。

このうち定期預金では、

10万円以上の預金で、預入金額10万円ごとに抽選権を付与。
30万円以上を預金した顧客の先着3万人に、エコバッグやシャンプー等をプレゼント。
・金利:ATMやパソコン、電話を通じて預金した場合、0.1%を上乗せ。

という内容とのことです。

(当記事の執筆時点(2009/6/20)で、北國銀行のサイト[1]には、このキャンペーンの情報は掲載されていないようです。)


定期預金以外にも、ローンの利用やカードの契約等、幅広いサービスがキャンペーンの対象になっているところが、個人的には興味深く感じました。


※参考
・[1]北國銀行
 http://www.hokkokubank.co.jp/
2009年06月20日

スルガ銀行が「夏の円定期預金ダブルチャンスキャンペーン」を実施

スルガ銀行が、「夏の円定期預金ダブルチャンスキャンペーン」を実施するとのこと。

スルガ銀行、「夏の円定期預金ダブルチャンスキャンペーン」を実施(日経プレスリリース)

上記リンク先記事によると、今回のキャンペーンの内容は、

・対象:個人

・対象商品:円定期預金(スーパー定期3ヶ月もの、自動継続)
 ※インターネット支店の定期預金は対象外。

・預入金額:10万円以上、合計1億円以内(※1人あたり)
 ※ATM、テレフォンバンキング、インターネット/モバイルバンキングでの預入は対象外。

金利
 ・新規預入の場合(WELCOMEコース):店頭金利0.5%を上乗せ
 ・既に預入している資金で、定期預金を作成する場合(THANKSコース):同0.2%上乗せ

・その他、抽選で合計50人に、ウィーン金貨ハーモニー(オーストリア造幣局鋳造)1枚をプレゼント
 (預入金額10万円を、抽選券1口と換算)

・実施期間:2009年6月22日〜8月31日

等となっています。


個人的には、金貨が抽選で当たるというところが、ちょっと魅力的に感じました。

(当選確率は、流石に低そうですが・・・)


※参考
・スルガ銀行
 http://www.surugabank.co.jp/surugabank/index.html
2009年06月19日

大東銀行が4月から、エコ定期預金「ふるさと環境応援団」を発売している

下記リンク先記事では、東北地方の地方銀行・第二地銀が発売している「エコ金融商品」(エコカー購入ローンの金利優遇など)について解説されています。

河北新報 東北のニュース/エコ金融商品活況 東北・地銀、顧客拡大へ金利優遇

この記事の中で、福島県郡山市の大東銀行が発売している「エコ定期預金」についての記述があります。

大東銀行のサイト内ページ[1]によると、「エコ定期預金」の内容は、

・名称:エコ定期預金ふるさと環境応援団
・対象客:個人・法人
・対象預金:スーパー定期、スーパー定期300
・預入期間:2年・3年・5
金利
 店頭金利に、
 ・スーパー定期0.05
 ・スーパー定期3000.10
 を上乗せ。
・発売:2009年4月中旬
・寄付:
 預金総額が100億円に達するごとに、残高の0.005%相当額を銀行側が負担し、猪苗代湖などの環境保全に充てる「湖美来(みずみらい)基金」に寄付する。

等となっています。


環境保護運動への寄付を行なう定期預金商品は、現在どのぐらいの数が発売されているのか、ちょっと興味が湧きました。


※参考
・[1]エコ定期預金 ふるさと環境応援団
 http://www.daitobank.co.jp/document/pdf/eco-090413.pdf
2009年06月14日

長野県内6信用金庫が、野球「BCリーグ」の「信濃グランセローズ」に、選手強化費70万円を贈呈

長野県内の6つの信用金庫(諏訪・飯田・アルプス中央・長野・松本・上田)が6月13日、野球「BCリーグ」のチーム「信濃グランセローズ」の「応援定期預金」の申し込み総額のうち、0.01%相当(70万円)を、選手強化費として同チームに贈呈したとのこと。

信金が信濃GCに選手強化費寄贈|長野全県ダイジェスト|信濃毎日新聞[信毎web]

上記リンク先記事によると、この応援定期預金は、

金利
 信濃グランセローズ
 ・上信越地区優勝
 ・リーグ優勝
 のいずれかを実現した場合、定期預金申し込み時点の金利に年0.1ポイントを上乗せ

預金総額の0.01%相当額を、信濃グランセローズに贈呈。

・募集期間:2009年4〜5月

というもので、今年で3回目の実施。

今年の申し込み総額は、68億9,000万円だったとのことです。

ただし、チームの成績が振るわないことから、預金総額が1年目(111億円余)から、年々減少しているそうです。


私の住んでいる地域では見かけませんが、地域のスポーツチームを応援する定期預金というのは、意外に数多く実施されているんでしょうか?


※参考
・[1]信濃グランセローズ公式サイト
 http://www.grandserows.co.jp/

栃木信用金庫がサッカーJ2「栃木SC」に対し支援金を贈呈、応援定期預金の金利も上乗せ

栃木信用金庫6月11日までに、サッカーJ2の「栃木SC」に対し、「2008シーズン がんばれ!栃木SC応援定期預金」の契約金総額(50億円)の0.02%相当(100万円)を、「強化支援金」として贈呈したとのこと。

栃木信金、栃木SCへ支援金100万円 「応援定期」0,02パーセント贈る |下野新聞「SOON」

上記リンク先記事によると、栃木信用金庫2007年に栃木SCの「応援定期預金」の販売を開始しましたが、そのシーズンに栃木SCがJ2に昇格できなかったため、支援金を贈呈できなかったとのこと。

しかし、2008年には昇格が決定したことから、今回支援金を贈呈。

また、今回の栃木SCのJ2昇格により、応援定期預金に契約した顧客に対し、預入時の店頭表示金利0.2%が上乗せされたとのことです。


実際に支援金が応援チームに贈呈され、また預金金利も上乗せされるというのは、チームを応援して定期預金を申し込んだ方々にとっては、嬉しいことではないでしょうか。


※参考
・[1]栃木SCへの支援金贈呈について(※「栃木信用金庫」サイト内)
 http://www.shinkin.co.jp/tochigi/img/01news/sc-sienkin.pdf
2009年06月12日

松本信用金庫が、サッカー北信越リーグ「松本山雅FC」の応援定期預金を発売

長野県の松本信用金庫が、サッカー北信越リーグのチーム「松本山雅FC」の、ホームゲームの平均観客動員数に応じて金利を上乗せする「応援定期預金」を発売するとのこと。

松本信金が山雅FCの「応援定期」|長野全県ダイジェスト|信濃毎日新聞[信毎web]

上記リンク先記事によると、この定期預金は、観客増や地元のチーム育成への寄与を目的としたもの。

その内容は、

・受付期間:2009年6月15日8月
・預金総額の0.01%相当額(上限100万円)を、チーム強化資金として「松本山雅FC」に贈呈。

となっています。

(※当記事の執筆時点では、松本信用金庫のサイト[1]内に、この応援定期預金に関する情報は掲載されていませんでした。)

ちなみに記事では、松本信用金庫による、

サッカーチームの応援定期預金は、JFL(日本フットボールリーグ)より上位のリーグでは実施例がありますが、地域リーグのチームでは珍しい

との内容の説明が紹介されています。


確かに私が知る限りでも、地域リーグのスポーツチームの応援定期預金というのは聞いたことがないので、確かにかなり珍しいのかもしれません。


※参考
・[1]松本信用金庫
 http://www.matsumoto-shinkin.jp/

山形県「荘内銀行」と秋田県「北都銀行」が共同で、両県の名産物が当たる懸賞付き定期預金「山形 秋田 味くらべ道場」を発売

山形県の「荘内銀行」と秋田県「北都銀行」が共同で、両県の名産物が当たる懸賞付き定期預金山形 秋田 味くらべ道場」を発売したとのこと。

山形経済:懸賞付き定期預金、両県の名産物セットに−−荘内銀と北都銀 /山形 - 毎日jp(毎日新聞)

上記リンク先記事と、荘内銀行サイト内ページ[2]によると、この定期預金の詳細は、

・対象:個人
・対象預金:10万円以上の1年もの定期預金(スーパー定期、スーパー定期300、大口定期預金
 ※店頭での新規契約に限る。
金利:通常金利0.20%上乗せ。
・受付期間:2009年6月1日8月31日
懸賞
 2009年9月2010年5月の期間、2ヶ月に1度(奇数月)、6,000円相当の「味くらべセット」が、計250人に当たる。
懸賞の商品「味くらべセット」:
 ・山形の老舗そばと秋田の稲庭うどん
 ・山形のラ・フランスと秋田の平鹿リンゴ
 ・山形の庄内産寒ダラ鍋と秋田のきりたんぽ鍋
 等、2県の名産物が21組となっている。

となっています。


秋田と山形の金融機関が共同で、しかも両県の名産物をセットでプレゼントするというのは、非常にユニークな定期預金だと感じます。

金利も上乗せされるというのも、嬉しいところではないでしょうか。)


※参考
・[1]【山形銀行】ホームページ
 http://www.yamagatabank.co.jp/index.shtml
・[2]荘内銀行 > 個人のお客さま > <荘銀>懸賞付定期預金『山形・秋田味くらべ道場』
 http://www.shonai.co.jp/personal/campaign/ajikurabe/index.htm
2009年06月04日

シティバンク銀行が、預金額に応じて現金をプレゼントする「シティバンク夏のボーナス キャッシュプレゼント キャンペーン」を実施

シティバンク銀行が、夏のボーナスシーズンに合わせて、「シティバンク夏のボーナス キャッシュプレゼント キャンペーン」を実施するとのこと。

シティバンク銀行、夏のキャンペーン開始 -100万円ごとの預金増加額に応じてキャッシュプレゼント--IBTimes(アイビータイムズ)

上記リンク先記事によると、今回のキャンペーンの内容は、

・対象:シティバンクの新規または既存顧客

・対象口座:
 ・円普通預金
 ・eセービング口座
 ・マルチマネー口座
 ・外貨キャッシュカード用米ドル普通預金口座

・申込受付:
 ・シティバンク銀行支店・出張所
 ・シティホンバンキング
 ・インターネット

・プレゼント内容:
キャンペーン期間中に申込した顧客が、100万円相当額以上の円資金または外貨資金を、預金口座へ入金することで、
 ・100万円相当の増加額ごとに5,000円(最大25万円)
が、シティバンクから2010年1月末日までに、顧客の円普通預金口座へ入金される。
※キャッシュプレゼント金額の判定は、
 ・2009年5月の平均預金残高
 ・2009年9・10・11月のうち、最も低い月の平均預金残高
 の差額を対象とする。

となっています。

・受付期間:6月1日〜8月31日


大雑把に考えると、期間中の月の最低預金額に応じて現金をプレゼントするということなので、確かに分かりやすいキャンペーンであると感じます。

(ただ恩恵を受けるには、十分な資金が必要という気がしますが。)


※参考
・[1]シティバンク 夏のボーナス キャッシュプレゼントキャンペーン
 シティバンク銀行が、夏のボーナスシーズンに合わせて、「シティバンク夏のボーナス キャッシュプレゼント キャンペーン」を実施
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。