金利が高い銀行を調べてみる。


(スポンサード リンク)
2009年09月30日

池田銀行・泉州銀行が、「環境」テーマの統合記念定期預金等を発売

共同持ち株会社「池田泉州ホールディングス」を10月1日に設立して経営統合する

池田銀行
泉州銀行

9月29日、「環境」をテーマにした統合記念商品の発売を発表したとのこと。

「環境」テーマに統合記念商品 池田・泉州銀 - MSN産経ニュース

上記リンク先記事と、両行サイト掲載の資料[2][4]によると、今回発売される商品は、

定期預金
個人向けローン

2種。

このうち定期預金の詳細は、

・預金の種類:スーパー定期、スーパー定期300
・預入期間:1
・預金額:30万円以上1,000万円未満(※新規預入のみ)
・適用金利:年0.3
 (地方銀行の1年もの定期預金金利は、現在平均年0.15%程度とのこと)
・その他特典:預金者に抽選で、ホテル利用券や地元名産食品セット等の景品がプレゼントされる。
・環境保護への貢献:
 池田銀行泉州銀行の持ち出しにより、預入金額の0.005%相当額を、 
 ・大阪府
 ・兵庫県
 ・京都府
 ・和歌山県
 の地元環境保全団体に寄付する。
・取扱期間:2009年10月1日〜2010年1月29日
・受付:窓口のみ(電話やネットバンキングは不可)
・目標預金額:計500億円(各行250億円)
 ※募集金額の上限設定は無し。

となっています。


統合に伴う特別定期預金としては、池田銀行の「株主優待定期預金が既に発表されていますが、両行のサイト[1][3]に掲載されているPDF資料[2][4]を見ると、今回は株主に限らず、一般顧客も対象、ということのようです。

個人的には、寄付がセットになっていながら、適用金利が高めに設定されている点に、魅力を感じます。


※参考
・[1]【ようこそ池田銀行のホームページへ!】
 http://www.ikedabank.co.jp/
・[2]「統合記念商品」の発売について
 http://www.ikedabank.co.jp/pdf/20090929.pdf
・[3]泉州銀行
 http://www.senshubank.co.jp/
・[4]「統合記念商品」の発売について
 http://www.senshubank.co.jp/fresh_news/0000000577/pdf/fresh.pdf
2009年09月26日

トマト銀行が、ATMとネットバンキングでの申し込み限定の「トマト ECO(エコ) 定期預金」を発売

トマト銀行10月1日から、「トマト ECO(エコ) 定期預金」を発売するとのこと。

トマト銀行、「トマト ECO(エコ) 定期預金」の取り扱い開始(日経プレスリリース)

上記リンク先記事によると、今回の「トマト ECO(エコ) 定期預金」は、トマト銀行が策定した環境方針の目標「環境関連金融商品の拡充と積極的な提供」の第1弾として提供される商品。

その詳細は、

・対象預金:スーパー定期、スーパー定期300
・預入金額
 ・ATM:1万円以上100万円以内(1,000円単位)
 ・他の預金からの振り替え:1万円以上999万円以内(1円単位)
・預入期間:1年、3年、5
金利:店頭表示金利に、年0.10%を上乗せ。
・取扱期間:2009年10月1日〜11月30日
・申し込み方法:
 取扱期間中に、
 ・ATM
 ・個人インターネットバンキング
 で、1年・3年・5年の定期預金を預け入れすると、自動的に「トマト ECO(エコ) 定期預金」となる。
 (特別な手続きは不要)
・環境への配慮
 ・「緑の募金」への寄付
  預け入れ総額の0.03%(上限30万円)が、「緑の募金」(社団法人岡山県緑化推進協会)に寄付される。
 ・ペーパーレス預金による、紙資源利用の削減
  申し込みを、ATMと個人インターネットバンキング専用にすることで、窓口での手続きに伴う入金票が不要となり、紙資源の消費削減につながる。

等となっています。


環境保護運動への寄付だけでなく、申し込み方法を紙の使用量が少ない、ATMとインターネットバンキングに限定している点が、非常にユニークに感じられました。

また、対象期間・種類の定期預金を申し込むと、自動的にキャンペーン定期預金とされるというのも、申し込みの負担感が少なくて良さそうです。


※参考
トマト銀行:トップページ
 http://www.tomatobank.co.jp/
・トマトECO(エコ)定期預金の取り扱いについて(PDF/153KB)
 http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0231989_01.pdf
2009年09月23日

北陸銀行が公的資金完済に合わせ、「投信パック定期預金」の金利をアップ

北陸銀行9月22日までに、「ほくほくフィナンシャルグループ」の公的資金完済に合わせた感謝キャンペーンを開始したとのこと。

北陸銀がキャンペーン 公的資金の完済に合わせ (北國・富山新聞ホームページ - 北陸の経済ニュース)

上記リンク先記事によると、今回の感謝キャンペーンでは、定期預金については

「投信パック定期預金
・対象:
 ・定期預金50万円以上
 ・株式投信50万円以上
 の両方を、同時に申し込んだ個人
金利3ヶ月もの5.0%(従来の利率は3.0%)
・受付期間:2009年12月末まで(※[3]によると、従来は2009年9月30日まで)

と、金利アップ・受付期間延長が施されているとのことです。


公的資金の返済完了を背景に、定期預金金利を挙げるという点は、非常にわかりやすいサービスだと感じました。

また、定期預金50万円以上と株式投信50万円以上の同時申し込みと、(少なくとも私にとっては)申し込みのハードルはかなり高いですが、金利の高さには驚きます。


※参考
・[1]北陸銀行:グッドニュースをいつも
 http://www.hokugin.co.jp/
・[2]公的資金の完済に関するお知らせ('09.8.27)
 http://www.hokugin.co.jp/osirase/090827.pdf
・[3]投信パック定期預金および貸金庫キャンペーンの実施について(北陸銀行:ニュースリリース)
 http://www.hokugin.co.jp/release/090918.html
2009年09月18日

大垣共立銀行が、移動店舗「スーパーひだ1号」のリニューアルで、記念キャンペーンを実施

大垣共立銀行が、移動店舗「ひだ1号」の「スーパーひだ1号」へのリニューアルオープン(2009年10月5日)に伴い、各種キャンペーンを実施するとのこと。

大垣共立銀行、移動店舗「スーパーひだ1号」のリニューアルに伴うキャンペーンを実施(日経プレスリリース)

上記リンク先記事によると、定期預金に関しては、

「リニューアル記念キャンペーン」
・実施期間:2009年10月5日〜11月30日
金利優遇:
 ・「スーパーひだ1号」の窓口
 ・「スーパーひだ1号」に設置のATM
 のいずれかから、スーパー定期1年ものを新規預入した個人顧客について、特別金利(年0.55%)を適用する。
・その他:
 30万円以上を預け入れした顧客に、もれなくショッピングセンターギフトカード1,000円分をプレゼントする。

とのことです。


銀行の機能一式を搭載した移動店舗を運営しているというのは、顧客の利便性向上という点で、非常に興味深い取り組みだと感じます。


※参考
大垣共立銀行
 http://www.okb.co.jp/

池田銀行が、「株主優待定期預金」を取り扱う予定

池田銀行が、「株主優待定期預金」を取り扱う予定とのこと。

池田銀、10月1日に泉州銀と統合し共同持株会社化/ 株式NEWS /モーニングスター

上記リンク先記事によると、今回の「株主優待定期預金」の詳細は、

・対象:2009年9月30日現在、池田銀行の普通株式を100株以上所有する株主
・預金額:10万円以上100万円以下
・預入期間:1年以上5年以下
金利:上記条件のスーパー定期の店頭表示金利に、0.5%を上乗せする。
・受付期間:2009年12月1日〜2010年3月31日
 池田銀行の各本支店(※インターネット支店は除く)で取り扱う。

となっています。

ちなみに池田銀行は、10月1日に泉州銀行と統合して、共同持株会社を設立する予定だそうです。


池田銀行としては、泉州銀行との統合前に、株主と預金の増加を図る狙いがある、ということでしょうか。


※参考
・【ようこそ池田銀行のホームページへ!】
 http://www.ikedabank.co.jp/
・『株主優待定期預金』の取扱いに関するお知らせ(pdf101KB)
 http://www.ikedabank.co.jp/pdf/20090907.pdf
・泉州銀行
 http://www.senshubank.co.jp/
2009年09月14日

韓国「新韓銀行」が、日本法人「SBJ銀行」を営業開始

韓国大手銀行の一つ「新韓銀行」が9月14日、日本法人「SBJ銀行」の営業を開始するとのこと。

韓国系SBJ銀、14日営業を開始 外銀の日本法人2行目 (NIKKEI NET(日経ネット):主要ニュース)

上記リンク先記事によると、金融庁は2009年7月末に、SBJ銀行に銀行業の免許を付与。

これに伴い同行は、新韓銀行の拠点だった3店舗(東京、大阪、福岡)を引き継いで開業。

更に今後、

11月:大阪に1店舗
12月上旬:東京に1店舗
2009年内:横浜に1店舗

を新しく開設して、日本での営業を本格化する方針とのことです。

またSBJ銀行では、

5年もの:2.0

の高金利定期預金なども、期間限定で募集する予定だそうです。


検索してみたところ、SBJ銀行のサイトはまだ開設されていない・・・と思ったら、Googleにインデックスされていない(9/14朝の時点)だけで、既に開設されていました。

預金金利は、現在のところ、例えば

・スーパー定期1,000万円未満の1ヶ月ものが0.2%

と、預金額300万円未満で比較した場合、イーバンク銀行よりも高い設定になっているのが、興味深いです。

(普通預金は0.05%で、イーバンクと同じだった)

今後SBJ銀行が、平均よりも高めの金利設定を維持し続けるのか、それとも開業から時間が立つにつれて平均金利まで下げていくことになるのか、預金先候補の一行として見る場合、今後の動向が気になるところです。


※参考
・SBJ銀行|日韓経済の架け橋としての金融ネットワーク
 http://www.sbjbank.co.jp/
・新韓銀行 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E9%9F%93%E9%8A%80%E8%A1%8C
・Yahoo! ファイナンス - 金利情報 スーパー定期300万未満: : 全国(更新日時 : 2009年 09月 07日)
 http://money.yahoo.co.jp/rate/supersmall/area1_20090907.html

日本振興銀行が、佐賀県・佐賀市内に支店をオープン

日本振興銀行が、佐賀県・佐賀市内に支店をオープンしたとのこと。

日本振興銀行佐賀店オープン 業務絞り高金利/佐賀のニュース :佐賀新聞の情報コミュニティサイト ひびの

上記リンク先記事によると、日本振興銀行は貸し渋り対策のため、東京青年会議所の有志が中心で設立された銀行。

同銀行は、自行の店頭では現金取扱いをせず(通帳やATMを保有しない)、他の金融機関に設けた口座を利用する方式をとっており、コストを削減した分、預金金利を高く設定しているそうです。

記事では、日本振興銀行の個人向け定期預金について、

・預金額:50万円以上
金利
 ・1年もの:年1.0
 ・3年もの:年1.3
 ・10年もの:年2.0

また、佐賀店の大淵高明店長の

・「申し込みから融資まで1週間から10日と迅速に対応している。小口で短期のつなぎ資金を想定しており、積極的に融資していきたい」

とのコメントが紹介されています。

ちなみに、佐賀県内への銀行の進出は、1983年の中央信託銀行(現・中央三井信託銀行)以来26年ぶりとのことです。


日本振興銀行の預金金利を久しぶりに確認しましたが、預金は軒並み低金利となっている現状で、1年もので1%というのは、相当な高金利設定だと、改めて感じます。

その分システム等は、かなり独特なものとなっているようですが(通帳が無いなど)、私も資金に余裕ができたら、一度試しに定期預金を開設してみたい、と思いました。


※参考
日本振興銀行
 http://www.shinkobank.co.jp/
2009年09月05日

栃木県「JA小山」が、最大で金利が10倍になる、子育て支援型定期積立預金「JAおやま すこやか」を発売

栃木県の「JA小山」が、小学校就学前の子供を持つ親を対象とした、子育て支援定期積立預金JAおやま すこやか」を発売したとのこと。

子育て支援に金利最大10倍 JA小山が新型定期 |下野新聞「SOON」

上記リンク先記事によると、「JAおやま すこやか」の詳細は、

・申し込み条件:
 JA小山の組合員または準組合員になること。
 対象者には、
 ・組合員:1ポイント
 ・JAカード契約者:1ポイント
 ・給与振り込み契約者:2ポイント
 ・こども共済加入者:2ポイント
 のポイントが付与される。
金利
 ポイントに応じ、
 ・付与ポイントの合計が3ポイント以上:契約時店頭表示の5
 ・同5ポイント以上:10
 の固定金利を適用。
 (※9月1日時点の店頭表示金利0.17%)
・取扱期間:2010年2月26日まで
1口あたりの給付契約額:100万円以上
・毎月の掛け金は:2万円以上
・契約期間:50ヶ月以上7年まで
・募集総額:5億

となっています。


金利が最大で店頭表示の10倍というのは、かなり魅力が大きく、顧客の囲い込み効果が高そうです。

ただし積立預金であり、その他いろいろと条件があるので、勿論JA小山の(積立預金以外の)他のサービス内容を検討する必要はあると思いますが、顧客側のニーズや、毎月の掛け金等の条件が合うのであれば、かなり魅力的な商品だと思われます。


※参考
・【JAおやま】トップページ
 http://www.ja-oyama.or.jp/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。