金利が高い銀行を調べてみる。


(スポンサード リンク)
2009年11月28日

スルガ銀行が「資産運用パッケージプラン」を販売開始

スルガ銀行12月に、「資産運用パッケージプラン」を販売開始するとのこと。

スルガ銀行、株式投資信託・円定期預金「資産運用パッケージプラン」の取り扱い開始(日経プレスリリース)

上記リンク先記事によると、「資産運用パッケージプラン」の詳細は、

・取扱期間:2009年12月1日〜2010年3月31日
・コース:
 (スタートコース)
  ・株式投資信託:25%以上50%未満
  ・円定期預金:50%超75%以下
 (アクティブコース)
  ・株式投資信託:50%以上
  ・円定期預金:50%以下
※株式投資信託:
 ・申込金額:10万円以上(手数料分を含む)、上限無し
 ・対象:店頭で取扱いしているファンド
  ※「ドルマネーファンド」「DLIBJ公社債オープン(短期コース)」は非対象。
  ※積立投信での購入分は非対象。
※円定期預金:
 ・預け入れ金額:各コース所定の割合が上限。
 ・対象商品:
  スーパー定期3か月もの・6か月もの(いずれも自動継続のみ)
 ・適用金利:
  (アクティブコース)
   ・3か月:4.0
   ・6か月:2.0
  (スタートコース)
   ・3か月:2.0
   ・6か月:1.0
  ※初回満期日以降は、継続時のスーパー定期の店頭表示金利を適用する。
  ※2009年11月1日現在の店頭表示金利は、
   ・3か月:0.070
   ・6か月:0.080

となっています。


初回満期時までのみの適用とはいえ、1%以上の定期預金金利には、正直かなり目を引かれてしまいます。

また、投資信託の最低購入額が10万円というのは、この手の商品としてはハードルが低いと感じます。
(とはいえ私としては、投資信託を行うのはまだためらいがありますた)


※参考
・株式投資信託・円定期預金
 「資産運用パッケージプラン」お取り扱いのお知らせ(トピックス|スルガ銀行
 http://www.surugabank.co.jp/surugabank/kojin/topics/091127.html
2009年11月26日

ソニー銀行が「2009年冬の特別企画」で、定期預金に特別金利を適用

ソニー銀行11月25日、「2009年冬の特別企画」の実施を発表したとのこと。

ソニー銀行、定期・積み立てに年利0.8%「冬の特別企画」実施 | ライフ | マイコミジャーナル
「2009 年冬の特別企画」の実施のお知らせ | YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア) | 最上級を刺激する総合情報サイト

上記リンク先記事と、ソニー銀行のサイト内ページ[1][2][3]によると、「2009年冬の特別企画」の詳細は、

2009年12月1日〜2010年2月28日に預け入れた、全ての
 ・円定期預金
 ・積み立て定期預金
 に対して、特別金利を適用する。
 (1年ものの場合は年利0.8%(※変更の可能性あり))
2010年2月28日時点で、円定期預金の残高が100万円以上の場合、応募者から抽選で合計100名に、
 ・液晶テレビ「ブラビア」
 ・デジタル一眼レフカメラ「α380ダブルズームレンズキット」
 などをプレゼントする。
・同じく2010年2月28日時点で、積み立て定期預金の残高が1,000円以上の場合、応募者から抽選で合計100名に、
 ・デジタルカメラ「サイバーショット」
 ・デジタルフォトフレーム「S-Frame」
 などをプレゼントする。
2010年4月2日までに、ソニーバンク証券の証券取引口座を開設した顧客に、もれなく1,000円をプレゼントする。
2010年1月29日までに行われる、ソニーバンク証券が取り扱う上場信託投資における、
 ・現物取引での「買い」
 ・信用取引での「新規買い」
 について、購入手数料を全額キャッシュバックする。

等となっています。


かなり盛りだくさんのキャンペーン内容となっていますが、1年もの定期預金の金利が0.8%というのは、個人的には非常に大きな魅力を感じます。


※参考
・[1]「円定期預金 特別企画」のお知らせ 091125|ソニーバンクからのお知らせ履歴|MONEYKit - ソニー銀行
 http://moneykit.net/visitor/info/info091125_03.html
・[2]「積み立て定期預金 特別企画」のお知らせ 091125|ソニーバンクからのお知らせ履歴|MONEYKit - ソニー銀行
 http://moneykit.net/visitor/info/info091125_02.html
・[3]「株式・ETFなど(金融商品仲介) 特別企画」のお知らせ|株式・ETFなど(金融商品仲介)|MONEYKit - ソニー銀行
 http://moneykit.net/visitor/shouken_chukai/info/2009/info_1125_01.html
2009年11月25日

四国銀行が、投資信託と定期預金を組み合わせた「資産運用プラン ハッピーセレクト」を販売中

四国銀行が現在、

・投資信託
・定期預金

を組み合わせた商品「資産運用プラン ハッピーセレクト」を、期間限定で販売しているとのこと。

期間限定の金融商品発売/四国銀行―四国新聞社

上記リンク先記事と、四国銀行のサイト内ページ[1]によると、この商品「資産運用プラン ハッピーセレクト」の詳細は、

・対象:
 ・投資信託:50万円以上購入
 ・定期預金:投資信託の購入額を上限に預け入れ
 の両方を満たす個人の顧客。
・金利:店頭表示から0.68%上乗せした定期預金金利を適用する。
・金利上乗せ期間:預入れから当初1年間
・取扱期間:2009年11月9日〜2010年3月26日

となっています。


投資信託の50万円以上購入が条件というのは、私にはハードルが非常に高いです(というより高すぎる)が、その分上乗せ金利の高さは、流石という感じです。


※参考
・[1]四国銀行:ハッピーセレクト
 http://www.shikokubank.co.jp/shohin/toshin/select.html

敦賀信用金庫の「エコ定期預金」が、ごみ1,000トン以上削減により0.3%の金利上乗せ

福井県の敦賀信用金庫が販売している「エコ定期預金」について、2008年12月〜2009年5月の受け付け分の金利上乗せ分が、過去最高の0.3%となったとのこと。

エコ定期金利 上乗せ0.3%、地域ごみ減で過去最高…敦賀信金 : 地域経済ニュース : 経済 科学 : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

上記リンク先記事によると、「エコ定期預金」の詳細は、

・開始:2002
・受付期間:毎年12月〜翌年5
 (2009年12月から、8回目の受付を開始予定)
・金利:
 毎年10月〜翌年9月に
 ・敦賀市
 ・美浜町
 ・旧三方町
 で出る可燃ごみの総量を、前年同期と比較。
 この削減量に応じて、
 ・1トン以上:0.05
 ・100トン以上:0.1
 ・200トン以上:0.2
 ・500トン以上:0.3
 の金利を上乗せする。

となっています。

今回のごみ削減量は、前年同期から1,111t減少。
1,000t以上の減少は、エコ定期の開始以来初)

敦賀市内では2009年3月から、主要スーパーマーケット等において、レジ袋有料化の取り組みが開始されており、これが大幅なごみ削減の大きな要因とみられるとのことです。

記事では、敦賀信用金庫

・「買い物袋の持参が広まるなど、住民の環境意識が高まってきている」

とのコメントが紹介されています。


レジ袋の有料化にどのような効果があるのか、私は良く知らないので、ごみの大幅減量につながっている可能性があるというのは、非常に意外に感じました。


※参考
敦賀信用金庫ホームページ
 http://www.tsurushin.co.jp/
・ごみ減量により「エコ定期預金」の金利に0.3%上乗せ決定
 http://www.tsurushin.co.jp/topics/pdf/ecokinri.pdf


※当ブログの関連記事:
環境保護と連動した「エコ定期預金」に関する解説記事(2009年07月18日)
2009年11月22日

香川銀行が、「冬のキャンペーン」で定期預金金利上乗せを実施

香川銀行11月24日から、定期預金の金利を上乗せする「冬のキャンペーン」を実施するとのこと。

定期預金金利上乗せキャンペーン/香川銀行―四国新聞社

上記リンク先記事と、香川銀行のサイト内資料[2]によると、今回のキャンペーンの詳細は、

・対象顧客:個人(定期預金への新規預け入れ)
・受け付け:
 ・窓口
 ・ATM
 ・会員限定のテレホンサービス
・対象預金:
 ・窓口:スーパー定期・スーパー定期300
 ・ATM、テレホンサービス:
  ・スーパー定期
  ・スーパー定期300
  ・期日指定定期(3年もの)
  ・自由プラン定期(5年もの)
  ・変動金利定期(2年もの、3年もの)
・金利:いずれも、店頭表示金利に0.3%を上乗せ。
・預入期間:
 ・窓口:1
 ・ATM:1・3・6ヶ月、1・2・3・4・5
 ・テレホンサービス:1・2・3・4・5
・預入限度額
 ・窓口:制限無し
 ・ATM:現金は1100万円以内、振替は1200万円以内
 ・テレホンサービス:1日あたり1万円以上2,000
・受け付け期間:2009年12月末まで

等となっています。


申し込み受け付け先によって、預入れ期間や預け入れ上限額などに差が設けられているのが、ちょっと興味深いです。

(各々の設定には、何らかの狙いがあるんでしょうか?)


※参考
・[1]香川銀行
 http://www.kagawabank.co.jp/
・[2]定期預金金利上乗せキャンペーンのお知らせ「冬のキャンペーン」
 http://www.kagawabank.co.jp/news/doc/nr09111901.pdf
2009年11月19日

ソニー銀行が、積み立て定期預金の最低預入金額を1,000円に引き下げ

ソニー銀行が、積み立て定期預金の最低預け入れ金額を引き下げるとのこと。

ソニー銀行積み立て定期預金の最低預け入れ金額を引き下げ(日経プレスリリース)

上記リンク先記事によると、今回の最低預入れ金額引き下げは、積み立て定期預金を「もっと手軽に利用したい」という、顧客の要望に応えるもの。

具体的な内容は、

・引き下げ日:2009年11月23日
・最低預け入れ金額:1,000円(従来は5,000円)
・一部引き出し金額:1,000円以上1,000円単位(従来は5,000円以上1,000円単位)

となっています。

またソニー銀行では、円定期預金についても、2009年12月に、最低預け入れ金額の引き下げを予定しているそうです。


積み立て定期預金の金利を見てみると、2009年11月18日現在、100万円未満・1年ものでの運用で0.411%となっており、個人的にはかなり魅力を感じます。

経験的にも、お金を(1回1回の金額は大きくなくても)定期的に貯めていくことは、後々お金が必要なとき、意外に大きな支えになると思うので、今回は最低預入れ金額が引き下げられたことで、その点でも魅力が高まったのではないでしょうか。


※参考
ソニー銀行株式会社
 http://sonybank.net/
積み立て定期預金最低預け入れ金額引き下げのお知らせ
 http://sonybank.net/pdf/press091118.pdf
2009年11月16日

観音寺信用金庫が、創立90周年記念定期預金「スマイル90パートIII」を取り扱い開始

香川県の観音寺信用金庫が、創立90周年記念定期預金スマイル90パートIII」の取り扱いを開始しているとのこと。

創立90周年記念定期預金観音寺信用金庫―四国新聞社

上記リンク先記事によると、今回の「スマイル90パートIII」の詳細は、

・対象顧客:個人
・対象預金:
 ・スーパー定期
 ・スーパー定期300
 ・大口定期
 の1年もの。
・預金額:30万円以上(※新規預け入れが要件)
金利:年0.42
・取扱期間:2009年12月30日まで。
 (※募集金額が100億円に到達したら終了)

となっています。


5月から取り扱いされていた「パート1」より、年利が低くなっているのは、やはり全体的な低金利状況の中で仕方が無い、ということでしょうか。


※参考
観音寺信用金庫ホームページ
 http://www.shinkin.co.jp/kanonji/


※当ブログの関連記事:
観音寺信用金庫が、創立90周年記念の定期預金「スマイル90パート1」キャンペーンを実施中(2009年05月05日)
2009年11月15日

ゆうちょ銀行が、サッカーW杯応援企画の一環で、定期貯金の金利優遇キャンペーンを実施

ゆうちょ銀行11月13日サッカーワールドカップ(W杯)応援企画の一環で、定期貯金金利優遇キャンペーンを実施することを発表したとのこと。

ゆうちょ銀、W杯応援企画で預金の金利を優遇 24日から - MSN産経ニュース

上記リンク先記事と、ゆうちょ銀行のサイト内ページ[1]によると、今回のキャンペーンの内容は、

・預金額:50万円以上
 ※新規資金預け入れが対象(通常貯金からの預替えは対象となる)。
・対象預金:1年もの定期貯金
金利:店頭表示金利0.20%を上乗せする。
・受付:2009年11月24日〜2010年1月29日

等となっています。

ゆうちょ銀行では、2010サッカーW杯のサブライセンス契約を、FIFA(国際サッカー連盟)と締結して「こつこつ頑張っている人に、夢を。感動を。」をテーマにキャンペーン活動を実施中。
今回は、このテーマの「こつこつ」と、定期貯金をかけたとのことです。


もうサッカーワールドカップ開催が迫っていることに、時間の流れの速さを感じざるを得ません。

それはともかく、ゆうちょ銀行定期貯金キャンペーンが報じられるのは、個人的にはかなり珍しい気がします。

今後も、キャンペーンがもっと頻繁に行われると嬉しいですが・・・。


※参考
・[1]夢をつかもう。キャンペーン
 http://www.jp-bank.japanpost.jp/campaign/yume03/cpn_yume01.html
2009年11月10日

みちのく銀行の「チーム青森応援定期預金」が、発売2ヶ月で預金額150億円以上に

青森県の「みちのく銀行」が発売している、女子カーリングチームを応援する「チーム青森応援定期預金」が、販売好調とのこと。

青森「カーリング娘」人気沸騰 「応援定期預金」にも購入者殺到 : J-CASTニュース

上記リンク先記事によると、「チーム青森応援定期預金」は2009年9月1日に発売されましたが、その販売額は、11月4日には156億円に到達。

記事では、みちのく銀行の広報の

・「いくら集まるのか皆目検討がついていません」
 (※目標額は300億円)
・「地元のチームを応援したいという気持ちと、金利がお得ということがからまって、幅広い層からの購入になっています」

とのコメントが紹介されています。


発売から約2ヶ月で、目標預金額の半分に到達しているというのは、すごい勢いだと感じます。

地元スポーツチームへの応援が、預金設立の目的のひとつである、不況で疲弊している地元経済の活性化につながることを、是非とも期待したいものです。


※参考
・家庭の銀行 みちのく銀行|ニュースリリース
 http://www.michinokubank.co.jp/news_release/20090901/index.html
2009年11月04日

百十四銀行が「冬のキャンペーン」で、定期預金金利を上乗せ

香川県の百十四銀行11月2日、「冬のキャンペーン」をスタートしたとのこと。

「冬のキャンペーン」を開始/百十四銀―四国新聞社

上記リンク先記事によると、今回のキャンペーンでは、

・住宅ローン借り換え用の「生活応援」(※既に実施中)
・「資産運用」
・「教育・マイカーローン」

を実施。

このうち「資産運用」では、定期預金において、

・金利:
 1年もの定期預金(スーパー定期など)の店頭表示金利に、0.30%を上乗せする。
 また、
 ・投資信託(50万円以上)の購入
 ・定期預金申し込み
 を同時に行った場合、投資信託購入額を上限として、6カ月もののスーパー定期などの店頭表示金利に、1.0%を上乗せする。
 ・預金額:130万円以上1,000万円未満)
・募集枠:200億円:2010年3月末まで
 
との内容でキャンペーンを行うとのことです。


ボーナス時期が近いと思いますが、ボーナスの減額や、銀行の定期預金への資金集中といった状況が聞こえてくる中、今年は果たして、各銀行がどの程度、定期預金の金利優遇キャンペーンを実施するのか、かなり気になるところです。


※参考
百十四銀行
 http://www.114bank.co.jp/