金利が高い銀行を調べてみる。


(スポンサード リンク)
2010年03月24日

香川銀行と徳島銀行が、経営統合に伴う記念定期預金を発売予定

香川銀行徳島銀行が3月23日、

・両行の経営統合に伴う記念定期預金を、4月1日に取り扱い開始する

ことを発表したとのこと。

香川銀・徳島銀、統合記念の定期預金(日本経済新聞)

上記リンク先記事と、各銀行のサイト[1][2][3]によると、記念定期預金の詳細は、

・名称:「トモニHD記念定期預金」
・対象顧客:個人
・預入期間:1年(自動継続)
・預入金額:50万円以上
・金利:年0.3%
・その他の特典:
 預金者の中から、抽選で
 ・食事付き宿泊券
 ・徳島特産のサツマイモ「里むすめ」
 ・香川特産の讃岐うどんセット
 をプレゼントする。
・受付:両行の各営業店窓口
・募集総額:200億円

となっています。


抽選プレゼントの商品に、両銀行の地元の特産品を採用しているのは、香川県・徳島県からかなり離れた地に住んでいる私としては、かなり魅力的に感じます。
(もっとも、預入金額や地理的条件から、私が口座開設するにはかなりハードルが高いですが)


※参考
・[1]香川銀行
 http://www.kagawabank.co.jp/
・[2]徳島銀行ホームページ
 http://www.tokugin.co.jp/
・[3]経営統合に伴う施策の共同実施について(その3)〜「トモニHD記念定期預金」の取扱いについて〜
 http://www.tokugin.co.jp/newsrelease/news2009/news_100323.html

トマト銀行がネット支店「ももたろう支店」開設で、定期預金の特別金利キャンペーンを実施

トマト銀行が3月23日に、インターネット専用支店「ももたろう支店」を開設したとのこと。

トマト銀行 ネット支店をオープン  - 山陽新聞地域ニュース

上記リンク先記事とトマト銀行のサイト[1][2][3]によると、今回のネット支店開設にあたり、定期預金の特別金利キャンペーンを実施するとのことで、詳細は、

・対象顧客:「ももたろう支店」の口座を開設した個人客
・対象預金:スーパー定期、スーパー定期300
・預入期間:1年(※自動継続)
・金利:0.65%(※初回満期日のみまでの適用)
・受付期間:2010年3月23日〜7月31日
・募集総額:20億円

となっています。


ネット支店開設の記念ということもあるとは思いますが、金利0.65%は、現在ではなかなかの好条件だと感じます。

もっとも、通常の時期の金利設定がどうなるのかも、気になるところではあります。


※参考
・[1]トマト銀行:トップページ
 http://www.tomatobank.co.jp/
・[2]インターネット専用支店「ももたろう支店」オープン
 http://www.tomatobank.co.jp/investor/press/2010/news_20100312_1.pdf
・[3]「ももたろう支店」オープニング特別金利キャンペーンについて〜「手軽」+「便利」+「有利」 ももたろう支店のサービスを実感してください〜
 http://www.tomatobank.co.jp/investor/press/2010/news_20100318.pdf


※当ブログの関連記事:
トマト銀行がネット店舗「ももたろう支店」を開設、金利優遇キャンペーンも実施予定(2010年03月14日)

「武蔵野銀行」が「大宮アルディージャ応援定期預金」を取り扱い開始

埼玉県の「武蔵野銀行」が、「大宮アルディージャ応援定期預金キャンペーン」を開始するとのこと。

J's GOAL | オフィシャルニュース | 明日(3/24)から開始!「大宮アルディージャ応援定期預金キャンペーン」のお知らせ

上記リンク先記事によると、武蔵野銀行は、サッカーJリーグ「大宮アルディージャ」のオフィシャルスポンサーを務めている銀行。

今回のキャンペーンの詳細は、

・商品名:「大宮アルディージャ応援定期預金」
・対象顧客:個人
・預金の種類:スーパー定期、スーパー定期300、大口定期預金
・預入期間:1年(※自動継続のみの取扱い)
・金利:店頭表示金利に0.1%を上乗せ。
 ※初回満期日以降は、満期日現在の店頭表示金利で継続する。
・預入金額:30万円以上1,000万円以下
 ※武蔵野銀行の窓口で、
  ・現金
  ・小切手
  ・その他証券類
  による、新規預け入れ資金に限る。
・取扱予定総額:300億円
・取扱期間:2010年3月24日〜5月31日(※取扱総額に達し次第終了)

となっています。


私の住んでいる地域では、まだまだ雪が残っていますが、スポーツチームの応援定期預金のニュース記事を読むと、今年もいよいよ春を迎えていることを、改めて感じます。


※参考
・武蔵野銀行
 http://www.musashinobank.co.jp/
・「大宮アルディージャ応援定期預金キャンペーン」実施のお知らせ
 http://www2.musashinobank.co.jp/irinfo/news/h21/pdf/100317_01.pdf


※当ブログの関連記事:
武蔵野銀行が「大宮アルディージャ応援定期預金キャンペーン」を実施、「むさしのダイレクト」の定期預金も金利アップ(2009年03月06日)
2010年03月19日

東北銀行が、退職金を受け取った人向けの定期預金「一等星」を発売

東北銀行が、退職金を受け取った人向けの定期預金「一等星」を販売しているとのこと。

経済情報:退職者向けの定期預金を発売 /岩手 - 毎日jp(毎日新聞)

上記リンク先記事と東北銀行のサイト掲載資料[2]によると、この定期預金「一等星」の詳細は、

・預入金額:300万円以上3,000万円以下
 ※受け取りから6カ月以内の退職金に限定する。
・金利:2%
・預け入れ期間:3カ月
 ※自動継続後は、3ヶ月もの定期預金の店頭表示金利を適用する。
・取扱開始日:2010年3月15日

となっています。


当初3ヶ月間のみの適用とはいえ、やはり年率2%の金利は破格だと感じます。

銀行側としては、退職金を受け取る顧客層の獲得に繋げる狙いがある、ということでしょうか。


※参考
・[1]東北銀行
 http://www.tohoku-bank.co.jp/
・[2]とうぎんスーパー定期預金「一等星」の取扱開始について
 http://www.tohoku-bank.co.jp/news/campaign/pdf/100312_ittohsei.pdf
2010年03月16日

日本振興銀行が「1日もの」定期預金を取り扱い開始

日本振興銀行が3月15日、「1日もの」の定期預金を、3月23日に取り扱い開始することを、発表したとのこと。

時事ドットコム:振興銀、1日物定期預金を23日開始

上記リンク先記事によると、この商品の詳細は、

・金利:年0.2%
・預入期間:
 解約するまで、期日が1日ずつ延長される。

となっています。


預入期間の取扱は、普通預金とあまり変わらない気もしますが、通常の定期預金のように中途解約によるペナルティが無いと考えると、利用の仕方によってはかなりお得な預金商品になるのでは、と感じます。


※参考
・日本振興銀行 : Incubator Bank of Japan, Limited
 http://www.shinkobank.co.jp/

「大垣共立銀行」が「VIVA!ドラゴンズ「スーパー打率定期預金2010」」を発売

大垣共立銀行」が、2010年3月26日に、「VIVA!ドラゴンズ「応援キャンペーン2010」」を開始するとのこと。

大垣共立銀行、VIVA!ドラゴンズ「応援キャンペーン2010」を実施(日経プレスリリース)

上記リンク先記事によると、このキャンペーンの中で定期預金については、「VIVA!ドラゴンズ「スーパー打率定期預金2010」」を発売。

その詳細は、

・金利:
 店頭表示金利に、中日ドラゴンズ選手の最高打率の、1/100にあたる金利を上乗せする。
 (例えば最高打率が3割の場合は、年0.3%を上乗せ。)
 ※2010年3月15日現在の、スーパー定期1年ものの店頭表示金利は0.07%。
・預入額:1人50万円
 ※スーパーゴールド総合口座またはゴールド総合口座を契約している顧客は100万円。
・懸賞:
 定期預金契約時に、顧客にドラゴンズ内の最高打率選手を予想してもらう。
 そして、応募した顧客に、抽選で下記の懸賞品をプレゼントする。
 ・応募者全員が抽選対象:
  ・ドラゴンズ公式戦内野席への招待:25組50名
 ・予想的中者が抽選対象:
  ・現金10万円(※税引後8万円):5名
   ※当選者のうち1名は、大垣共立銀行がドラゴンズ内最高打率選手に贈呈する「ドラゴンズ首位打者賞」のプレゼンターを務めることができる。
  ・最高打率選手のサイン入りバット:10名
 ※懸賞品の重複当選は無し。
 
となっています。

ちなみにこの定期預金の販売は、今年で7回目とのことです。


今年で7回目の実施というところに、根強い人気のある預金商品であることが伺えます。

また、個人の打率に応じて金利を上乗せするというのは、大幅な金利アップこそ望めないものの、チーム順位によるよりも上乗せチャンスが増えると考えれば、なかなかお得な条件かもしれない、と感じます。


※参考
・大垣共立銀行
 http://www.okb.co.jp/


※当ブログの関連記事:
大垣共立銀行が中日ドラゴンズ選手の最高打率で金利優遇する「スーパー打率定期預金2009」を販売予定(2009年03月29日)
2010年03月14日

トマト銀行がネット店舗「ももたろう支店」を開設、金利優遇キャンペーンも実施予定

トマト銀行が3月12日、

・インターネット上の仮想店舗「ももたろう支店」を、2010年3月23日に開設する

ことを発表したとのこと。

トマト銀がネット支店 岡山県外の預金者獲得狙う(NIKKEI NET(日経ネット):地域経済ニュース)

上記リンク先記事によると、この新支店の詳細は、

・口座開設:
 申込書を郵送して手続きを行う。(来店は不要)
・利用可能サービス:
 パソコンや携帯電話による、
 ・振込
 ・定期預金の預け入れ
 ・公共料金の支払い
 等が、24時間可能。
 また、セブン銀行とゆうちょ銀行のATMで、現金の入出金を手数料無料で行える。
・キャンペーン:
 口座開設者を対象とする、預金金利優遇キャンペーンを実施する予定。
 店舗運営コストの圧縮分を還元する。(具体的な利率などは未定)

等となっています。

ちなみにトマト銀行にとっては、今回の支店開設には、

・岡山県外を含む広域から、預金者を募集できる
・店舗運営などのコストを節約できる

といった利点があるとのこと。

また中国地方の地方銀行・第二地銀によるインターネット支店の開設は、今回が初となるそうです。


現在の低金利状況の中で、どの程度定期預金の金利優遇を行うのかが、個人的には最も気になるところです。


※参考
・トマト銀行:トップページ
 http://www.tomatobank.co.jp/
・インターネット専用支店「ももたろう支店」オープン
 http://www.tomatobank.co.jp/investor/press/2010/news_20100312_1.pdf
2010年03月13日

三井住友銀行が、預入期間5年以下の定期預金金利を引き下げ

三井住友銀行が3月12日、期間5年以下の定期預金の金利引き下げを発表したとのこと。

時事ドットコム:5年以下の定期預金金利下げ=三井住友銀

上記リンク先記事によると、今回の金利引下げは、市場金利の低下傾向を背景に行うもので、3月15日から適用するとのことです。


三井住友銀行のサイト[1]を見てみると、預入期間5年以下(1ヶ月〜5年)の定期預金金利は、

・スーパー定期300万円未満:0.060%〜0.150%
・スーパー定期300万円以上:0.060%〜0.200%
・大口定期(1,000万円以上):0.070%〜0.250%

となっていました。

ちなみに普通預金の金利は0.040%で、短期(1ヶ月〜6ヶ月)の定期預金の金利 (0.060%)は、毛の生えた程度の有利さしか無くなっています。
(※1万円の0.020%は2円)

最近は、私がメインで利用しているイーバンク銀行も、短期の定期預金金利がガクッと下がってしまってい、正直がっかりしていますが、全般的にこれだけ預金商品の魅力が小さくなると、ため息しか出ません。


※参考
・[1]円預金金利(金利一覧表) : 三井住友銀行
 http://www.smbc.co.jp/kojin/kinri/yokin.html


※当ブログの関連記事:
大手銀行が普通預金金利を0.04%に引き下げる方針(2008年12月20日)
三井住友銀行が定期預金の金利を引き下げ、日銀の資金供給オペが背景(2009年12月06日)

東邦銀行が株主優待定期預金を導入、店頭金利に0.5%上乗せ

東邦銀行が3月11日に、株主優待定期預金の導入を発表したとのこと。

東邦銀行、株主優待制度を導入 定期金利を優遇(NIKKEI NET(日経ネット):地域経済ニュース)

上記リンク先記事によると、今回の定期預金の内容は、

・背景・目的:
 東邦銀行では、2009年10〜11月に実施した増資によって、株主数が増加している。
 今回同銀行では、優待制度を導入することで、新しい株主をはじめとして、既存株主にも自社株を長期保有してもらう狙いがある。

・対象者:
 毎年3月末の株主名簿に記録された、1,000株以上の株主に対し、優待券を送付する。
・金利:店頭表示金利に0.5%を上乗せ。
 ※7月1日以降に、対象者が優待券を店頭で提示することで、定期預金金利の優遇が適用される。
・預入期間:1年
・預入金額:10万円以上300万円以内

となっています。


現在の低金利状況では、0.5%の金利上乗せは非常に大きいと感じます。

東邦銀行の狙い通り、株主の長期保有を促す効果は、高いのではないでしょうか?


※参考
・東邦銀行
 http://www.tohobank.co.jp/
・株主優待制度導入に関するお知らせ
 http://www.tohobank.co.jp/release/date/22-0311.pdf


※当ブログの関連記事:
山形銀行・東邦銀行・第四銀行がNHK大河ドラマ「天地人」にちなんだキャンペーンを実施(2009年01月07日)
山形県の銀行が、「おくりびと」「天地人」にちなんだ定期預金を発売中(2009年04月17日)
2010年03月11日

2000年以降の新規参入銀行の預金残高・口座数が、2009年3月末〜12月末の期間に約2割増加

下記リンク先記事では、2000年以降に新規参入した銀行で、預金額などが急増している状況が紹介されています。

新規参入銀の預金急増 金利や手数料、個人客に魅力(NIKKEI NET マネー&マーケット:国内株)
携帯専門「じぶん銀」最速で100万口座開設へ 財布代わり ネット世代つかむ (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

まず1つ目の記事では、

・調査対象:
 ・インターネット専業の5行(ジャパンネット銀行ソニー銀行など)
 ・ATM中心のセブン銀行
 ・有人店舗を展開するイオン銀行
 の7行の、預金残高と口座数について、調査を行った。
・調査結果:
 2009年12月末時点で、
 ・預金残高:同年3月末比で約23%増
 ・総口座数:同約2割増

そして2つ目の記事では、

じぶん銀行
 2010年4月(開業1年9カ月)に、100万口座を達成する見込み。
 (ネット専業銀行では最速。
  イーバンク銀行やジャパンネット銀行では、約4年かかっている)
 申し込み状況は、
 ・1口座あたりの平均残高:
  ・定期預金:100万円
  ・普通預金:10万円弱
 ・最多年齢層:20歳代(全体の3割)

イーバンク銀行
 現在の口座数は約340万口座。(国内トップ)
 利用者のうち、30代が4割を占める。

ジャパンネット銀行
 口座数は、毎年10〜20万口座のペースで増加。
 2009年12月末現在では、208万口座に達している。
 2009年4-12月期には、最終黒字を確保した。

等の内容が記述されています。


ただ個人的には、預金額や口座数が急増しているとはいえ、現在ではネット専業銀行といっても普通預金や定期預金の金利がさほど高くなく、魅力は以前より明らかに小さくなっていると感じます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。