金利が高い銀行を調べてみる。


(スポンサード リンク)
2010年12月18日

京都府・福知山市内の金融機関が、2010年冬の預金キャンペーンを展開中

下記URL先ページでは、京都府・福知山市内の金融機関が行っている預金キャンペーンが紹介されています。

(ニュース記事)
・両丹日日新聞ニュース : 京都産黒毛和牛や懸賞金 預金獲得へ市内金融機関が様々な取り組み
 http://www.ryoutan.co.jp/news/2010/12/16/003025.html

(各金融機関のサイト内ページ)
・ウィンターキャンペーン2010(JA京都)
 http://www.jakyoto.com/modules/news/article.php?storyid=317
・ウィンターキャンペーン2010(JA京都にのくに)
 http://www.ja-kyotoninokuni.or.jp/pdf/20101029_wintter.pdf
・たんぎんウィンターキャンペーン|但馬銀行
 http://www.tajimabank.co.jp/kojin/campaign/winter.html
・『ウインター定期2010』発売!(11月15日〜12月30日まで)(中兵庫信用金庫)
 http://www.nakashin.co.jp/contents/pdf/topics/00000032.pdf

この中で、定期預金の金利上乗せでは、

JA京都ウインターキャンペーン2010」:
 ・対象預金:スーパー定期1年もの
 ・金利:
  ・預入額10万円以上100万円未満:0.3
  ・同100万円以上300万円未満:0.5
  ・同300万円以上1,000万円未満:0.6
 ・実施期間:2010年12月30日まで。

JA京都にのくにウインターキャンペーン2010」:
 ・対象預金:スーパー定期1年もの
 ・預入額:10万円以上1,000万円未満
 ・金利:
  ・ニューマネー10万円の新規預入・増額:店頭表示金利の10
  ・定期貯金の満期などに10万円以上増額(財源問わず):同8
 ・募集総額:40億円
 ・実施期間:2010年11月1日〜12月30日

但馬銀行たんぎんウインターキャンペーン」:
 ・対象顧客:個人
 ・対象預金:スーパー定期1年もの
  (※ATM、テレホンバンキング、インターネットバンキングによる預入)
 ・預入額:1口1万円以上1,000万円未満
 ・金利:年0.20%(2010年11月15日現在)
 ・実施期間:2010年11月15日〜12月30日

中兵庫信用金庫ウインター定期2010
 ・対象顧客:個人
 ・対象預金:
  自由金利型定期預金(スーパー定期)
 ・預入金額:1万円以上300万円未満(新規預入れ)
 ・金利:
  店頭表示金利に0.20%を上乗せする。
 ・募集総額:80億円
 ・実施期間:2010年11月15日〜12月30日

といった金融機関・キャンペーンが取り上げられています。


ニュース記事では懸賞付きの定期預金も紹介されていますが、やはり個人的には、直接・確実にお金が増える金利上乗せキャンペーンに、より大きな魅力を感じます。


※参考
・[1]JA京都にのくに
 http://www.ja-kyotoninokuni.or.jp/
・[2]中兵庫信用金庫
 http://www.nakashin.co.jp/


※当ブログの関連記事:
セブン銀行が「冬の定期預金キャンペーン」を開始(2010/11/23)
スルガ銀行の2010年「冬のボーナスキャンペーン」は、6ヶ月もの定期で金利0.1%を上乗せ(2010/11/28)
ソニー銀行が「2010年冬の特別企画」で、円定期預金の特別金利を実施予定(2010/11/29)
トマト銀行が2010年冬のボーナスシーズン向けに、定期預金金利の優遇キャンペーン2種を実施(2010/11/30)
中部地方の各金融機関が、2010年冬のボーナス向けの定期預金キャンペーンを実施中(2010/12/05)
住信SBIネット銀行が「2010 冬の資産運用応援キャンペーン」で、1年もの定期の金利が0.35%(2010年12月15日)
きらやか銀行「ネット支店専用定期預金」の1年もの定期預金の金利が、0.46%(2010/12/16)
2010年12月16日

きらやか銀行「ネット支店専用定期預金」の1年もの定期預金の金利が、0.46%

下記URL先のニュース記事では、幾つかの金融機関について、2010年冬に実施されている、定期預金の金利上乗せキャンペーンが紹介されています。

(ニュース記事)
・東京新聞:金利上乗せのキャンペーン ネット支店なら0.4%台も 畠中 雅子:お金の話:暮らし・健康(TOKYO Web)
 http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/money/list/2010/CK2010121602000076.html

(各金融機関のキャンペーン紹介ページ)
・とよしん  2010冬 金利優遇定期預金
 http://www.toyoshin.co.jp/kojin/yokin/2211010.html
・ネットきらやかさくらんぼ支店 専用定期預金
 http://www.kirayaka.co.jp/campaign/netk.htm

具体的には、

中京銀行(名古屋市)の「冬のお楽しみキャンペーン
 (※当ブログの過去記事でも取り上げているので、記述を省略します。)

豊田信用金庫(愛知県)の「ウインターキャンペーン
 ・対象預金:
  1年もの・3年もののスーパー定期。
 ・金利:0.3
 ・預入額:10万円以上1,000万円以下

・「きらやか銀行」(山形県)の「ネット支店専用定期預金」:
 ・預入期間・金利:
  ・1年もの:0.46
  ・3年もの:
   ・預入額300万円未満:0.48
   ・300万円以上:0.5
  ・5年もの:
   ・預入額300万円未満:0.52
   ・300万円以上:0.66
 ・預入金額:30万円以上1,000万円未満
 ・販売期間:2010年10月1日〜2011年3月31日

との金融機関・商品が取り上げられています。


各種経費を軽減しているインターネット支店の預金は、やはり金利優遇には有利、ということでしょうか。

ともあれ、ゼロ金利政策の状況下でも、各金融機関により年末の風物詩ともいえるキャンペーンが展開されていることには、個人的にはやはり安心感があります。


※当ブログの関連記事:
セブン銀行が「冬の定期預金キャンペーン」を開始(2010/11/23)
スルガ銀行の2010年「冬のボーナスキャンペーン」は、6ヶ月もの定期で金利0.1%を上乗せ(2010/11/28)
ソニー銀行が「2010年冬の特別企画」で、円定期預金の特別金利を実施予定(2010/11/29)
トマト銀行が2010年冬のボーナスシーズン向けに、定期預金金利の優遇キャンペーン2種を実施(2010/11/30)
中部地方の各金融機関が、2010年冬のボーナス向けの定期預金キャンペーンを実施中(2010/12/05)
住信SBIネット銀行が「2010 冬の資産運用応援キャンペーン」で、1年もの定期の金利が0.35%(2010年12月15日)
2010年12月15日

山陰合同銀行・島根銀行が、個人向け国債(満期5年)の償還を控え、資金獲得のための定期預金キャンペーンを実施しているとのこと

2006年に販売開始された満期5年の個人向け国債について、2011年1月から償還が始まることから、中国地方の金融機関が個人資金の獲得強化に取組んでいるとのことです。

(ニュース記事)
・中国地方の金融機関、5年物国債の受け皿商品拡充  :日本経済新聞
 http://www.nikkei.com/news/local/article/g=96958A9C93819890E3E1E2E0958DE3E1E3E0E0E2E3E29E9193E2E2E2;p=F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2;n=9694E3E4E3E0E0E2E2EBE0E0E4EA;o=F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2

上記URL先ページでは、このうち定期預金キャンペーンとして、

山陰合同銀行
・対象預金:1年もの
・金利:0.25%上乗せ

島根銀行
・金利:
 個人向け国債より、利率を高い水準に設定している。

との金融機関とキャンペーン内容が挙げられています。


各行のサイトを見てみましたが、ずばり該当するキャンペーンの情報を見つけることができませんでした。

ただし山陰合同銀行では「インターネット定期キャンペーン」(0.20%上乗せ)[2]、島根銀行では「しまぎん ぴょんぴょんキャンペーン」[3](年0.25%〜)と、いずれもなかなかに高い金利が設定されているので、これらがニュース記事で取り上げられているキャンペーンに該当するものかもしれません。


※参考
・[1]山陰合同銀行 [トップページ] 島根・鳥取をネットワークするリージョナルバンク
 http://www.gogin.co.jp/
・[2]「インターネット定期キャンペーン」の実施について
 http://www.gogin.co.jp/about/press2010/topi10-074.pdf
・[3]島根銀行トップページ
 http://www.shimagin.co.jp/index.html
・[4]しまぎん ぴょんぴょんキャンペーン(定期預金)/島根銀行
 http://www.shimagin.co.jp/cam/cam20101210.html
・[5]『個人向け国債』のご案内 トップページ : 財務省
 http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/kojinmuke/index.html


※当ブログの関連記事:
個人向け国債(5年もの)の金利が0.8%と過去最低水準に(2008年12月04日)
財務省が個人向け国債の新商品「固定3」(満期3年・固定金利)を発売、初回販売分の金利は年0.19%(2010年06月14日)

住信SBIネット銀行が2010年12月から、預入期間延長型円仕組預金「プレーオフ」を取扱い開始

住信SBIネット銀行が2010年12月から、預入期間延長型円仕組預金プレーオフ」の取扱いを開始するとのこと。

(ニュース記事)
・住信SBIネット銀行、預入期間延長型円仕組預金「プレーオフ」の取り扱い開始(日経プレスリリース)
 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=268851&lindID=3

(住信SBIネット銀行のサイト内ページ)
・預入期間延長型円仕組預金「プレーオフ」の取扱開始のお知らせ|住信SBIネット銀行
 https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/corp_news_20101214_2

上記URL先ページによると、この商品の詳細は、

・特徴:
 銀行側の判断により、預入期限を延長する権利を、顧客から銀行側に付与してもらう。
 その代わりに好金利を適用する。
・対象顧客:
 住信SBIネット銀行に口座を開設している個人または法人。
・募集方法:
 募集の都度、一定の募集期間を設定して、銀行のウェブサイトで募集する。
 2011年以降は、年2回程度募集を行う予定。
・預入期間:募集の都度設定する。
・預入方法:
 代表口座円普通預金からの振替による。
・最低預入金額:10万
 ※預入単位は、募集の都度設定する。
・第1回募集の内容:
 ・販売期間:2010年12月16日〜2011年1月3日
 ・預入日:2011年1月6日
 ・預入期間:
  ・1年または2年満期タイプ
  ・1年または5年満期タイプ
 ・預入単位:1

等となっています。


第1回の適用金利はまだ発表されていないようですが、実際にどの程度の金利設定となるのかがかなり気になるところです。

既に販売されている仕組預金「コイントス」[1]では、預入資金は「円」であるものの、「特約通貨」(米ドル、ユーロ等)毎に異なる金利が設定されており、いずれも相当な高金利(年利4.7%以上)となっていますが、今回の「プレーオフ」でも同様の仕組みとなるんでしょうか?


※参考
・[1]仕組預金 - 商品概要|住信SBIネット銀行
 https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i050301CT

住信SBIネット銀行が「2010 冬の資産運用応援キャンペーン」で、1年もの定期の金利が0.35%

住信SBIネット銀行が、「2010 冬の資産運用応援キャンペーン」を実施するとのこと。

(ニュース記事)
・住信SBIネット銀行、「2010 冬の資産運用応援キャンペーン」を実施(日経プレスリリース)
 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=268857&lindID=3

(住信SBIネット銀行のサイト内ページ)
・「2010 冬の資産運用応援キャンペーン」実施のお知らせ|住信SBIネット銀行
 https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/corp_news_20101214_1

上記URL先ページによると、このうち「円定期預金 特別金利キャンペーン」については、

・対象顧客:個人
・対象預金:円定期預金1年もの
・適用金利:年0.35%(税引前)
・預入金額:上限無し
・キャンペーン期間:2010年12月15日〜2011年3月31日

等の内容となっています。

ちなみに今回は、定期預金の預入金額に応じ抽選権を付与する「円定期預金のお預入れで総額6,000万円プレゼントキャンペーン」も行われるとのことです。


1年もので0.35%というのは正直、ネット銀行のキャンペーンとしてはあまり高くないと感じますが、現状ではネット銀行でもあまり高い水準の金利は望めない、ということでしょうか。


※当ブログの関連記事:
セブン銀行が「冬の定期預金キャンペーン」を開始(2010/11/23)
スルガ銀行の2010年「冬のボーナスキャンペーン」は、6ヶ月もの定期で金利0.1%を上乗せ(2010/11/28)
ソニー銀行が「2010年冬の特別企画」で、円定期預金の特別金利を実施予定(2010/11/29)
トマト銀行が2010年冬のボーナスシーズン向けに、定期預金金利の優遇キャンペーン2種を実施(2010/11/30)
中部地方の各金融機関が、2010年冬のボーナス向けの定期預金キャンペーンを実施中(2010/12/05)
2010年12月11日

のと共栄信用金庫が、「ふるさと文化応援定期預金」を50億円追加募集

のと共栄信用金庫」が12月10日、「ふるさと文化応援定期預金」の追加募集実施を発表したとのこと。

(ニュース記事)
・等伯預金さらに50億円募集 のと共栄信金(北國・富山新聞ホームページ - 北陸の経済ニュース)
 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/K20101211303.htm

上記URL先ページによると、同預金は2010年6月に100億円分の販売を開始し、9月末に完売。
その後50億円を追加しましたが、これも売り切れたことから、今回更に50億円分を追加発売することを決定したとのことです。

預金の詳細は、

・種類:
 ・スーパー定期
 ・大口定期
 の2種類。
・預入期間:1
・適用金利:
 ・スーパー定期:店頭表示に0.20%上乗せ。
 ・大口定期:同0.18%上乗せ。
・寄付:
 初回満期時での受取利息の65%を、「長谷川等伯再発見ファンド」に寄付してもらう。
 (これまでの寄付総額(12月10日までの完売分(計150億円))で1,983万円。
  今回追加の50億円分では、624万円を見込む)
・追加発売の開始日:2010年12月13日

等となっています。
(金利などの条件は、これまでの実施内容と同様であるようです。)


実質的な利息は、寄付により小さくなるとは思いますが、それでも金利が著しく低くなっている現状では、(地域文化の再発見への貢献、ということも加わり)魅力が高い商品となっている、ということでしょうか。


※参考
・[1]のと共栄信用金庫(のとしん) | ホーム
 http://www.notoshin.co.jp/


※当ブログの関連記事:
のと共栄信用金庫が、定期預金「長谷川等伯再発見ファンド『等伯』」を、50億円分追加発売(2010年10月01日)
2010年12月05日

中部地方の各金融機関が、2010年冬のボーナス向けの定期預金キャンペーンを実施中

下記URL先ページでは、中部地方の金融機関における、2010年冬のボーナス向けのキャンペーンの取り組みが紹介されています。

(ニュース記事)
・冬ボーナス獲得策、金利上乗せ重点 中部の金融機関  :日本経済新聞
 http://www.nikkei.com/news/local/article/g=96958A9C93819496E2E1E2E3968DE2E1E3E0E0E2E3E29EEBE3E2E2E2;p=F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2;n=9694E3E4E3E0E0E2E2EBE0E0E4E4;o=F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2

(各銀行の発表資料)
・「冬のお楽しみキャンペーン」の実施について(中京銀行)
 http://www.chukyo-bank.co.jp/news/data/20101203.html
・百五銀行|冬のGO!GO!キャンペーン
 http://www.hyakugo.co.jp/campaign/kinri_up.html
・第三銀行 個人のお客さま キャンペーンのご案内
 http://www.daisanbank.co.jp/personal/benefit/camp.html
・冬のチャンスキャンペーン 名古屋銀行
 http://www.meigin.com/kojin/campaign/20101201.html
・愛知銀行キャンペーン情報
 http://www.aichibank.co.jp/menu/cp_winter2010.html

この中で定期預金については、

中京銀行
・名称:「冬のお楽しみキャンペーン
・対象商品:
 スーパー定期の1年・2年もの(自動継続扱い)
・預入金額:20万円以上(1円単位)
・金利:
 申込時点の店頭表示金利に、0.25%を上乗せする。
・実施期間:2010年12月6日〜2011年1月末

百五銀行
・名称:「冬のGO!GO!キャンペーン
・対象商品:
 スーパー定期の
 ・6ヶ月もの(単利型)
 ・1年もの(単利型)
 ・3年もの(複利型)
・預入金額:10万円以上500万円以下
・金利:
 申込時点の店頭表示金利に、0.20%を上乗せする。
・実施期間:2010年12月1日〜2011年1月31日

第三銀行
・名称:「2010ホワイトキャンペーン
・対象商品:
 期間1年以上のスーパー定期
・預入金額:1万円以上1,000万円未満
・金利:
 申込時点の店頭表示金利に、0.20%を上乗せする。
・実施期間:2010年11月15日〜2011年1月31日

名古屋銀行
・名称:「冬のキャンペーン
・対象商品:
 スーパー定期1年もの
・預入金額:10万円以上900万円以下
・金利:
 申込時点の店頭表示金利に、0.15%を上乗せする。
・実施期間:2010年12月1日〜30日

愛知銀行
・名称:「ウインターキャンペーン
・対象商品:
 スーパー定期1年・3年もの(自動継続扱い)
・預入金額:20万円以上1,000万円未満
・金利:
 申込時点の店頭表示金利に、0.15%を上乗せする。
・実施期間:2010年12月1日〜2011年1月31日

等の内容となっています。


ゼロ金利政策により、通常の預金金利がめっきり落ち込んでいる状況ですが、その中でも冬のボーナス向けキャンペーンが意外に多く行われているという印象で、私自身が各キャンペーンを利用できるわけでは無いものの、ちょっと嬉しい感覚があります。


※参考
・[1]中京銀行
 http://www.chukyo-bank.co.jp/
・[2]百五銀行
 http://www.hyakugo.co.jp/
・[3]第三銀行ホームページ
 http://www.daisanbank.co.jp/
・[4]名古屋銀行 総合口座,定期預金,投資信託,住宅ローン,年金等のご案内
 http://www.meigin.com/index.html
・[5]愛知銀行
 http://www.aichibank.co.jp/


※当ブログの関連記事:
セブン銀行が「冬の定期預金キャンペーン」を開始(2010/11/23)
スルガ銀行の2010年「冬のボーナスキャンペーン」は、6ヶ月もの定期で金利0.1%を上乗せ(2010/11/28)
ソニー銀行が「2010年冬の特別企画」で、円定期預金の特別金利を実施予定(2010/11/29)
トマト銀行が2010年冬のボーナスシーズン向けに、定期預金金利の優遇キャンペーン2種を実施(2010/11/30)
2010年12月02日

鳥取県の「米子信用金庫」がポイント付き定期預金を発売、10万円毎に200ポイント(地元スーパーで使える商品券に交換可能)を付与

鳥取県の「米子信用金庫」が、ポイント地元スーパーでの買い物に利用できる商品券に交換可能)を付与する定期預金を発売したとのこと。

(ニュース記事)
・山陰中央新報 - 米子信金が電子商品券付き定期預金
 http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=523312005

(米子信金のサイト内ページ)
・米子信用金庫 『よなごしんきんポイントカード』の取り扱いを開始します!!
 http://www.yonagoshinkin.co.jp/shinchaku/hyouzi_editor.php?no=68

上記URL先ページによると、この商品は「よなごしんきんポイントカード取り扱い開始記念定期預金」で、詳細は、

・背景・目的:
 取引先に消費者を誘引して、売上増加と地域活性化に結びつける狙いがある。
・ポイント制度:
 業務提携する「山陰信販」が発行する電子カード「ベスカ」の機能を利用。
 定期預金の預入額10万円ごとに、200ポイントを付与する。
 これは500ポイントで500円分の商品券と交換できる。
 商品券が使用できる店舗は、
 ・協同組合丸合
 ・いしかわ
 ・ユニサン
 の3社が展開する計30店舗。
・預入金額:
 1口10万円以上1,000万円未満
・金利:店頭表示利率を適用する。
・取扱店舗:米子信用金庫の全本支店
・販売期間:2010年12月1日〜12月30日

等となっています。

また今後は、

・ポイント付与の対象を、
 ・住宅ローン
 ・年金振込
 等にも拡大。
 また、加盟店も増やす。

ことを予定しているとのことで、記事では米子信用金庫の鷲見邦弘理事長の、

・「商品券にすることで、お金の地産地消の仕組みを作り上げたい」

とのコメントが紹介されています。


ポイント制ということで、直接の利用までにはラグがあると思いますが、それでも通常の金利とは別に預金額の0.2%相当のポイントが付与されると考えると、なかなかにお得な定期預金では、とも感じられます。

また、地元の経済活性化に寄与するという目的も、興味深く魅力的です。


※参考
・[1]ベスカ : 山陰信販株式会社
 http://www.san-inshinpan.co.jp/vesca/top.html
・[2]協同組合 丸合
 http://www.marugo.or.jp/