金利が高い銀行を調べてみる。


(スポンサード リンク)
2011年04月29日

城南信用金庫の「節電プレミアム預金」は、太陽光発電など導入で年利1.0%を適用

城南信用金庫」が、2011年5月に定期預金節電プレミアム預金」を発売する予定とのこと。

(ニュース記事)
・asahi.com(朝日新聞社):太陽光導入で年利1.0% 城南信金が「脱原発」優遇 - ビジネス・経済
 http://www.asahi.com/business/update/0429/TKY201104280740.html

(城南信用金庫のサイト内ページ)
・「原発に頼らない安心できる社会」の実現に向けて ―お客様の節電を応援する新商品・サービスの実施について―
 http://www.jsbank.co.jp/topic/PowerSaving.htm
・節電プレミアム預金
 http://www.jsbank.co.jp/service/azukeru/PremiumAccount/PremiumAccount_chirashi.h.html

上記URL先ページによると、今回の商品の概要は、

・背景:
 同信金の吉原毅理事長は、福島第1原子力発電所の事故発生後に、「脱原発」を掲げて、
 ・自社の電力消費量を、今後3年以内に約3割削減する。
 との節電策を打ち出した。
 同理事長は、今回発売する商品について、
 ・「危険が高い原発に依存しなくて済むような地域社会作りに貢献したい」
 と語っている。
・対象者:
 預金の発売日(2011年5月2日)以降に、
 ・太陽電池パネル
 ・自家用発電機
 ・蓄電池
 ・LED照明
 のいずれかを10万円以上購入した顧客。
 (領収書を出すことが必要)
・預金額:1世帯あたり100万円まで。
・預金の種類:1年もの定期預金
・金利:年1.0%(通常の金利は0.08%)
・販売期間:2011年5月2日〜9月末

等となっています。


福島第1原発の事故の衝撃は大きいと思いますが、金融機関が「脱原発」の積極姿勢を表明するのは、かなり興味深いと感じます。

そして、今回の預金の金利は年1%とのことでインパクトも大きく、節電促進に一定の効果があるのでは、と予想するものです。


※参考
・[1]城南信用金庫 ホームページ
 http://www.jsbank.co.jp/
・[2]原発に頼らない安心できる社会へ
 http://www.jsbank.co.jp/topic/pdf/genpatu.pdf
2011年04月23日

湘南信用金庫が、「がんばろう日本、湘南しんきん復興応援定期預金」を発売

湘南信用金庫」が、東日本大震災の被災地支援として「がんばろう日本、湘南しんきん復興応援定期預金」を発売したとのこと。

(ニュース記事)
・東日本大震災:復興応援定期預金を新設、最大で150万円寄託/湘南信金:ローカルニュース : ニュース : カナロコ -- 神奈川新聞社
 http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1104220041/

(湘南信用金庫のサイト掲載資料)
・個人の方を対象とした震災対応商品の取扱開始について
 http://www.shinkin.co.jp/shonan/pdf/shinsai_kojin_20110420.pdf

上記URL先ページによると、今回の定期預金の詳細は、

・対象顧客:個人
・預金の種類:スーパー定期(1年もの)
・金利:0.05
 (通常より0.02%高い)
・募集期間:2011年4月20日〜5月31日
・募集金額:30億
・寄付:
 預金総額の0.05%相当を、神奈川新聞厚生文化事業団の東日本大震災救援金に寄託する。
 (満額の場合、寄付額は150万円)

等となっています。


適用金利が高くは無いのが、ちょっと残念ですが、長期的な支援が必要と考えられる被災地への意識を喚起するためにも、今後もこのような預金商品の販売は必要なのでは、と個人的には考えます。


※参考
・[1]湘南しんきん
 http://www.shinkin.co.jp/shonan/
・[2]神奈川新聞厚生文化事業団
 http://www.kanagawa-shimbun.jp/information/associatedcompany/kouseibunkajigyou.html
2011年04月17日

四国労働金庫が「桜咲く定期預金」キャンペーンを開始、金利0.2〜0.3%を上乗せ

四国労働金庫が、「桜咲く定期預金」キャンペーンを開始したとのこと。

(ニュース記事)
・特別金利キャンペーン/四国労働金庫 | 香川のニュース | 四国新聞社
 http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/info_box/article.aspx?id=20110415000125

(四国労働金庫のサイト内ページ)
・桜咲く定期預金|ろうきんおすすめ情報|四国ろうきん
 http://www.shikoku-rokin.or.jp/campaign/c10year_sakura.html

上記URL先ページによると、今回のキャンペーンの詳細は、

・対象預金:
 ・スーパー定期
 ・スーパー定期300
 ・自由金利型定期預金
・預入期間:1年、3年、5
・預入金額:50万円以上(※新規預入)
・金利:
 店頭表示金利に、
 ・1年:0.20
 ・3年:0.25
 ・5年:0.3
 を上乗せする。
・販売期間:2011年4月1日〜5月31日
・募集額:200億

等となっています。


当記事の作成時点では、四国ろうきんのスーパー定期の金利は

・1年もの:0.03%
・3年もの:0.06%
・5年もの:0.08%

となっており、上乗せ金利を考慮しても、2009年の同キャンペーン(3年もの0.70%、5年もの0.85%)と比べるとかなり低くなってしまっているところに、ここ1〜2年での預金金利の低迷具合が、改めて感じられます。


※参考
・[1]四国ろうきん
 http://www.shikoku-rokin.or.jp/
・[2]預金金利|金利情報|四国ろうきん
 http://www.shikoku-rokin.or.jp/kinri/yokin/main.html


※当ブログの関連記事:
四国労働金庫が「桜咲く定期預金」キャンペーンを開始(2009年04月03日)
2011年04月05日

トマト銀行、東日本大震災の復興応援定期預金「がんばろう日本! みんなの気持ち」を発売

トマト銀行が4月4日、東日本大震災の復興応援定期預金「がんばろう日本! みんなの気持ち」の取り扱いを開始したとのこと。

(ニュース記事)
・トマト銀行が震災復興応援定期預金『がんばろう日本! みんなの気持ち』 | ライフ | マイコミジャーナル
 http://journal.mycom.co.jp/news/2011/04/04/060/

(トマト銀行のサイト掲載資料)
・東日本大震災復興応援定期預金「がんばろう日本!みんなの気持ち」の取り扱い開始について
 http://www.tomatobank.co.jp/investor/press/2011/news_20110404-1.pdf

上記URL先ページによると、今回の預金の詳細は、

・背景:
 岡山市での東日本大震災支援の市民キャンペーン「がんばろう日本!−岡山の元気をとどけよう」に賛同して実施する。
・対象顧客:個人・法人
・対象商品:スーパー定期、スーパー定期300
・預入期間:1年(自動継続式)
・預入額:10万円以上1,000万円未満(1円単位)
 (※新規預入のみ。)
・金利:
 店頭表示金利に年0.05%を上乗せする。
 (※初回預入期間のみの適用。
   満期継続後は、満期日時点の店頭表示金利を適用する。)
・被災地支援:
 預入総額の0.1%相当額を、トマト銀行が義援金として、日本赤十字社岡山県支部を通じて寄付する。
・募集総額:200億
・取扱期間:2011年4月4日〜9月30日
 (※募集総額に達し次第取扱い終了)
・取扱い店舗:トマト銀行の本支店58店舗(※ももたろう支店をのぞく)

等となっています。


上乗せ金利は小さいものの、預金が被災地の復興支援にもつながるという点は、魅力が大きいと感じます。


※参考
・[1]トマト銀行:トップページ
 http://www.tomatobank.co.jp/


※当ブログの関連記事:
東京スター銀行が「右肩上がり円定期」の預金額に応じ、東日本大震災の被災地支援として寄付を行う方針(2011年04月02日)

大和証券グループが2011年5月に、ネット専業の「大和ネクスト銀行」を開業予定

大和証券グループが4月4日、子会社のインターネット専業銀行大和ネクスト銀行」の開業予定を発表したとのこと。

(ニュース記事)
・大和、ネット銀が5月開業 「大和ネクスト銀行」  :日本経済新聞
 http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819591E2E6E2E3E28DE2E6E2E6E0E2E3E39797E0E2E2E2;at=DGXZZO0195164008122009000000
・大和証券:ネット銀行、5月に開始 - 毎日jp(毎日新聞)
 http://mainichi.jp/select/today/news/20110405k0000m020045000c.html

上記URL先ページによると、同銀行は近いうちに免許を取得できる見込みとのことで、概要は、

・目的:
 グループで(資産運用の手段として)預金も取り扱うことで、利便性を高める。
 これにより、株式投資などに関心の薄い顧客を集客し、預かり資産の拡大を狙う。
・事業方針:
 ・インターネット専業とすることでコストを低減し、大手銀行などより高めの金利を提示する。
  (2013年度までに預金額1兆円を目指す)
 ・預金と証券の口座間での自動振替サービスを提供。
  金融商品の売買における入出金を容易にする。
  (預金口座は、
   ・インターネット
   ・大和証券の店舗
   で開設する)
 ・預金の他、将来的に法人向けや消費者ローンも手掛ける予定。
・資本:200億円(大和証券グループが100%出資)
・開業時期:2011年5月中旬

等となっています。


大和證券としては、コストを抑えられるネット銀行の利点を生かし、集客の拡大を図る、ということでしょうか。

個人的には株などを行う気は全くありませんが、とりあえずは預金の金利設定がどうなるのか、というのが今から気になるところです。


※参考
・[1]大和証券
 http://www.daiwa.jp/
2011年04月02日

「全国信用組合中央協会」が、東日本大震災で被災した信組の支援策を検討開始、金利優遇定期で資金を集める?

信用組合の業界団体「全国信用組合中央協会」が、東日本大震災で被災した信組の支援のための基金創設を、検討開始したとのこと。

(ニュース記事)
・東日本大震災:「復興預金」で基金 被災信組、業界が支援 − 毎日jp(毎日新聞)
 http://mainichi.jp/select/biz/news/20110331k0000e020078000c.html

上記URL先ページによると、詳細は、

・背景:
 東日本大震災においては、金融機関の中でも、小規模の信用組合(営業地域・取引先が特定の地域に限定されている)が受けた打撃が大きい。
 (東北地方を中心とする被災地には、17信組が存在)
 今回は、
 ・地域経済の復興のためには、主に中小企業への資金の出し手となっている、信用組合の経営を支えることが必要。
 と考え、業界を挙げての支援を行うことにした。
 また、業界としての支援姿勢を明確に打ち出すことで、被災した信組に対する信用不安の防止効果も期待している。

・有力案:
 全国の信用組合が、金利を優遇する定期預金を「復興預金」として販売。
 (上乗せ金利は、販売する各信組が負担する方向)
 これにより集められた預金を「全国信用協同組合連合会」が一括して運用する。
 その運用益を、被災した信組に低利融資することで、資金調達負担コストを軽減して経営を支援する。

等となっています。


被災地の経済復興に寄与するための取り組みということで、定期預金の具体的な商品内容がどうなるのか、ということも含め、今後の具体的な情報発表に期待したいところです。


※参考
・[1]全国信用組合中央協会
 http://www.shinyokumiai.or.jp/

東京スター銀行が「右肩上がり円定期」の預金額に応じ、東日本大震災の被災地支援として寄付を行う方針

東京スター銀行が、現在販売している「右肩上がり円定期」<仕組み預金>(満期日繰上特約付円定期預金)において、東日本大震災の被災地支援として、預金額に応じた額の寄付を行う方針とのこと。

(ニュース記事)
・お客さまのお預け入れ金額に応じて寄付いたします〜「東北地方太平洋沖地震」被災地への復興支援の取り組み〜 - 毎日jp(毎日新聞)
 http://mainichi.jp/select/biz/prtimes_release/archive/2011/03/31/000000013.000002350.html

(東京スター銀行のサイト掲載資料)
・右肩上がり円定期のお預け入れ金額に応じて東京スター銀行が寄付いたします
 http://www.tokyostarbank.co.jp/profile/pdf/110331_01.pdf

上記URL先ページによると、同預金は東京スター銀行の主力預金商品で、預入金額は、2011年2月末現在で2,500億円超に達しているとのこと。

今回の取り組みの概要は、

・対象:
 2011年4月1日〜6月30日の期間に預け入れされた額
・寄付金額:上記預金額の0.1%相当
・寄付先:被災地の復興状況に鑑み、後日決定する。

等となっています。


対象期間にどれだけの預入がされるかは、私には予想ができないですが、金利の高さに加えて被災地支援にもつながるということで、預金の魅力が高まることは間違い無いのでは、と考えます。


※参考
・[1]「右肩上がり円定期」 : 東京スター銀行
 http://www.tokyostarbank.co.jp/starone/products/en/soaring.php

沖縄県の地方銀行が、定期預金金利を全国並みの水準まで引き下げる方針

沖縄銀行が3月28日、

・同行の定期預金金利(全国地方銀行の平均より高水準)を、2011年4月以降の約半年で、全国並みの水準まで引き下げる。

との方針を発表したとのこと。

(ニュース記事)
・沖縄タイムス | 沖銀、定期預金金利を引き下げ 4月から
 http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-03-29_15992/
・沖縄銀行:金利引き下げへ 定期預金 収益改善、全国並み目標 - 毎日jp(毎日新聞)
 http://mainichi.jp/area/okinawa/news/20110329rky00m020003000c.html

上記URL先ページでは、まず背景として、

リーマンショック(2008年秋)以降の景気低迷の影響で、全国の地方銀行では、コスト増加につながる預金金利を引き下げる方向に向かった。
 一方、沖縄県の地銀3行(沖縄海邦銀行沖縄銀行琉球銀行)では、総資金量のシェア争いを背景に、高金利による預金販売が逆に活発化し、金利は高止まり(全国地銀の最大7倍)が続いてきた。
 (例えば沖縄銀行では、
  ・スーパー定期(300万円以上1,000万円未満)1年もの:0.30
  ・大口定期(1,000万円以上):0.35
  という利率。(琉球銀行も同様の水準))

2011年3月期期第3四半期決算の総資金量(期末残高)は、
 ・琉球銀行:1兆5,533億
 ・沖縄銀行:1兆5,214億
 に到達。
 両行において支払い利息増加は、本業の収益悪化につながっているとの指摘もあり、金融専門家からは、早めの是正の必要性を指摘する見方が出ていた。
 ・「沖縄海邦銀行」は、2010年11月に、預金金利を全国第2地銀並みに金利を引き下げる方針を表明した。

といった状況、そして沖縄銀行の安里昌利頭取の、

・「異常な(高い)金利だと考える。
  金融機関の健全性の観点から4月以降、是正する」
・「市場の水準から大きく逸脱するのは良くない。
  経営の健全性の観点から、県内中小企業をしっかりサポートしていく意味でも高金利を続けていくべきではないと判断した」

とのコメントが紹介されています。


各銀行のサイト[1]〜[3]を見てみましたが、確かに高い利率が掲載されており、魅力的な金利設定だと感じます。
(正直今まで全く知らなかった)

ただ、全国水準の7倍でも年1%には遠い金利が「異常」と言われることには、現在の預金金利の低迷も改めて強烈に感じざるを得ません。
(やはり現在の全国水準が、金融機関において適正な数字ということなんでしょうか?)


※参考
・[1]沖縄銀行 | 金利一覧 | 預金商品等金利一覧
 http://www.okinawa-bank.co.jp/menu1/kinri/yokin.html
・[2]預金金利(琉球銀行)
 http://www.ryugin.co.jp/kinri/yokin/kinri_yokin.php3
・[3]金利・手数料(沖縄海邦銀行)
 http://www.kaiho-bank.co.jp/tesuryo/index.htm