金利が高い銀行を調べてみる。


(スポンサード リンク)
2011年05月31日

武蔵野銀行が第4回目の「むさしの水と緑の定期預金」を発売予定、上乗せ金利は0.10%

埼玉県の「武蔵野銀行」が2011年6月に、「むさしの水と緑の定期預金」を発売する予定とのこと。

(ニュース記事)
・武蔵野銀行、環境に配慮した定期預金「むさしの水と緑の定期預金」の取り扱い開始(日経プレスリリース)
 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=282091&lindID=3

上記URL先ページによると、同預金は今回が4回目の発売となるもので、過去3回の寄付額は計700万円に達しているとのこと。

今回の商品の概要は、

・対象顧客:個人
・預入期間:1年(自動継続)
 (※自動継続後の金利は、継続時の店頭表示金利を適用する。)
・寄付:
 定期預金残高の0.01%相当額を、埼玉県の「彩の国みどりの基金」へ武蔵野銀行が寄付する。
・取扱期間:2011年6月1日〜7月29日
・預入方法毎の詳細:
 (窓口
  ・対象預金:
   ・スーパー定期
   ・スーパー定期300
   ・大口定期預金
   (※自動継続型)
  ・預入額:10万円以上1,000万円以下
  ・預入原資:
   原則として、
   ・武蔵野銀行に新たに預入される資金
   ・定期預金を除く他口座からの振替
   に限定する。
  ・適用金利:店頭表示金利に0.10%を上乗せ。
  ・その他の特典:
   先着10,000名に、クーラーバックをプレゼントする。
 (むさしのダイレクト
  ・対象預金:
   ・スーパー定期
   ・スーパー定期300
   (※自動継続型)
  ・預入額:1万円以上1,000万円未満
  ・預入原資:
   インターネットバンキング登録口座からの振替に限定する。
  ・適用金利:店頭表示金利に0.15%を上乗せ。

等となっています。


同じキャンペーン内でも、預入方法によって商品内容がかなり異なっているのがユニークに感じられます。
(「むさしのダイレクト」経由のほうが金利が高いのは、ネットバンキングならではのメリットを出しているということでしょうか)


※参考サイト・ページ
・[1]武蔵野銀行
 http://www.musashinobank.co.jp/


※当ブログの関連記事:
武蔵野銀行が12月から「スペシャル定期預金」の取り扱いを開始(2008年11月28日)
武蔵野銀行が「大宮アルディージャ応援定期預金キャンペーン」を実施、「むさしのダイレクト」の定期預金も金利アップ(2009年03月06日)
「武蔵野銀行」が「大宮アルディージャ応援定期預金」を取り扱い開始(2010年03月24日)

広島県信用組合が2011年6月に、「2011サンフレッチェ広島応援定期預金【セカンドステージ】」を発売予定

広島県信用組合」が2011年6月に、「2011サンフレッチェ広島応援定期預金【セカンドステージ】」を発売するとのこと。

(ニュース記事)
・J's GOAL | オフィシャルニュース | 広島県信用組合様 「2011サンフレッチェ広島応援定期預金【セカンドステージ】」 【東日本大震災復興支援定期預金】取扱開始のお知らせ
 http://www.jsgoal.jp/official/00119000/00119764.html

上記URL先ページによると、今回の商品の概要は、

・対象顧客:個人・法人
・預入期間:
 ・「サンチェ・コース」:1
 ・「フレッチェ・コース」:1年・3
・預入金額:10万円以上1,000万円以内(一口あたり)
・預金の種類:スーパー定期スーパー定期300
・金利:
 ・「サンチェ・コース」:
  2011年のJ1リーグにおけるサンフレッチェ広島の最終順位に応じて、下記の利率を適用する。
  ・優勝0.60%(約定利率0.10%+0.50%)
  ・2・3位:0.40%(約定利率0.10%+0.30%)
  ・4〜6位:0.25%(約定利率0.10%+0.15%)
  ・7〜9位:0.15%(約定利率0.10%+0.05%)
  ・10位以下:0.10%(約定利率)
  (※組合員には、上記の約定利率に更に0.05%を上乗せする)
 ・「フレッチェ・コース」:
  チームの順位に関わらず、下記の利率を適用する。
  ・1年もの:
   ・組合員以外:0.20
   ・組合員:0.25
  ・3年もの:
   ・組合員以外:0.30
   ・組合員:0.35
・その他の特典:
 ・サイン入りユニフォームやぬいぐるみ、観戦ペアチケット等の景品を、抽選でプレゼントする。
 ・ケンシン「芝かぶりシート」への招待:!
  サンフレッチェ広島のホームゲーム1試合あたり5組(10名)を、「広島ビッグアーチ」のピッチサイド「芝かぶりシート」に抽選で招待する。
 (※上記いずれも抽選に参加するには、別途申し込みが必要)
・チームの支援:
 総預金残高の0.005%相当額(上限200万円)を、チーム強化費として「株式会社サンフレッチェ広島」に寄贈する。
 (顧客の負担は無し)
・東日本大震災の被災地支援:
 総預金残高の0.005%相当額を、義援金として日本赤十字社を通じて寄付する。
 (顧客の負担は無し)
・取扱期間:2011年6月1日〜9月1日

等となっています。


今回は従来の預金のようにチームの支援だけでなく、東日本大震災の被災地支援も行われる点が、非常に特徴的だと感じます。
(その分、金融機関側の負担も大きくなるとは思われますが)


※参考サイト・ページ
・[1]広島県信用組合
 http://www.hiroshima-kenshin.co.jp/


※当ブログの関連記事:
「広島県信用組合」が、「2010サンフレッチェ広島応援定期預金【ファーストステージ】」を発売(2010年02月10日)
「広島県信用組合」が、「2010サンフレッチェ広島応援定期預金【セカンドステージ】」を発売(2010年06月02日)

佐賀銀行が「さぎんサマーキャンペーン'11」として、「さぎんエコ定期預金 第3号」「さぎん震災復興応援定期預金」を発売予定

佐賀銀行」が5月30日、

・「さぎんサマーキャンペーン'11」として、
 ・「さぎんエコ定期預金 第3号
 ・「さぎん震災復興応援定期預金
 を発売する。

との予定を発表したとのこと。

(ニュース記事)
・佐賀銀行、エコ定期預金と震災復興応援定期預金を発売 | ライフ | マイコミジャーナル
 http://journal.mycom.co.jp/news/2011/05/31/020/

(佐賀銀行のサイト内ページ)
・「さぎんサマーキャンペーン'11」の実施について 〜さぎんエコ定期預金第3号・さぎん震災復興応援定期預金〜
 http://www.sagabank.co.jp/news/2011/0530-01.htm

上記URL先ページによると、今回の商品の概要は、

・背景・目的:
 ・佐賀銀行はCSR(企業の社会的責任)の一環として環境保護に取組んでおり、2009・2010年にも「エコ定期預金」を発売してきた。
 ・今年は、東日本大震災の被災地の復興を応援する目的で、「震災復興応援定期預金」も発売する。
・対象顧客:個人
・預入額:30万円以上(新規)
・金利:店頭掲示金利に0.15%を上乗せする。
・寄付:
 預入額に0.025%を乗じた金額(上限875万円)を、佐賀銀行の負担により、
 ・「さぎんエコ定期預金 第3号」:森林保護活動に資する基金など
 ・「さぎん震災復興応援定期預金」:日本赤十字社
 に各々寄付する。
 (※今回の2つの定期預金は、顧客がいずれかを選択できる
・販売期間:2011年6月13日〜8月31日
・募集額:350億

等となっています。


寄付先に応じて2種類の定期預金が用意されているというのが、かなりユニークだと感じます。

また、上乗せ金利が0.15%という点も、大きな魅力に感じられます。


※参考サイト・ページ
・[1]佐賀銀行
 http://www.sagabank.co.jp/


※当ブログの関連記事:
金利が高い銀行を調べてみる。定期/普通預金など(2009年05月29日)

ソニー銀行が、東日本大震災の復興支援定期預金を2011年6月に発売予定

ソニー銀行」が、東日本大震災の復興を支援する定期預金キャンペーン「夏のボーナス企画」を、2011年6月に発売する予定とのこと。

(ニュース記事)
・ソニー銀、復興へ特別金利 : ニュース : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20110531-OYT8T00395.htm
・ソニー銀、被災地支援型の定期預金 - SankeiBiz(サンケイビズ)
 http://www.sankeibiz.jp/business/news/110531/bse1105310503001-n1.htm
・ソニー銀行、東日本大震災の復興支援として夏のボーナスチャリティー企画を実施(日経プレスリリース)
 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=281892&lindID=3

(ソニー銀行のサイト内ページ)
・「[夏のボーナス]チャリティー企画」実施のお知らせ 110530|ソニーバンクからのお知らせ履歴|MONEYKit - ソニー銀行
 http://moneykit.net/visitor/info/info110530_02.html

上記URL先ページによると、商品の概要は、

・対象預金:
 ・定期預金6か月もの、1年もの)
 ・積立定期預金(期間1年)
・金利:期間中に変動する可能性がある。
 ※6月6日に預入れた定期預金では、0.30%を適用予定。
・寄付:
 預金元本の0.01%相当の金額を、ソニー銀行が義援金として日本赤十字社に寄付する。
・発売期間:2011年6月6日〜8月31日

等となっています。

また今回は、他の特典として、

・対象期間中に預けた円定期預金の残高が10万円以上となった顧客を対象に、抽選で1,000人に
 ・「ウォークマン」
 ・「チャリティー・アルバム『SONGS FOR JAPAN』」
 をセットでプレゼントする。
 (※積立定期預金は対象外。)
・ソニー銀行の円普通預金口座に、他の金融機関から一度に100万円以上振り込んだ顧客に対し、500円をプレゼントする。
 (またソニー銀行は、その都度日本赤十字社に100円を寄付する)

とのサービスも行われるとのことです。


今回の夏のキャンペーンは過去のものと異なり、東日本大震災の被災地支援の面が強調されているのが大きな特徴だと感じます。
(ソニー製品のプレゼント品目が従来より少ないのはちょっと残念ですが、義援金に充てるため、ということでしょうか)


※参考サイト・ページ
・[1]MONEYKit - ソニー銀行
 http://moneykit.net/


※当ブログの関連記事:
ソニー銀行が「2009年夏の特別企画」を実施(2009年05月26日)
ソニー銀行が、積み立て定期預金の最低預入金額を1,000円に引き下げ(2009年11月19日)
ソニー銀行が「2010年夏の特別企画」を発表、円定期預金と積み立て定期預金で優遇金利を適用予定(2010年06月01日)

「じぶん銀行」の開業3周年記念キャンペーンで、3ヶ月ものの円定期預金が金利0.5%

じぶん銀行」が、開業3周年記念キャンペーン「3rd Anniversary! じぶん銀行 SUMMER FAIR」を実施するとのこと。

(ニュース記事)
・じぶん銀行、開業3周年記念キャンペーンを実施 - ITmedia +D モバイル
 http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1105/30/news092.html

(じぶん銀行のサイト内ページ)
・「3rd Anniversary!じぶん銀行 SUMMER FAIR」の実施について | じぶん銀行
 http://www.jibunbank.co.jp/pc/announcement/detail/info_20110530_3.html
・<SUMMER FAIR>預入期3ヶ月の円定期預金金利が上がりました。 | じぶん銀行
 http://www.jibunbank.co.jp/pc/announcement/detail/info_20110530.html

上記URL先ページによると、この中で円定期預金については、

・預入期間:3カ月、
・適用金利:年0.5
・受付期間:2011年5月30日〜7月31日

との内容となっています。


じぶん銀行もオープンしてもう3年になるというのは、正直ちょっと驚きましたが、今回のキャンペーンは金利がかなり高く、利用者にとっては嬉しい内容ではないか、と想像するものです。
(長く営業しているネット銀行では、殆どキャンペーンらしいキャンペーンを行わなくなってしまったところもあるので)


※参考サイト・ページ
・[1]じぶん銀行
 http://www.jibunbank.co.jp/pc/
2011年05月29日

甲府信用金庫が2011年6月に、「第17回『がんばれ!ヴァンフォーレ甲府定期預金』」を発売予定

山梨県の「甲府信用金庫」が2011年6月に、「第17回『がんばれ!ヴァンフォーレ甲府定期預金』」を発売するとのこと。

(ニュース記事)
・J's GOAL | オフィシャルニュース | 甲府信用金庫「第17回 がんばれ!ヴァンフォーレ甲府定期預金」のお知らせ
 http://www.jsgoal.jp/official/00119000/00119617.html

上記URL先ページによると、預金の概要は、

・対象顧客:個人
・預金の種類:3年もの複利型スーパー定期
・預入額:一口1万円以上1,000万円未満(1円単位)
・金利:
 ヴァンフォーレ甲府の「2011Jリーグ ディビジョン1」のリーグ戦におけるシーズン終了時点のホームゲーム平均観客動員数に応じ、下記の金利を、預入時の金利(スーパー定期3年ものの店頭表示金利)に上乗せする。
 ・平均観客動員数15,000人以下:0.010
 ・15,001〜15,250人:0.020
 ・15,251〜15,500人:0.030
 ・15,501〜15,750人:0.040
 ・15,751〜16,000人:0.050
 ・16,001〜16,250人:0.060
 ・16,251〜16,500人:0.070
 ・16,501〜16,750人:0.080
 ・16,751〜17,000人:0.090
 ・17,001人以上:0.100
・チームの支援:
 ヴァンフォーレ甲府の「AFCチャンピオンズリーグ2012」出場が決定した場合は、チーム強化費として100万円を甲府信用金庫が寄贈する。
 (※寄贈に伴う顧客の負担は無し)
・取扱い期間:2011年6月1日〜8月31日
 (※期間内でも、募集金額(100億円)に達した場合終了)

等となっています。


今回の対象定期は3年もののみ(昨年(第16回)は3年ものと5年もの)ですが、上乗せ金利の幅は維持されているようで(※観客動員数との対応も同じかどうかは未確認)、最大0.1%の上乗せはなかなか魅力的だと感じます。
(ただ、該当定期預金の店頭金利[2]が、5月29日時点で0.06%なので、上乗せされても1%に遠く及ばないのは、現在の低金利状況では仕方が無いとはいえ残念です)


※参考サイト・ページ
・[1]トップページ - 甲府信用金庫
 http://www.kofushinkin.co.jp/
・[2]預金金利
 http://www.kofushinkin.co.jp/11eigyo/yokin.html
・[3]VENTFORET KOFU - Official Web site -
 http://www.ventforet.co.jp/


※当ブログの関連記事:
甲府信用金庫が、第15回「がんばれ!ヴァンフォーレ甲府定期預金」を発売(2009年05月26日)
甲府信用金庫が2010年6月に、第16回「がんばれ!ヴァンフォーレ甲府定期預金」を発売予定(2010年05月22日)
2011年05月28日

千葉銀行が2011年6月に「がんばろう千葉 観光応援定期預金」を発売予定、県内観光産業を支援

千葉銀行が2011年6月に、「がんばろう千葉 観光応援定期預金」を発売する予定とのこと。

(ニュース記事)
・千葉県の観光を応援! 千葉銀行、「がんばろう千葉 観光応援定期預金」開始 | ライフ | マイコミジャーナル
 http://journal.mycom.co.jp/news/2011/05/27/073/

(千葉銀行のサイト内ページ)
・「がんばろう千葉 観光応援定期預金」の取扱開始および当行役職員への県内観光促進策の実施について│千葉銀行
 http://www.chibabank.co.jp/news/kojin/2011/0526_01/
・「がんばろう千葉 観光応援定期預金」の商品内容
 http://www.chibabank.co.jp/news/kojin/2011/0526_01/product/

上記URL先ページによると、この預金の概要は、

・背景・目的:
 ・千葉銀行は、千葉県が展開するキャンペーン「がんばろう千葉」に参加しており、復興支援に向けた様々な取組みを行っている。
 ・千葉県の観光産業は、東日本大震災により、売上減少などの影響を受けている。
  今回の定期預金では、観光産業を応援する狙いがある。
・対象顧客:個人(※個人事業主・任意団体除く)
・対象預金:1年もののスーパー定期・スーパー定期300
・預入金額:10万円以1,000万円未満
・金利:
 店頭表示金利に0.05%を上乗せする。
・その他の特典:
 預入額10万円につき、抽選券1口を付与。(6月末が基準日)
 抽選で100200名に「県内宿泊施設限定ペア宿泊券」をプレゼントする。
 ・宿泊地:千葉県内の全域(銚子、鴨川、木更津など)を予定。
 ・抽選実施時期:2011年7月
・販売期間:2011年6月1日〜30日1ヶ月の限定販売)
・募集上限額:無し

等となっています。


昨年の「ちば観光定期預金」よりも、正直プレゼント内容はスケールダウンしている感がありますが、やはり東日本大震災による経済への影響が及んでいる、ということなんでしょうか。

とはいえ地元産業を応援するという趣旨、またプレゼント商品には、千葉県在住ではない私としても小さからぬ魅力を感じるものです。


※参考サイト・ページ
・[1]千葉銀行|個人のお客さま
 http://www.chibabank.co.jp/


※当ブログの関連記事:
千葉銀行が2010年6月に、「ちば観光定期預金」を発売予定(2010年06月11日)

千葉銀行が、定期預金金利を上乗せする「資産運用応援プラン」を実施(2008年11月28日)
千葉銀行が「定期預金特別金利キャンペーン」を実施(2008年12月12日)
千葉銀行が、シチュー皿等をプレゼントする「冬のグッド・スマイルキャンペーン」を実施(2009年12月02日)
2011年05月25日

住信SBIネット銀行が、「SBIハイブリッド預金の金利上乗せ」の実施期間を2011年7月3日までに延長

住信SBIネット銀行」が、「100万口座達成 ありがとうキャンペーン」の特典の1つ「SBIハイブリッド預金の金利上乗せ」について、好評のため実施期間を延長するとのこと。

(ニュース記事)
・「100万口座達成 ありがとうキャンペーン」SBIハイブリッド預金の金利上乗せ期間延長のお知らせ | 住信SBIネット銀行株式会社
 http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000201.000000521.html

(住信SBIネット銀行の発表資料)
・「100万口座達成 ありがとうキャンペーン」SBIハイブリッド預金の金利上乗せ期間延長のお知らせ|住信SBIネット銀行
 https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/corp_news_20110524

上記URL先ページによると、延長後のキャンペーン実施期間は2011年4月25日〜7月3日となっています。(従来予定は5月24日まで)

また、適用金利は「SBIハイブリッド預金」の通常金利に年0.01%を上乗せとなっていますが、2011年5月24日時点の適用金利は年0.12%とのことです。


当記事の作成時点(5月25日)では、SBIハイブリッド預金の金利[2]は0.12%だったので、キャンペーン適用後は0.13%となり、普通預金としては破格の利率だと感じます。

0.01%の上乗せ利率自体は小さいですが、元の預金金利がかなり高いため、普通預金としての魅力が高く人気を得ている、ということでしょうか。


※参考サイト・ページ
・[1]住信SBIネット銀行
 https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i010002CT
・[2]金利のご案内 - 円預金|住信SBIネット銀行
 https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i300301CT


※当ブログの関連記事:
住信SBIネット銀行が「100万口座達成 ありがとうキャンペーン」で、円普通預金の金利に1ヶ月間0.01%を上乗せ(2011年03月01日)
2011年05月14日

「大和ネクスト銀行」が顧客向け営業を開始、普通預金0.2%・定期預金(1ヶ月〜1年)0.2〜0.4%のキャンペーン金利を適用

大和証券グループ子会社のインターネット銀行「大和ネクスト銀行」が、5月13日顧客向け営業を開始したとのこと。

(ニュース記事)
・「大和ネクスト銀行」が営業開始 大和証券G本社のネット銀 - MSN産経ニュース
 http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110513/fnc11051311390010-n1.htm
・年利0.2%、ネットバンクの新顔「大和ネクスト銀行」が営業開始 - デジタル・トゥディ(Digital Today)
 http://dt.business.nifty.com/articles/3465.html

(各社のサイト内ページ)
・開業記念キャンペーン金利 & ネットで銀行口座開設キャンペーン(大和証券)
 http://www.daiwa.jp/campaign/1105dnb/
・開業記念キャンペーン - キャンペーン | 大和ネクスト銀行
 http://www.bank-daiwa.co.jp/campaign/open/

上記URL先ページによると、今回同行はキャンペーンを実施しており、その概要は、

・対象顧客:個人
・預入額:10万円〜(上限無し)
・適用金利(2011年05月14日現在):
 ・普通預金0.2
 ・定期預金
  ・1ヶ月もの:0.20
  ・3ヶ月もの:0.25
  ・6ヶ月もの:0.30
  ・1年もの:0.40
・その他:
 大和證券のウェブサイト経由で口座を開設した場合、抽選で
 ・iPod nano 16GB:100
 ・ダイワポイントプログラム」の交換ポイント1,000円相当(1,000ポイント):1,000
 をプレゼントする。
・期間:2011年8月31日まで

等となっています。
(※口座開設は、大和証券窓口でも受け付けるとのこと)

ちなみに同行は今後、

1年間:6,000億
3年後:1兆1,000億

の預金残高を目標としているそうです。


あくまでオープン時のキャンペーンということで、短期間の設定だとは思いますが、それでも普通預金で0.2%という利率は破格であり、やはりインパクトは強いと感じます。
(普通預金の場合、適用はあくまでキャンペーン期間内であり、また期間内でも変更される場合もあるとは思いますが)

大和ネクスト銀行のウェブサイト[1]自体からは、(流石に証券会社の子会社であるためか)かなり落ち着いた印象を受けますが、果たして今度どのようにキャンペーンを展開していくのか、注目したいところです。


※参考
・[1]大和証券
 http://www.daiwa.jp/
・[2]大和ネクスト銀行
 http://www.bank-daiwa.co.jp/


※当ブログの関連記事:
大和証券グループが2011年5月に、ネット専業の「大和ネクスト銀行」を開業予定(04/05)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。