金利が高い銀行を調べてみる。


(スポンサード リンク)
2011年10月27日

広島銀行が2011年11月に「円貨定期預金 特別金利キャンペーン〈ひろぎん〉秋・冬の資産彩りフェア」を開始予定、金利は年0.3%

広島銀行」が2011年11月に、「円貨定期預金 特別金利キャンペーン〈ひろぎん〉秋・冬の資産彩りフェア」を開始する予定とのこと。

(ニュース記事)
・広島銀行、11月1日から『円貨定期預金 特別金利キャンペーン』(マイコミジャーナル)
 http://journal.mycom.co.jp/news/2011/10/25/032/

(広島銀行のサイト内ページ)
・『円貨定期預金 特別金利キャンペーン〈ひろぎん〉秋・冬の資産彩りフェア』の実施について
 http://www.hirogin.co.jp/ir/news/paper/news111021.html

上記URL先ページによると、今回のキャンペーンの概要は、

・対象顧客:個人
・対象預金:円貨定期預金〈スーパー定期・スーパー定期300〉
・預入期間:1年(※満期時は自動継続扱い)
・預入額:110万円以上(1円単位)。
・金利:0.3%(※初回満期日までのみの適用)
・優遇金利の適用条件:
 以下の(1)(2)のいずれかに該当すること。
 (1)2011年10月1日以降に広島銀行以外から持込み(振込)した資金の、10万円以上の預入れ
 (2)対象定期預金の預入れと同時に、下記いずれかの条件を満たすこと。
  ・積立投資信託の新規契約
  ・ダイレクトバンキングサービスの新規申込み
  ・「バリューワン」または「〈ひろぎん〉PASPY」の新規申込み
  ・預入れ時点で、上記3点を全て契約している。
・申込:店頭のみでの受付。
・取扱期間:2011年11月1日〜2011年12月30日

等となっています。


優遇金利が0.3%とあまり高くないのが残念ではありますが、金利の適用条件を幅広く用意している点は、定期預金のキャンペーンとしてはユニークだと感じます。


※参考サイト・ページ
・[1]広島銀行
 http://www.hirogin.co.jp/index.html


※当ブログの関連記事:
広島銀行が、広島カープのリーグ順位と主催試合の観客動員数に応じ、金利を上乗せする定期預金を発売(2010年02月21日)
広島銀行が<ひろぎん>満期日繰上特約付定期預金「プレミアム・プラス」の第160回募集を開始(2011年08月21日)
2011年10月24日

伊予銀行と愛媛銀行が、スーパー定期(300万円未満、1年もの)の金利を年0.025%に引下げ、過去最低を更新とのこと

下記URL先ページでは、愛媛県内の金融機関の預金金利下がり続けている状況が紹介されています。

(ニュース記事)
・県内預金金利じわり下落 定期は最低水準(愛媛新聞)
 http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20111023/news20111023577.html

記事によると、この金利低下はリーマンショック(2008年9月)以降に続いているもの。

伊予銀行」「愛媛銀行」の2行は10月22日までに、定期預金金利0.005〜0.05%引き下げを行い、スーパー定期300万円未満、1年もの)の金利は年0.025%(2008年9月時点では0.35%)となり、過去最低を更新しているとのことです。


1年ものスーパー定期の金利については、中国地方でも年利0.025%が多数となっている旨が報じられていましたが、これは残念ながら全国共通の傾向、ということでしょうか。

とりあえず現状では、通常の預金金利への期待は諦め、各金融機関が実施する金利優遇キャンペーンに期待するしかない、と感じます。


※参考サイト・ページ
・[1]伊予銀行
 http://www.iyobank.co.jp/
・[2]愛媛銀行
 http://www.himegin.co.jp/


※当ブログの関連記事:
中国地方の地場銀行が定期預金金利を引下げ、1年もの・300万円未満で年利0.025%が多数(2011/10/11)

「愛媛銀行」が「愛媛マンダリンパイレーツ応援定期預金2010」を発売、リーグ優勝で金利引上げ(2010/4/18)

伊予銀行が定期預金金利を0.1%上乗せするキャンペーンを開始(2010/2/28)
伊予銀行が「学生専用普通預金」を発売予定、顧客の早期囲い込みを狙う(2010/12/11)
2011年10月20日

静岡銀行がインターネット支店限定の「プレミアム金利」キャンペーンを開始、年利0.7%

静岡銀行」が、インターネット支店限定「プレミアム金利」キャンペーンを開始したとのこと。

(ニュース記事)
・静岡銀行 インターネット支店限定 『プレミアム金利』キャンペーン (PR TIMES)
 http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000004096.html
・静岡銀行ネット支店が期間限定で、金利「年0.7%」の1年定期預金の募集を開始(japan.internet.com)
 http://japan.internet.com/busnews/20111019/5.html

(静岡銀行のサイト内ページ)
・インターネット支店限定!『プレミアム金利』キャンペーン実施のお知らせ
 http://shizugin.net/whats-new/detail.php?id=104
・円貨定期預金
 http://shizugin.net/service/yen-currency/fixed-deposit/index.html

上記URL先ページによると、今回のキャンペーンの概要は、

・対象顧客:個人
・対象預金:スーパー定期1年もの新規の口座開設・預入)
 ※キャンペーン期間中に自動継続された預金は対象外
 ※新規の口座開設には、2週間ほどかかるとのこと。
・預入額:1万円から
・金利:年0.7%(※通常金利は年0.125%)
・募集総額:1,000億
・実施期間:2011年10月11日〜2012年3月30日

等となっています。


流石に1%には届かないものの、現在の低金利状況において、円定期預金で年利0.7%という設定は、非常に魅力が大きいと感じます。

月並みですが、各種経費を節約できるインターネットバンキング限定だから可能になった金利、ということなんでしょうか?
(キャンペーン適用を新規開設口座に限る、ということもあると思われますが)


※参考サイト・ページ
・[1]静岡銀行
 http://shizugin.net/index.html


※当ブログの関連記事:
「静岡銀行」がインターネット支店限定で、円定期預金の金利優遇キャンペーン(0.3〜0.4%上乗せ)を実施(011年06月09日)
2011年10月18日

高知銀行が「こうぎんくじら定期X」を発売、1年もので金利は0.25%

高知銀行が、キャンペーン定期預金「こうぎんくじら定期X」を発売したとのこと。

(ニュース記事)
・高知銀行がキャンペーン定期預金『こうぎんくじら定期X』、金利は年0.25%(マイコミジャーナル)
 http://journal.mycom.co.jp/news/2011/10/18/081/

(高知銀行のサイト掲載資料)
・「こうぎんくじら定期X」の発売について
 http://www.kochi-bank.co.jp/pdf/news_whaleteiki5_111014.pdf

上記URL先ページによると、今回の商品の概要は、

・商品名:「自由金利定期預金(スーパー定期預金1年もの<単利型>・自動継続)
 (※愛称は「こうぎんくじら定期X」)
・対象顧客:個人
・預入金額:100円以上1,000万円以下(1円単位)
 ※原則として、新規預入に限る。
 ※ATMでは預入不可。
・金利:年0.25%(※初回満期日までのみの適用)
・募集総額:300億
・販売期間:2011年10月17日〜2012年1月31日

等となっています。


先日には中国地方の地場銀行について、多くの金融機関で、1年ものスーパー定期の金利は0.025%と報じられていたばかりで、地域は異なるとはいえ今回のキャンペーン定期の金利はその10倍と考えると、銀行側がかなり意欲的な商品提供を行っていることが伺えます。


※参考サイト・ページ
・[1]高知銀行
 http://www.kochi-bank.co.jp/


※当ブログの関連記事:
高知銀行が「志国高知 龍馬ふるさと博応援定期」を発売、金利は年0.32%(2011年07月26日)
2011年10月11日

中国地方の地場銀行が定期預金金利を引下げ、1年もの・300万円未満で年利0.025%が多数

下記URL先ページでは、中国地方地場銀行(9行)における、定期預金金利引下げ傾向が解説されています。

(ニュース記事)
・定期預金金利3年で10分の1(中国新聞)
 http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201110110011.html

具体的には、

・各銀行の動向:
 ・「広島銀行」「中国銀行」「山陰合同銀行」など6行:
  2011年9〜10月にかけて、定期預金金利の引き下げを行った。
  スーパー定期(1年もの・300万円未満)では、年利0.025%(従来より0.005%ダウン)としている。
 ・「山口銀行」など他の3行:
  現在、金利の引き下げを検討中

・定期預金金利の推移:
 地場銀行のスーパー定期1年もの・300万円未満)の金利(3年前は0.3%前後)は段階的に下落しており、普通預金との差は多くの銀行で0.005%となっている。

等の状況、また

(ある地場銀行)
・「(普通預金と1年もの定期は)過去10年で最も金利差が小さい」

(広島銀行)
・「市場金利がじわじわと下がり続けている」

とのコメントが紹介されています。


1年もの定期預金での利率0.025%への引下げは、トマト銀行も先日発表済み[1]ですが、1年ものでも0.1%に程遠い状況は、非常に残念です。

その点では、例えば楽天銀行は1年もの定期(1,000万円未満)で0.16〜0.17%[2](※2011/10/11現在)となっており、やはりネット専業銀行が金利では有利な条件を持っていることを、改めて感じます。


※参考サイト・ページ
・[1]預金金利の一部引き下げについて(トマト銀行)
 http://www.tomatobank.co.jp/investor/press/2011/news_20111006-3.pdf
・[2]預金金利:個人口座(楽天銀行)
 http://www.rakuten-bank.co.jp/interest/details.html#anchor-01
2011年10月02日

トマト銀行が2011年10〜11月に「トマト・サンクスキャンペーン」を実施予定、1・3年もの定期預金の店頭金利に0.25%を上乗せ

トマト銀行」が2011年10月に、定期預金の金利を上乗せする「トマト・サンクスキャンペーン」を開始する予定とのこと。

(ニュース記事)
・トマト銀行、創立80周年記念の「トマト・サンクスキャンペーン」を実施(日経プレスリリース)
 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=292862&lindID=3

(トマト銀行のサイト掲載資料)
・トマト銀行創立80周年記念「トマト・サンクスキャンペーン」の実施について
 http://www.tomatobank.co.jp/investor/press/2011/news_20110929-4.pdf

上記URL先ページによると、今回のキャンペーンの概要は、

・対象顧客:法人・個人
・対象商品:スーパー定期スーパー定期300(※通帳式(総合口座・一般通帳式)のみ)
・預入金額:30万円以上(※新規預け入れのみ)
・預入期間:1年・3年(自動継続方式)
・金利:
 店頭表示金利に年0.25%を上乗せする。(※初回の預入期間のみ)
・受付:取扱店(本支店58店(ももたろう支店を除く))の窓口のみ
・取扱期間:2011年10月3日〜11月30日

等となっています。


受付が店舗の窓口のみ(ネットバンキング等は不可)、というのがちょっと残念ですが、銀行側としては直接顔を会わせることで、80周年を機会に顧客との繋がりを強化したい狙いもあるのでは・・・と想像します。


※参考サイト・ページ
・[1]トマト銀行
 http://www.tomatobank.co.jp/


※当ブログの関連記事:
トマト銀行が、社名変更20周年記念の定期金利優遇キャンペーン等を実施(2009年03月31日)
トマト銀行が「ファジアーノ岡山応援定期預金」を発売(2008年12月02日)
トマト銀行が、夏のボーナスシーズン向けの「トマト・サマーキャンペーン」を実施(2009年05月28日)
トマト銀行が、ATMとネットバンキングでの申し込み限定の「トマト ECO(エコ) 定期預金」を発売(2009年09月26日)
トマト銀行がネット店舗「ももたろう支店」を開設、金利優遇キャンペーンも実施予定(2010年03月14日)
トマト銀行がネット支店「ももたろう支店」開設で、定期預金の特別金利キャンペーンを実施(2010年03月24日)
トマト銀行が、定期預金金利を優遇する「トマト・爽風(さわやか)キャンペーン」を実施(2010年04月30日)
トマト銀行が、岡山市内限定で「心豊かな岡山っ子応援定期預金」を発売中、市の絵本寄付事業に協力(2010年07月09日)
トマト銀行が2010年冬のボーナスシーズン向けに、定期預金金利の優遇キャンペーン2種を実施(2010年11月30日)
トマト銀行、東日本大震災の復興応援定期預金「がんばろう日本! みんなの気持ち」を発売(2011年04月05日)
トマト銀行の2011年「トマト・サマーキャンペーン」は、「トマト・サマーキャンペーン」(1年・3年もので年0.25%上乗せ)と「トマトdeスクラッチチャンス!」(くじ当選で1年ものに年0.80%・外れで0.30%上乗せ)の2種類(2011年06月18日)
トマト銀行が2011年9月に第3回「トマトECO定期預金」を発売、金利は0.1%上乗せ(2011年09月06日)
2011年10月01日

千葉興業銀行が2011年10月に「<60周年記念定期預金>ハッピーコレクト」を発売予定、金利は年0.06%

千葉興業銀行」が創立60周年記念商品の第1弾として、2011年10月に「<60周年記念定期預金>ハッピーコレクト」を発売する予定とのこと。

(ニュース記事)
・"60周年"にちなみ特別金利年0.06%、千葉興銀が定期預金『ハッピーコレクト』(マイコミジャーナル)
 http://journal.mycom.co.jp/news/2011/09/30/018/

(千葉興業銀行のサイト内ページ)
・「<60周年記念定期預金>ハッピーコレクト」を発売!(販売期間:平成23年10月3日(月)〜平成24年2月29日(水))
 http://www.chibakogyo-bank.co.jp/toushi/topics/main_01.html?topic_id=672

上記URL先ページによると、商品の概要は、

・預入金額:10万円以上1,000万円未満
 (・現金
  ・普通預金または貯蓄預金からの振替え
  のいずれかによる)
・預入期間:1年(自動継続のみ)
・金利:年0.06%(「60周年」にちなんだ数字)
・その他の特典:
 月毎に違うデザイン(全5種類)のオリジナル「マリーンズプレート」を、毎月先着6,000人にプレゼントする。
・取扱期間:2011年10月3日〜2012年2月29日

等となっています。


60周年記念の定期預金の金利が0.06%というのは、正直かなり低いと感じざるを得ませんが、これが現在の合理的な利率の限界、ということなんでしょうか。
(例えば約3年前には普通預金でも0.20%以上だったことを考えると、何とも溜息しか出ない)

とはいえその分、千葉ロッテマリーンズのグッズをプレゼントとして用意している点には、やはり地元の金融機関としての配慮が感じられ、魅力があります。


※参考サイト・ページ
・[1]ちば興銀
 http://www.chibakogyo-bank.co.jp/