金利が高い銀行を調べてみる。


(スポンサード リンク)
2012年10月28日

住信SBIネット銀行が南アフリカランド定期預金での特別金利キャンペーンを実施予定、3ヶ月もので年4.50%

住信SBIネット銀行2012年10月末に、南アフリカランド定期預金での特別金利適用キャンペーンを開始する予定とのことです。

(ニュース記事)
・「南アフリカランド定期預金 特別金利キャンペーン」 実施のお知らせ(PR TIMES)
 http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000345.000000521.html

(住信SBIネット銀行のサイト内ページ)
・「南アフリカランド定期預金 特別金利キャンペーン」実施のお知らせ
 https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/corp_news_20121026_1

上記URL先ページによると、キャンペーンの概要は下記の通り。

・対象顧客:
 ・満20歳以上の個人
 ・法人
・対象商品:南アフリカランド定期預金(3ヶ月もの)
・適用金利:年4.50%(税引後3.58%)
 ※10月26日時点の金利は年3.55%(税引後年2.82%、10万南アランド以上)
・実施期間:2012年10月29日〜12月23日(預入れ手続き完了分まで)


先に開始されている豪ドル定期預金のキャンペーンでの適用金利は年4.0%ですが、リスクが高い外貨の預金ではこの水準が妥当、ということでしょうか。

住信SBIネット銀行のサイト内での解説[1]によると、近年の南アは以前より経済・為替レートも安定してきているようで、その意味ではランド定期預金の魅力は増しているのでは、と考えます


※参考サイト:
・[1]カントリーレポート - 南アフリカ共和国(住信SBIネット銀行)
 https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/gaika_creport_zar_1103


※関連記事:
住信SBIネット銀行の「豪ドル定期預金 特別金利キャンペーン」は、2ヶ月ものに年3.5%(税引後2.80%)を適用(2012年08月04日)
住信SBIネット銀行の2012年9〜11月の「豪ドル定期預金 特別金利キャンペーン」は、3ヶ月ものに年4.0%を適用 (2012年09月08日)

武蔵野銀行が2012年11月に「むさしの〈パック・ワン〉金利上乗せキャンペーン」を開始予定、年2.0%または4.0%を上乗せ

武蔵野銀行」が2012年11月に、「むさしの〈パック・ワン〉金利上乗せキャンペーン」を開始する予定とのことです。

(ニュース記事)
・武蔵野銀行、「むさしの〈パック・ワン〉金利上乗せキャンペーン」を11月1日から実施(日本経済新聞)
 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=322660&lindID=3

上記URL先ページによると「むさしの〈パック・ワン〉」は、

株式投資信託
外貨定期預金

同時に預け入れた円定期預金について、店頭金利への上乗せを行う商品で、今回のキャンペーンの概要は下記の通り。

・対象顧客:個人(個人事業主を含む)

・プランの種類:
 ・「スタンダードプラン」:
  ・預入額:30万円以上1,000万円未満
  ・上乗せ期間:6ヶ月
  ・上乗せ金利:年2.0%(※通常は年1.0%)
 ・「スペシャルプラン
  ・預入額:1,000万円以上
  ・上乗せ期間:3ヶ月
  ・上乗せ金利:年4.0%(※通常は年2.0%)
 (※円定期預金の預入額は、同時に購入・預入する株式投資信託・外貨定期預金金額以内。)

・実施期間:2012年11月1日〜2013年1月31日
・取扱店舗:全営業店と出張所(93店)
 ※店頭のみでの取扱い。


同内容のキャンペーンは今年7月〜10月にも行われていましたが、今回は約1ヶ月を置いての再キャンペーンということで、(短期とはいえ)やはり年2%または4%という破格の金利上乗せ分が人気を得ている、ということでしょうか。


※関連記事:
武蔵野銀行が「むさしの〈パック・ワン〉金利上乗せキャンペーン」で、「スタンダードプラン」は円定期預金に2.0%を6ヶ月、「スペシャルプラン」は4.0%を3ヶ月上乗せ(2012年06月30日)
2012年10月19日

伊予銀行がインターネット支店「いよぎんダイレクト」をリニューアル、当初は同支店専用の定期預金・積金で年0.2%を上乗せ

伊予銀行」が2012年10月15日に、インターネット支店「いよぎんダイレクト」をリニューアルしたとのことです。

(ニュース記事)
・伊予銀行、定期預金の口座開設がネット上で可能「インターネット支店」を開設(マイナビニュース)
 http://news.mynavi.jp/news/2012/10/18/155/

(伊予銀行のサイト内ページ)
・『いよぎんダイレクト』がリニューアルしました!
 https://www.iyobank.co.jp/direct_new/osirase/renew1.html

上記URL先ページによると、今回は利用時間や手数料、セキュリティ等の大幅改善を実施。

また、インターネット支店専用定期預金・積立定期預金で、支店開設当初には店頭表示金利に年0.2%が上乗せされるとのことです。


実店舗が無いネット支店での金利優遇はもう定番ではありますが、この低金利状況で0.2%の上乗せには、改めて大きな魅力を感じます。

また最近は、地方銀行のネット支店で高金利な定期預金の発売が相次いでいますが、「いよぎんダイレクト」でも同様に、地元以外の顧客を惹きつけるような魅力あるキャンペーン商品が発売されることになるのか、今後に注目・期待したいところです。


※関連記事:
地方銀行の高金利定期預金を多数紹介している「@DIME」「ZAI ONLINE」の記事(2012年06月11日)
2012年10月17日

横浜銀行が公的年金を受け取っている顧客向けに、3ヶ月もの定期預金で特別金利(年0.35%)を適用するキャンペーンを開始

横浜銀行」が2012年10月15日に、公的年金を受け取っている顧客向けに、定期預金での特別金利適用キャンペーンを開始したとのことです。

(ニュース記事)
・横浜銀行、定期預金の期間限定金利キャンペーンを実施(日経プレスリリース)
 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=321673&lindID=3

(横浜銀行のサイト掲載資料)
・「スーパー定期特別金利キャンペーン」実施中!
 http://www.boy.co.jp/campaign/2012/teiki/campTeiki.pdf

上記URL先ページによると、キャンペーンの概要は下記の通り。

・対象顧客:個人
・条件:
 公的年金(国民年金(基礎年金)、厚生年金、共済年金)の受取口座を、横浜銀行に指定していること。(新規指定も含む)
・預入額:100万円以上1,000万円以下
・預入期間:3ヶ月(自動継続のみ)
・適用金利:年0.35%(税引後年0.2788975%)
・取扱期間:2012年10月15日〜11月30日


金利は正直地味ですが、このタイプによくある、目を引くために数ヶ月の短期のみ派手な金利(年利1%超)を適用する商品に比べると、逆に堅実な印象も受けます。

とはいえ、0.1%超が大口定期の7年ものまで無いという、通常金利が軒並み低い状況は、定期預金利用の意欲を削ぐことにつながるのでは、とも感じざるを得ません。(尤もこれは、横浜銀行に限ったことではありませんが)


※参考サイト:
・[1]預金商品利率一覧(横浜銀行)
 


※関連記事:
横浜銀行が、3ヶ月ものの円定期預金に期間限定金利(0.35%)を適用(2010年07月09日)
2012年10月16日

浜松信用金庫が相続金専用の定期預金「つなぐ想い」を発売、6ヶ月もので年利1.0%

浜松信用金庫」が、相続金専用定期預金つなぐ想い」を発売したとのことです。

(ニュース記事)
・浜松信金、相続資金で預金優遇(日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXNASDF1000M_R11C12A0NN7000/

(浜松信用金庫のサイト掲載資料)
・つなぐ想い 相続定期預金
 http://www.hamamatsu-shinkin.jp/topics/pdf/souzoku_web2.pdf

上記URL先ページによると、商品の概要は下記の通り。

・対象顧客:個人
・適用条件:
 相続発生から1年以内に、相続による取得資金を原資として預け入れること。
・預入額:100万円以上1円単位(相続で取得した金額の範囲内)
・預入期間:6ヶ月(自動継続)
 ※初回満期日までのみの適用。
・金利:年1.0%(税引き後0.80%)
・取扱期間:2012年10月1日〜2013年3月29日


お金の出どころを考えると、相続金を対象とする預金商品には、個人的に正直少なからず違和感を感じますが、その点で今回の定期預金では、商品名が好印象で良く配慮されていると感じます。

年利も半年限定とはいえ1.0%と破格で、相続金を生かす有効な運用方法の一つとなるのでは無いでしょうか。


※関連記事:
静岡中央銀行・名古屋銀行・大垣共立銀行が「相続定期預金」を販売中、高齢化が背景(2012年09月27日)
2012年10月14日

西京銀行が「まるごと!山口」定期預金を発売、1年物で年利0.18%、また県産品カタログギフトの抽選プレゼントもあり

西京銀行」が、預金者に抽選でカタログギフトをプレゼントする「まるごと!山口定期預金を発売したとのことです。

(ニュース記事)
・西京銀:県産農産物など当たる定期預金 /山口(毎日新聞)
 http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20121013ddlk35020352000c.html

上記URL先ページによると、預金商品の概要は下記の通り。

・対象顧客:個人
・預金額:1,000万円まで
・預け入れ期間:1年以上
・金利:年0.18%(税引き前)
・プレゼント:
 ・抽選権:預金額100万円で1口。
 ・抽選の条件:
  2012年11月30日までに新規で預け入れること。
  抽選日(2013年2月1日)の前に解約した場合、対象外となる。
 ・景品・当選人数:
  下記の金額相当のカタログギフトが当たる。
  ・1万500円:10
  ・5,250円:20
  ・3,150円:70
  (※カタログギフトの品目は、
    ・牛・豚肉
    ・フグ
    ・イカ
    ・日本酒
    ・お茶
    など、山口県産農水産・加工物

ただし現時点では、西京銀行のサイトに、この商品に関する情報は掲載されていませんでした。


カタログギフトの抽選権には預金額が100万円以上必要(これが最低預入額?)、というのはハードルが高いですが、金利は0.18%と、現在の1年もの定期預金の平均(0.035%)[2]と比べると破格の高さであり、単に預金商品としてもかなりの魅力を持っているのでは、と考えます。


※参考サイト:
・[1]西京銀行
 http://www.saikyobank.co.jp/
・[2]スーパー定期300万未満:全国 更新日時 : 2012年10月09日(Yahoo!ファイナンス)
 http://money.yahoo.co.jp/rate/supersmall/area1_20121009.html


※関連記事:
西京銀行が、山口国体の支援のため「おいでませ!山口国体・山口大会応援定期」を発売(2009年10月10日)
西京銀行が2012年初めに「巌流定期」を発売予定、金利は「巌流島の決闘」400周年にちなみ0.4%(2011年12月30日)
2012年10月13日

のと共栄信金・興能信金・はくい農協が、「能登空港応援」の預金キャンペーン(金利優遇、懸賞で航空券などをプレゼント)を開始予定

のと共栄信用金庫
興能信用金庫
はくい農協

の3金融機関が、2012年10月に「能登空港応援」の預金キャンペーンを開始するとのことです。

(ニュース記事)
・懸賞に航空券 能登空港応援で定期預金(北國新聞)
 http://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20121013303.htm

上記URL先ページによると、キャンペーンの概要は下記の通り。

・背景・目的:
 能登空港での能登‐羽田便の搭乗率は、2012年9月末時点で66.7%に留まっている。
 今回は同空港の利用機運を高めるために、金融機関から商品企画を募集し、3機関が選定された。
 (能登空港が、懸賞品経費などを助成)

・各金融機関のキャンペーン:
 対象商品は、6ヶ月ものの定期預金・積金とのこと。
 ・のと共栄信金
  ・金利:店頭金利の6倍を適用。
  ・懸賞:乗り継ぎ往復券などを用意。
  ・取扱い期間:2012年10月15日〜12月28日
 ・興能信用金庫
  ・金利:店頭金利の2倍を適用。
  ・懸賞:
   往復航空券+東京ディズニーリゾート1日券を用意。
  ・取扱い期間:2012年10月15日〜12月28日
 ・はくい農協
  ・懸賞:
   都内ホテルの宿泊付き往復航空券などを用意。
  ・取扱い期間:2012年10月22日〜12月28日

ただし現時点では、能登空港や各金融機関のサイトに、このキャンペーンに関する情報は掲載されていませんでした。


地元の空港を応援するための預金キャンペーンというのは、かなり珍しいケースだと思いますが、金利優遇に航空券などが当たる懸賞と、十分に利用者を増やすきっかけになる内容では、と感じるので、ユニークな地域振興策として果たしてどのような効果を生むのか、今後の発表・報道にも期待したいところです。


※参考サイト:
・[1]能登空港
 http://www.noto-airport.jp/notosypher/www/index.jsp
・[2]のと共栄信用金庫
 http://www.notoshin.co.jp/
・[3]興能信用金庫
 http://www.kono-shinkin.co.jp/
・[4]JAはくい
 http://www.is-ja.jp/hakui/
2012年10月11日

じぶん銀行が2012年10月も、円普通預金から外貨定期預金への預入れが対象の「3ヵ月もの金利優遇キャンペーン」を開始

じぶん銀行」が2012年10月9日に、円普通預金から外貨定期預金への預入れを対象とする「3ヵ月もの金利優遇キャンペーン」を開始したとのことです。

(ニュース記事)
・じぶん銀行、円普通預金から3カ月もの外貨定期預金への預入れで金利アップ(マイナビニュース)
 http://news.mynavi.jp/news/2012/10/10/103/

(じぶん銀行のサイト内ページ)
・<円→外貨定期限定!>3ヶ月もの外貨定期預金 金利アップキャンペーン
 http://www.jibunbank.co.jp/pc/campaign/20121009_foreign_deposit/

上記URL先ページによると、今回のキャンペーンの概要は下記の通り。

・適用期間:2012年10月9日〜2013年1月12日
 ※中国元定期預金への預入れは、2013年1月11日まで

・条件:キャンペーン期間中に、円普通預金から外貨定期預金3ヶ月もの)に預入れること。

・対象商品と適用金利:
 ・米ドル定期:
  ・1万米ドル未満(10月8日時点では0.06%):1.0%(※税引き後0.79%)
  ・1万米ドル以上(同0.07%):1.5%(※同1.19%)
 ・ユーロ定期:
  ・1万ユーロ未満(10月8日時点では0.01%):1.0%(※税引き後0.79%)
  ・1万ユーロ以上(同0.02%):1.5%(※同1.19%)
 ・豪ドル定期:
  ・1万豪ドル未満(10月8日時点では1.65%):3.0%(※税引き後2.39%)
  ・1万豪ドル以上(同1.70%):3.5%(※同2.78%)
 ・中国元定期:
  ・10万中国元未満(10月8日時点では0.20%):2.0%(※税引き後1.59%)
  ・10万中国元以上(同0.25%):2.5%(※同1.99%)


前回(7月〜9月)から殆ど間を置かずに、ほぼ同内容のキャンペーンの再実施ということで、利用の好調さが想像されます。

また今回は、中国元が新たに追加されており、日中関係の悪化がある中でも、新たな資金運用先としてどれだけ預金を獲得できるのかが、気になるところです。


※関連記事:
じぶん銀行が「円→外貨定期限定! 3ヶ月もの外貨定期預金 金利アップキャンペーン」を開始、金利は米ドル・ユーロで1.0%または1.5%、豪ドルで3.0%または4.5%(2012年07月20日)
2012年10月04日

じぶん銀行が新規顧客対象の「デビュー応援キャンペーン」を開始、3ヶ月もの円定期に年0.25%を上乗せ、また円普通預金に50万円以上入金で500円をプレゼント

じぶん銀行」が2012年10月に、新規顧客を対象とする「デビュー応援キャンペーン」を開始したとのこと。

(ニュース記事)
・円定期預金の金利0.25%上乗せ じぶん銀行が「デビュー応援キャンペーン」(マイナビニュース)
 http://www.j-cast.com/mono/2012/10/03148753.html
・じぶん銀行、新規口座開設者に円定期預金の金利優遇などを行うキャンペーンを開始(インターネットコム)
 http://japan.internet.com/wmnews/20121003/4.html

(自分銀行のサイト内ページ)
・10月より新規のお客さま限定の優遇キャンペーンが始まります
 http://www.jibunbank.co.jp/pc/announcement/detail/info_20120928.html

上記URL先ページによると、キャンペーンの概要は

・対象者:
 キャンペーン期間内に、円普通預金口座開設した顧客。
・特典:
 ・円定期預金金利優遇
  3ヶ月もの円定期預金の通常金利(現在は年0.3%)に、0.25%を上乗せする。
 ・外貨預金への入金の手数料優遇
  円普通預金から入金した
  ・外貨普通預金
  ・外貨定期預金
  の為替手数料相当額を、キャッシュバックする。
  (※為替手数料は、
    ・1米ドル/1ユーロあたり25
    ・1豪ドルあたり50
    ・1中国元あたり40銭)
 ・入金手数料のサポート:
  50万円以上を、
  ・他の金融機関
  ・提携ATM
  から円普通預金口座に入金した場合、現金500円をプレゼントする。
  (※期間中1回のみ)
・実施期間:2012月10月1日〜11月30日

等となっています。


円定期預金の金利優遇は3ヶ月もののみ、というのはちょっと残念ですが、現在のところ通常金利自体が高いので、新規ユーザーにとっては継続利用の魅力も充分に高いのでは、と考えます。

また、円普通預金へ50万円以上の入金でのキャッシュバックも魅力であり、新規顧客の獲得に向けた銀行側の意欲が強く感じられます。
2012年10月03日

池田泉州銀行が、特産品「水なす漬」を定期的にプレゼントする預金商品「水なす定期便」を発売予定

池田泉州銀行」が2012年10月1日に、大阪・泉州の特産品「水なす漬」を定期的にプレゼントする預金商品「水なす定期便」の発売予定を発表したとのこと。

(ニュース記事)
・ボーナスにナスをプレゼント=池田泉州銀の新定期預金(時事ドットコム)
 http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2012100100648
・預金額に応じて「ぼーナス」 池田泉州銀行の新商品(朝日新聞)
 http://www.asahi.com/business/update/1001/OSK201210010162.html

(池田泉州銀行のサイト掲載資料)
・地域ブランド応援定期預金「水なす定期便」の発売について
 〜産業振興・地域振興を応援します!〜
 http://www.sihd-bk.jp/fresh_news/0000000296/pdf/fresh.pdf

上記URL先ページによると、この定期預金の概要は

・背景:
 池田泉州銀行は「地域第一主義」を経営方針に掲げており、これまで地元12市と産業振興・地域振興連携協力協定を結んでいる。
 その活動の中で、各自治体から
 ・地場産業を地域ブランド化したい
 ・地域ブランドを広めたい
 とのニーズを多数受けており、今回の定期預金は地域ブランド発信を応援するために企画した。

・対象顧客:個人
・預入額:
 ・300万
 ・500万
 ・1,000万
 の3コース。
・預入期間:1年(※自動継続)
・金利:スーパー定期1年もの店頭金利を適用する。
・「水なす漬」のプレゼント:
 ・提供店舗・会社:
  ・岸和田市「旬茄」
  ・貝塚市「サウス農産」
 ・回数・数量:
  ・300万円コース:年2回(3月・5月)、各3
  ・500万円コース:年2回(3月・5月)、各5
  ・1,000万円コース:年3回(3月に6袋、5月に8袋、9月に6袋)
  ※3月送付分は1月末現在、5月送付分は3月末現在、9月送付分は7月末現在で残高がある顧客が対象。
  ※上記の他、毎年5月に抽選で各コース10名につき1名に、「生水なす」をプレゼントする。
・取り扱い店舗:全店(インターネット支店、ダイレクト支店含む)
・受付方法:
 ・窓口
 ・インターネットバンキング
 ・テレホンバンキング
・発売日:2012年10月9日
・募集総額:100億

等となっています。


「旬茄」のショップサイト[1][2]を見てみると、池田泉州銀行の発表資料に掲載されている水なす漬は、1パック500円前後のものと見受けられます。

1パック500円とすると、今回預金における各コースでのプレゼント分は

・300万円コース:計6袋で3,000円分
・500万円コース:計10袋で5,000円分
・1,000万円コース:計20袋で1万円分

となり、金利換算では年0.1%相当となるので、現在の金利状況では妥当なところと思われます。
(上記計算では送料は考慮していないので、実際にはもうちょっと高くなると思う)

預金金利の低迷が続く中で、利息とは違う角度から預金者にメリットを提供し、また地域の産業振興への貢献も狙う・・・というのは、意欲的で魅力ある取り組みであることは確かではないでしょうか。


※参考サイト:
・[1]水なす 漬物(「旬茄(しゅんか)オンラインショップ」内)
 http://www.syunka-net.com/shopping/?ca=3
・[2]水なす ぬか漬(同上)
 http://www.syunka-net.com/shopping/?ca=2