金利が高い銀行を調べてみる。


(スポンサード リンク)
2013年01月28日

イオン銀行の2013年「生活応援 定期預金キャンペーン」は、1年・2年・3年ものが年利0.30%、5年ものが同0.35%

イオン銀行2013年1月に、「生活応援 定期預金キャンペーン」を開始したとのことです。

(イオン銀行のサイト内ページ)
・「生活応援 定期預金キャンペーン」実施のお知らせ
 http://www.aeonbank.co.jp/oshirase/2013/0121_01.html

上記URL先ページによると、キャンペーンの概要は下記の通り。

・対象顧客:総合口座を開設済みの個人
・対象商品:スーパー定期、スーパー定期300
・申込方法・預入額:
 ・インストアブランチ(店舗)店頭:1口50万円以上
 ・ATMイオン銀行ダイレクト(インターネット/モバイルバンキング):1口1万円以上
・預入期間・金利:
 ・1年もの・2年もの・3年もの:年0.30%(税引後は年0.239%)
 ・5年もの:年0.35%(同0.278%)
・実施期間:2013年1月21日〜3月31日


5年前の同時期のキャンペーンでは、3カ月もの〜2年ものに年0.9%を適用という破格の利率でしたが、流石に現在の状況と比較するのは酷でしょうか。

とはいえ今回も、1年もので年0.30%の金利が設定されており、またATMやネットバンキングでは最低1万円から預入可能と、高い魅力を持ったキャンペーンであることは確かだと感じます。


※関連記事:
イオン銀行が年利0.9%の金利優遇定期預金を実施(2008年12月28日)
2013年01月19日

大光銀行が、投信+定期預金の「たいこう ビギンズパック」(1年もの定期に1.0%上乗せ)と「相続定期預金」(同0.15%上乗せ)を取扱い開始

新潟県の「大光銀行」が2013年1月15日に、

・投資信託と定期預金のパッケージ商品「たいこう ビギンズパック
・相続金対象の「相続定期預金

の預金商品2種を同日に発売したことを、発表していました。

(ニュース記事)
・大光銀、投信購入で定期金利上乗せ 相続資金も優遇(日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXNZO50739420Y3A110C1L21000/

(大光銀行のサイト掲載資料)
・「たいこう ビギンズパック」の取扱開始について
 http://www.taikobank.jp/news_release/detail.php?sn=173
・「相続定期預金」の取扱開始について
 http://www.taikobank.jp/news_release/detail.php?sn=174

上記URL先ページによると、各商品の概要は下記の通り。

・「たいこう ビギンズパック」:
 ・対象顧客:
  投資信託口座を新規開設し、初めて投資信託を購入する(購入金額30万円以上)の個人。
  ※利用は11回限り。
  ※ATMや「たいこうe-バンキング」等での申込みはできない。
 ・対象預金:
  投資信託の申込日と同時に預入した、同一名義の円貨定期預金。
 ・預入額:30万円以上300万円以内(投資信託の購入金額が上限)
 ・預入期間:1
 ・適用金利:
  店頭表示金利に年1.0%(※税引後は年0.79685%)を上乗せする。(初回満期までのみ)
 ・取扱開始日:2013年1月15日

・「相続定期預金」:
 ・対象顧客:
  下記に当てはまる個人。
  ・金融機関(大光銀行以外の金融機関含む)で相続手続き完了後1年以内に相続により取得した資金を、原資として預け入れすること。(※11回、大光銀行本支店の1店舗のみ)
  ・新潟県内に在住
 ・対象商品:
  1年もののスーパー定期・スーパー定期300・大口定期預金
 ・預入額:1円以上・相続での取得金額まで
 ・預入期間:1
 ・適用金利:
  店頭表示金利に年0.15%(※税引後は年0.1195275%)を上乗せする。(初回満期までのみ)
 ・取扱期間:2013年1月15日〜9月30日
 ・取扱店舗:新潟県内店舗
  ATMやe-バンキング等での申込みは不可。


「ビギンズパック」の上乗せ金利の高さは、流石に投資信託との組み合わせ商品ですが、投資商品と絡めなければ円定期預金で年1%以上の金利はとても望めない、というのが現実なのかもしれません。

相続金定期預金のほうは、昨年発売された他の金融機関の同種商品より上乗せ金利がかなり抑えめですが、その分は預入期間の長さでカバーする、ということでしょうか。


※関連記事:
蒲郡信用金庫の相続定期預金「家族想い」は、店頭金利に年0.5%を上乗せ (2012年12月04日)
浜松信用金庫が相続金専用の定期預金「つなぐ想い」を発売、6ヶ月もので年利1.0%(2012年10月16日)
静岡中央銀行・名古屋銀行・大垣共立銀行が「相続定期預金」を販売中、高齢化が背景(2012年09月27日)
2013年01月09日

尼崎信用金庫がタイガース応援定期預金「虎豪逆襲」を発売予定、リーグ優勝で5万円の商品券を計1万本プレゼント

兵庫県の「尼崎信用金庫」が2013年1月7日に、

阪神タイガースの成績に応じて商品券が抽選で当たる定期預金「虎豪逆襲」を、2013年2月に発売する。

との予定を発表していました。

(ニュース記事)
・タイガース定期「虎豪逆襲」 2月から発売 尼崎信用金庫(神戸新聞)
 http://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201301/0005652682.shtml

(尼崎信用金庫のサイト内ページ)
・平成25年2月1日発売開始!タイガースの優勝で総額5億円分のBIGプレゼント がんばれ阪神タイガース定期預金『虎豪逆襲(こごうぎゃくしゅう)』
 http://www.amashin.co.jp/news/2013/n20130107a.html

上記URL先ページによると、商品の概要は下記の通り。

・対象顧客:
 「ウル虎支店」で
 ・普通預金口座
 ・あましんダイレクト(モバイルバンキング・インターネットバンキング)
 を契約した個人
 (インターネットの「ウル虎支店」を利用すると、日本全国から預入れが可能)
・預入額:1口10万円以上1,000万円以内
・預入期間:1
・金利:通常金利を適用する。
・プレゼント:
 ・抽選権:預金10万円ごとに1つ付与する。
 ・条件と当選額:
  ・阪神がセ・リーグ公式戦で優勝した場合:5万円分の共通商品券(全国の百貨店で利用可能)
  ・同2位:3万円分
  ・同3位:2万円分
  ・同4位以下:8,000円相当の阪神タイガース関連商品
 ・当選本数:上記のいずれも1万本。
 ・抽選日:2013年11月19日
・販売期間:2013年2月1日〜4月30日

また、2012年販売の定期預金「獣王無敵」は、今回の「虎豪逆襲」に自動継続されるとのことです。


金利優遇は無いとはいえ、優勝した場合に5万円分の商品券(1万本で総額5億円分)、また2位でも3万円、3位でも2万円というのはインパクトが大きく、タイガースへの応援に熱を入れる効果は十分に期待できるのでは、と考えます。(4位以下も8,000円相当の商品ということで、なかなか良さそう)

昨年のタイガースの順位は5位だったとのことですが、高額商品券のプレゼントを実現できるか、2013年の巻き返しに期待したいところです。


※関連記事:
尼崎信用金庫が定期預金「猛虎一本道」を2月から取り扱い開始予定(2009年01月09日)
尼崎信用金庫が、2010年の阪神タイガース定期預金「猛虎無双」を販売開始(2010年02月02日)

伊達信用金庫が特別金利定期預金「絆」(上乗せ金利0.13%)の販売期間を3ヶ月延長、予想を上回る取扱い

北海道の「伊達信用金庫」が、特別金利定期預金「」の販売期間を、好評のため2013年3月まで延長したとのことです。

(ニュース記事)
・伊達信用金庫特別金利定期預金「絆」の販売を延長(室蘭民報)
 http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2013/01/08/20130108m_06.html

(伊達信用金庫のサイト掲載資料)
・特別金利定期預金「絆」 好評につき取扱期間延長しました!!
 http://www.dateshin.jp/pdf/201301001kizuna.pdf

上記URL先ページによると、定期預金の概要は下記の通り。

・対象顧客:個人、個人事業主
・対象預金:スーパー定期
・預入額:1人500万円以内
・預入期間:3年(自動継続扱い)
・適用金利:
 店頭表示金利に0.13%(※税引き前)を上乗せ。
・販売期限:2013年3月29日

当初の販売期間は2012年12月28日まででしたが、販売が目標を上回ったことから、3ヶ月間の期間延長を行ったとのことです。


個人的には、預金商品の販売延長はあまり聞かない事例ですが、現在の低金利状況において、地域の金融機関による0.1%以上の金利上乗せの魅力が大きいことは、十分に理解できる気がします。

北海道の経済・景気はとにかく低迷が続いており、その中で、庶民にとっての数少ない明るい材料の一つと言えるのではないでしょうか。


※関連記事:
伊達信用金庫が、世界遺産等の登録候補地決定を支援する定期預金を発売開始(2008年12月02日)
北海道の「伊達信用金庫」が、「洞爺湖温泉誕生100年記念定期預金」を発売(2010年08月02日)