金利が高い銀行を調べてみる。


(スポンサード リンク)
2013年03月30日

七十七銀行の「<七十七>楽天イーグルス応援定期預金2013」は、シーズン1〜3位で年0.2〜0.1%を上乗せ

七十七銀行が3月27日に、「<七十七>楽天イーグルス応援定期預金2013」の発売予定を発表していました。

同行の発表資料[1]によると、商品の概要は下記の通り。

・対象商品:1年ものスーパー定期(証書式、自動継続扱い)
・預入額:30万円以上1,000万円未満
・適用金利:
 ・預入時の上乗せ:店頭表示金利に年0.1%を上乗せする。
 ・チーム成績に応じた上乗せ
  楽天イーグルスの2013年度パ・リーグシーズン成績に応じ、初回自動継続時点の店頭金利に下記利率を上乗せする。
  ・1位:年0.2
  ・2位:年0.15
  ・3位:年0.10
  (※適用は、初回自動継続後の1年間のみ。
   ※クライマックスシリーズの成績は考慮しない。)
・取扱期間:2013年3月29日〜5月31日
・取扱店舗:東北地区の全営業店および札幌支店


上乗せ金利の適用が次の満期期間というのは、資金の自由度が低くはなりますが、金融機関側としては顧客の繋ぎとめにつなげたい、ということでしょうか。

ともあれ、肝心の楽天銀行では特に応援キャンペーンが行われていないところには、地域に根ざした金融機関との姿勢の違いを感じざるを得ません。


※参照・参考サイト:
・[1]「<七十七>楽天イーグルス応援定期預金2013」の取扱開始について(七十七銀行)
 http://www.77bank.co.jp/pdf/newsrelease/13032703_rktn.pdf


※関連記事:
七十七銀行が楽天イーグルスの応援定期預金を発売予定、シーズン成績により最大0.77%を上乗せ(2011年02月09日)
2013年03月28日

トマト銀行の「トマト 美作国建国1300年記念定期預金」は、1年・3年もの定期に年0.10%を上乗せ

トマト銀行が2013年3月27日に、「トマト 美作国建国1300年記念定期預金」の発売予定を発表していました。

同行の発表資料[1]によると、商品の概要は下記の通り。

・背景:
 2013年は美作国建国1300年にあたる年で、様々な記念事業が予定されている。
 トマト銀行では、地域金融機関として本商品により同事業を盛り上げ、地域活性化に貢献することを狙う。

・対象顧客:個人・法人
・対象商品:スーパー定期、スーパー定期300
 ※通帳式(総合口座・一般通帳式)のみ。
・預入期間:1年・3年(自動継続方式)
・預入額:30万円以上
 ※新規預け入れのみ
  ただし、既存の定期預金新規資金により30万円以上増額した場合は、対象となる。
・適用金利:
 店頭表示金利に0.10(税引後0.0796%)を上乗せする。
 (※初回預入期間のみの適用)
・預入方法:店頭のみ。(ATM、ネットバンキングは対象外)
・取扱店舗:下記の6
 吉井支店、林野支店、福渡支店、津山支店、久世支店、蒜山支店
・販売期間:2013年4月1日〜9月30日


上乗せ金利はさほど高くは無いものの、建国1300年記念というのはスケールが大きく、地域の歴史にちなんだ預金商品として、魅力も小さくないのでは、と考えます。

それだけに、取扱い店舗がかなり限定されているのはちょっと意外ですが、あくまで地域住民の利用を想定した商品のため、ということでしょうか。


※参照・参考サイト:
・[1]「トマト 美作国建国1300年記念定期預金」の取り扱い開始について(トマト銀行)
 http://www.tomatobank.co.jp/investor/press/2013/news_20130327-2.pdf
2013年03月27日

大和ネクスト銀行が「プレミアムサービス」で、6ヶ月もの・1年もの定期に金利年0.25〜0.35%を適用

大和ネクスト銀行が2013年3月22日に、「プレミアムサービス」(4月1日開始)における円定期預金の優遇金利を発表していました。

同行のサイト[1]によると、対象となる預入期間とステージ別の適用金利は下記の通り。

6ヶ月もの(通常金利は年0.220%):
 ・「プレミア シルバー」:年0.250
 ・「プレミア ゴールド」:年0.300
 ・「プレミア プラチナ」:年0.350

1年もの(通常金利は年0.220%):
 ・「プレミア シルバー」:年0.250
 ・「プレミア ゴールド」:年0.300
 ・「プレミア プラチナ」:年0.350

ちなみに各ステージの適用条件は、

・「プレミア シルバー」:預り資産評価額が1,000万円以上3,000万円未満
・「プレミア ゴールド」:同3,000万円以上5,000万円未満
・「プレミア プラチナ」:同5,000万円以上

とのことです。


優遇金利適用となる預入期間が僅か2つに限られており、また通常金利との差が0.03〜0.13%に留まっていることには、ちょっと驚きました。

手数料を減らせるはずのネット専業銀行であり、かつ資産額が1,000万円以上ある証券取引の申込顧客向けサービスであっても、現状では定期預金の金利優遇は微々たるものにせざるを得ない、ということなんでしょうか。

経済が活性化して、銀行の融資先である企業の活動(設備投資など)が活発化しないと、預金金利の上昇も見込めないとは思いますが、まだ言葉が先行している段階の「アベノミクス」がこれから成果をあげることができるのか、浮き足立たずに注視したいところです。


※参照・参考サイト:
・[1]「プレミアムサービス」開始時の円定期預金金利のお知らせ(大和ネクスト銀行)
 http://www.bank-daiwa.co.jp/info/2013/0322_1290.html
2013年03月20日

川崎信用金庫が「フロンターレ応援定期預金2013」を発売、上乗せ金利はリーグ8位以上で年0.05〜0.20%

川崎信用金庫が3月に「フロンターレ応援定期預金2013」を発売したとのことです。

ニュース記事[1]によると、商品の概要は下記の通り。

・対象顧客:個人
・対象預金:スーパー定期
 ※通帳式、証書式のみ。(総合口座は不可)
・預入額:1万円以上1,000万円未満
・預入期間:1年(自動継続は不可)
・適用金利:
 預入日の店頭表示利率に、川崎フロンターレ2013年J1リーグ順位に応じて、下記利率を上乗せする。
 ・優勝0.20
 ・2〜30.10
 ・4〜80.05
 ・9位以下上乗せ無し
・販売期間:2013年3月1日〜8月5日


近年のリーグ順位は2010年が10位・2011年は8位[2]、また今年は現在(3試合終了)時点で最下位の18位[3]と、正直あまり振るわない成績ですが、販売回数を重ねている地域のスポーツチーム応援の預金商品だけに、今後順位を上げて金利上乗せを実現することを、期待したいところです。


※参照・参考サイト:
・[1]川崎信用金庫「フロンターレ応援定期預金2013」のお知らせ(J's GOAL)
 http://www.jsgoal.jp/official/00152000/00152226.html
・[2]川崎フロンターレの年度別成績一覧(ウィキペディア)
・[3]J1順位表(Yahoo!スポーツ)
 http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/standings/j1


※関連記事:
川崎信用金庫が、「フロンターレVダッシュ定期預金」を発売(2009年03月01日)
川崎信用金庫が「フロンターレ応援定期預金2011」を発売、チーム成績により年0.05〜0.20%を上乗せ(2011年03月09日)
川崎信用金庫が「フロンターレ応援定期預金2012」を発売予定、8位以上で0.05〜0.20%を上乗せ(2012年02月28日)
2013年03月19日

トマト銀行が「FC吉備国際大学シャルム応援定期預金」を発売予定、1年・3年ものに年0.15%(観戦チケット提示で更に0.05%)を上乗せ

トマト銀行が2013年3月18日に、女子サッカーチームを応援する預金商品「FC吉備国際大学シャルム応援定期預金」の発売予定を発表していました。

同行の発表[1]によると、「FC吉備国際大学シャルム」は今シーズンから「なでしこリーグ」に昇格するとのことで、預金の概要は下記の通り。

・対象顧客:個人
・対象商品:スーパー定期、スーパー定期300
 ※通帳式(総合口座・一般通帳式)のみ。
・預入額:30万円以上
 ※新規預け入れのみ。
  ただし、既存の定期預金に新たな資金で30万円以上増額した場合は、適用対象。
・預入期間:1年、3(自動継続)
・適用金利:
 店頭表示金利に0.15(税引後0.1195%)を上乗せ
 また更に、観戦チケットを提示すると0.05(同0.0398%)を上乗せする。
 (※初回預入期間のみの適用)
・販売期間:2013年3月21日〜5月31日
・取扱店舗:
 新見支店、賀陽支店、高梁支店、成羽支店、
 総社支店、井原支店、矢掛支店
・申込:店頭のみ。


男子サッカーチームの応援定期は、既に各地域の金融機関で多数発売されていますが、女子サッカーの応援商品はまだ珍しいのではないでしょうか。

女子日本代表の活躍が、女子サッカーへの注目・関心を高めていると思われるので、今後はリーグの盛り上がりとともに、応援定期預金もどんどん発売されてくることを、期待したいところです。


※参照・参考サイト:
・[1]「FC吉備国際大学シャルム応援定期預金」の取り扱い開始について(トマト銀行)
 http://www.tomatobank.co.jp/investor/press/2013/news_20130318.pdf
・[2]FC吉備国際大学charme
 http://fctakahasi.web.fc2.com/


※関連記事:
トマト銀行が「ファジアーノ岡山応援定期預金」を発売(2008年12月02日)

山口銀行・北九州銀行が「『退職記念』特別金利定期預金」を発売、3ヶ月もので年利2.0%

山口フィナンシャルグループ山口銀行北九州銀行で、2013年3月に「『退職記念』特別金利定期預金」が発売されたとのことです。

同グループと各銀行の発表[1]〜[3]によると、商品の概要は下記の通り。

・預金の種類:スーパー定期300、大口定期
・預入額:300万円以上、退職金の支給範囲内
・預入期間:3ヶ月(自動継続)
・適用金利:2.0(税引き前)
 ※初回満期日のみの適用。
・対象顧客と条件:
 該当の2行で、年金受取口座の予約または指定を行っている個人。
 ・対象の年金:銀行所定の公的年金
  (国民年金、厚生年金、各種共済年金など)
  など、
 ・予約者の年齢55歳以上70歳未満
 ・預入の時期:退職金の受取日から1年以内
 ・必要書類
  申込時に
  ・退職金の入金を確認できる資料(「退職所得の源泉徴収票」など)
  ・退職金受取口座の預金通帳
  ・年齢を確認できる資料
  の提示が必要。
・利用回数:1人1回のみ。
・発売日:2013年3月15日

また、同グループの「もみじ銀行」では既に、2012年7月に本商品を発売しているとのことです。


このタイプの商品ではよくあるパターンですが、破格の金利が目を強く引く一方で預入期間がかなり短い点は、例によって十分に気をつける必要があると思われます。

ただ、複数の地方銀行が同一の預金商品を販売するのは、非常に珍しいケースだと思われるので、山口FGが今後も預金商品で同様の展開を行っていくのか、注目したいところです。


※参照・参考サイト:
・[1]「退職記念」特別金利定期預金の取扱開始について(山口フィナンシャルグループ)
 http://www.ymfg.co.jp/news/2013/news_0314a.pdf
・[2]「退職記念」特別金利定期預金の取扱開始について(山口銀行)
 http://www.yamaguchibank.co.jp/portal/news/2012/news_0314a.pdf
・[3]「退職記念」特別金利定期預金(北九州銀行)
 http://www.kitakyushubank.co.jp/personal/save/retire/


※関連記事:
山口銀行ともみじ銀行が2011年10月に「YM燦燦定期」を発売予定、金利は年0.33(さんさん)%(2011年09月23日)
2013年03月16日

スルガ銀行が「相続定期預金」を発売予定、上乗せ金利は1年もの0.20%・3年もの0.25%・5年もの0.35%

スルガ銀行が2013年3月14日に、「相続定期預金」の発売予定を発表していました。

同行の発表[1]によると、商品の概要は下記の通り。

・対象顧客:個人
・対象商品:円定期預金(スーパー定期、自動継続のみ)
・適用条件:
 金融機関(スルガ銀行以外も含む)での相続手続完了後1年以内に、相続により取得した資金(不動産・有価証券などの換金代金も含む)を預け入れること。
・預入額:顧客1人あたり10万円以上・相続金額の範囲内
・預入期間と金利:
 店頭表示金利に、下記利率を上乗せする。(※初回満期日までのみの適用)
 ・1年もの0.20
 ・3年もの0.25
 ・5年もの0.35
・取扱期間:2013年3月18日〜11月29日
・取扱店舗:全店(インターネット支店を除く)


上乗せ金利は正直、他行の同様の預金と比べると高くはありませんが、そのぶん預入期間を長くとっている点は、資産の安定運用という意味で魅力があるとも感じます。

今後の預金金利上昇が見込めない場合、即座に使う資金でなければ、このように満期が長めの定期預金に入れておくことも有効かも・・・と考えます。


※参照・参考サイト:
・[1]「相続定期預金」新規取扱開始のお知らせ(スルガ銀行)
 http://www.surugabank.co.jp/surugabank/kojin/topics/130314.html


※関連記事:
蒲郡信用金庫の相続定期預金「家族想い」は、店頭金利に年0.5%を上乗せ (2012年12月04日)

浜松信用金庫が相続金専用の定期預金「つなぐ想い」を発売、6ヶ月もので年利1.0%(2012年10月16日)

静岡中央銀行・名古屋銀行・大垣共立銀行が「相続定期預金」を販売中、高齢化が背景(2012年09月27日)
大光銀行が、投信+定期預金の「たいこう ビギンズパック」(1年もの定期に1.0%上乗せ)と「相続定期預金」(同0.15%上乗せ)を取扱い開始(2013年01月19日)
2013年03月12日

池田泉州銀行が地域ブランド応援定期預金「関西ぐるめぐり」を発表、3年間(毎年1回)グルメ商品を配送

池田泉州銀行が2013年3月8日に、地域ブランド応援定期預金「関西ぐるめぐり」の発売予定を発表していました。

同行の発表資料[1]によると、商品の概要は下記の通り。

・主な特徴:
 3年間(毎年12月)に渡り、預金者全員に、地域有名店のグルメ商品を届ける。
 商品は
 ・「銘菓スイーツセレクトコース
 ・「味わい厳選フーズセレクトコース
 から選択可能。
 また、抽選による“いっぴん(一品・逸品)”プレゼントも用意している。
・対象顧客:個人
・預入額:300万円または600万(定期預金への新規預入資金が対象)
・預入期間:3(自動継続は不可)
・金利:0.01
・取扱店舗:
 インターネット支店・ダイレクト支店を含む全店
 (日本全国で申し込みが可能)
・申込方法:
 ・店舗窓口
 ・インターネットバンキング
 ・テレホンバンキング
・発売日:2013年3月18日
・募集総額:100億


金利は著しく低いものの、それを補うようにグルメ商品を別途届けるという点が非常にユニークで、「水なす定期便」に続く意欲的な預金商品だと感じます。

ただ、預入額が固定されている(しかも高額)のは窮屈ですが、届ける商品の内容を固定している上では仕方が無い措置、ということでしょうか。

預金金利アップが一向に期待できない現状の中で、お金ではなく実物の商品を特典とする預金商品が、他の金融機関を含めて今後増えてきたら面白そうです。


※参照・参考サイト:
・[1]地域ブランド応援定期預金「関西ぐるめぐり」の発売について(池田泉州銀行)
 http://www.sihd-bk.jp/fresh_news/0000000372/pdf/fresh.pdf


※関連記事:
池田泉州銀行が、特産品「水なす漬」を定期的にプレゼントする預金商品「水なす定期便」を発売予定(2012年10月03日)
2013年03月09日

佐賀銀行が「2013サガン鳥栖応援定期預金」を発売、金利上乗せ0.1%や、リーグ順位に応じたキャッシュバック等を用意

佐賀銀行が3月に、「2013サガン鳥栖応援定期預金」を発売したとのことです。

・「2013サガン鳥栖応援定期預金」の取扱開始について(佐賀銀行)
 http://www.sagabank.co.jp/news/2013-0220-2.php

上記URL先ページによると、商品の概要は下記の通り。

・対象顧客:新規成約した個人
・対象預金:1年ものスーパー定期(元金自動継続・利払い式)
・預入額:10万円以上(10万円単位)

・適用金利:
 店頭金利に0.10上乗せする。(※初回満期までのみ)

・その他の特典:
 ・キャッシュバック
  サガン鳥栖の今シーズンの最終順位により、下記利率に相当するキャッシュバックを行う。
  ・優勝0.5
  ・2〜30.3
  ・4〜70.2
  ・8位以下無し
  (※キャッシュバックの実施時期は2013年12月下旬
    本定期預金の利息受け取り口座に入金する。
    (実際には、預金利子税を差し引いた金額が入金される)
   ※11月末時点で残高があることが条件)
 ・抽選プレゼント
  預金額10万円を1口として抽選権を付与。
  選手サイン入りレプリカユニホームやペア観戦チケット等をプレゼントする。

・申込:窓口のみ。(ATMは対象外)
・取扱期間:2013年3月1日〜5月31日
・取扱総額:100億


上乗せ金利+キャッシュバックは昨年に続く形式で、かなりユニークだと思いますが、チームの成績に応じて現金が入金されるとなると、金利優遇とはまた違った醍醐味がありそうです。

2011年のリーグ順位は2位、昨年は5位とのことで、今年も上位入賞・キャッシュバック実現への期待が高まるのではないでしょうか。


※参考サイト:
・[1]サガン鳥栖の年度別成績一覧(ウィキペディア)
 


※関連記事:
佐賀銀行の「2012サガン鳥栖応援定期預金」は上乗せ金利0.1%、またシーズン成績により最高で0.5%分をキャッシュバック(2012年04月27日)
2013年03月03日

川崎信用金庫が、創立90周年記念の定期預金キャンペーン2つを開始

川崎信用金庫が2013年3月1日に、創立90周年記念の定期預金キャンペーンの実施を発表していました。

(川崎信用金庫のサイト掲載資料)
・かわしん創立90周年記念・選べる2つのスーパー定期キャンペーンの実施について
 http://www.kawashin.co.jp/k0oshirase/2013-0228-1454.pdf

上記URL先ページによると、今回は下記2種類の商品が用意されているとのことです。

・「かわしん創立90周年記念 特別定期預金」:
 ・対象顧客:個人
 ・対象商品:スーパー定期
 ・預入期間:1年(自動継続のみ)
 ・適用金利:
  ・初回満期日まで:
   0.090(税引き後は年0.0717165%)に、「ポイント倶楽部」のポイントに応じた利率を上乗せする。
  ・初回満期日以降:
   店頭表示利率に、0.010(税引き後は年0.079685%)+「ポイント倶楽部」のポイントに応じた利率を上乗せする。
 ・販売期間:2013年3月1日〜8月5日

・「フロンターレ2013 応援定期預金
 ・対象顧客:個人
 ・対象商品:スーパー定期
 ・預入期間:1年(※自動継続は取扱不可。)
 ・預入額:1万円以上1,000万円未満
 ・適用金利:
  預入日の店頭表示金利に、「川崎フロンターレ」の最終順位に応じて下記利率を上乗せする。
  ・優勝:年0.20%(税引き後は年0.15937%)
  ・2位・3:年0.10%(同0.079685%)
  ・4〜8:年0.05%(同0.0398425%)
  (※過去の同預金の上乗せ実績は、
    ・2009年:年0.20%(2位)
    ・2010年:年0.05%(5位)
    ・2011年:上乗せ無し
    ・2012年:年0.05%(8位))
 ・販売期間:2013年3月1日〜8月5日


「ポイント倶楽部」での定期預金の金利上乗せは最大0.03%とのこと[1]で、今回のキャンペーンと合わせても最大0.12%に留まりますが、90周年記念と言えども、現在の低金利状況では如何ともし難い、ということでしょうか。

川崎フロンターレの順位は、現時点では1試合を終えたのみで13位[2]ですが、今後の成績で金利上乗せできる8位以上を実現できるのか、期待したいところです。


※参考サイト:
・[1]かわしんポイント倶楽部
 http://www.kawashin.co.jp/c0pointclub/index.html
・[2]J1順位表(Yahoo!スポーツ)
 http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/standings/j1


※関連記事:
川崎信用金庫が、「フロンターレVダッシュ定期預金」を発売(2009年03月01日)
川崎信用金庫が「フロンターレ応援定期預金2011」を発売、チーム成績により年0.05〜0.20%を上乗せ(2011年03月09日)
川崎信用金庫が「フロンターレ応援定期預金2012」を発売予定、8位以上で0.05〜0.20%を上乗せ(2012年02月28日)