金利が高い銀行を調べてみる。


(スポンサード リンク)
2014年07月17日

2014年の武蔵野銀行「大宮アルディージャ応援定期預金」の金利は店頭金利の4倍、ATMキャンペーンも同時実施

既に日にちが経っていますが、武蔵野銀行が2014年6月に「大宮アルディージャ応援定期預金キャンペーン」を開始していました[1][2]。

商品の概要は下記の通り。

  • 対象顧客:個人
  • 対象預金:スーパー定期、スーパー定期300、大口定期
  • 預入期間1年(自動継続)
  • 預入額30万円以上1000万円以下(1円単位)
    ※新規資金に限る。(現金、他口座からの振替、証券類(小切手など)での預入が可能)
  • 適用金利:店頭表示金利の4倍。(固定金利、満期日まで変更なし)
  • その他の特典
    先着プレゼントや抽選プレゼントとして、大宮アルディージャのグッズを用意している。
  • 販売期間2014年6月2日〜8月29日
  • 申込方法:各店舗窓口
  • 募集総額600億円の予定

スポーツチームの応援定期では、シーズンのチーム成績や観客動員数により利率が決定される場合が多いですが、この定期預金では預入時の金利がそのまま固定されるので、やきもきしなくて済む点は長所だと思われます。

ただ、過去の同預金では「店頭表示金利に0.1%上乗せ」であり、今回の設定は微妙に引き下げられている気がしますが、それでも当記事作成時点の店頭金利(税引き前0.025%、7月14日〜20日分に適用)の4倍で0.1%にはなり、現状でなかなか良い金利であることは確かだと考えます。

また、本預金でATMでの預入は不可になっていますが、武蔵野銀行は内容の大部分が同じである「ATM定期預金特別金利キャンペーン」も同時に実施中であり[3]、こちらはATM利用者は勿論のこと、サッカーに興味が無い方への配慮という面もあるのかもしれません。


※参照・参考サイト:
[1]大宮アルディージャ応援定期預金キャンペーン(武蔵野銀行)
http://www.musashinobank.co.jp/saving/teiki/ardija/cp.html
[2]商品詳細(同上)
http://www.musashinobank.co.jp/saving/teiki/ardija/detail.html
[3]ATM定期預金特別金利キャンペーン(同上)
http://www.musashinobank.co.jp/saving/teiki/ardija/cp_detail.html

※関連記事:
2014年07月13日

楽天銀行が2014年夏の円定期預金キャンペーンを実施中、3ヶ月もの年0.15%・1年もの0.25%・3年もの0.35%

既に1ヶ月以上前になりますが、楽天銀行2014年6月に、夏のボーナスキャンペーンとして、円定期預金特別金利キャンペーンを開始していました[1]。

キャンペーンの概要は下記の通り。

  • 預入期間と金利
    • 3ヶ月もの:年0.15%(※税引き後0.11%)
    • 1年もの:年0.25%(同0.19%)
    • 3年もの:年0.35%(同0.27%)
  • キャンペーン期間2014年6月1日〜7月31日(預入完了分まで)

最近は楽天銀行のサイトやメルマガを殆ど見ていなかったので、今回のキャンペーンをすっかり見落としていましたが、金利の良さから、イーバンク銀行時代の定期預金キャンペーンが久々に戻ってきたような感覚になり、ちょっとホッとするものがありました。

ただ、今回対象となっている預入期間以外の預入期間(1ヶ月、6ヶ月、2年、5年)では通常通りの低金利であり、その点は間違わないよう注意が必要と思われます。

楽天銀行の(通常の)円定期預金については、最近数年間のキャンペーンの皆無ぶりから、今後も同様のキャンペーンが行われるかは全く不透明ですが、一方では先月に1週間・2週間ものの円定期を発売しており、ここに来て積極的な資金獲得に動き始めた可能性も考えられ、預金者としては再び関心を向けておくべきかもしれません。


※参照・参考サイト:
[1]円定期預金 特別金利(楽天銀行)
http://www.rakuten-bank.co.jp/campaign/kojin-ss1406.html

楽天銀行が円定期預金で「1週間」「2週間」ものを取り扱い開始、短期預け入れのニーズに対応

楽天銀行2014年6月23日に、円定期預金で新に「1週間」「2週間」ものの取扱いを開始したことを、発表していました[1]。

商品の概要は下記の通り。

  • 背景
    楽天銀行の円定期預金(従来は1ヶ月〜5年もの)に対し、顧客から、より短い預入期間へのニーズがあった。
    今回の新商品では、そのニーズに対応する。
  • 満期時の取り扱い
    • 元利自動継続(元金+利息で継続)
    • 元金自動継続(元金のみで継続、利息は普通預金に入金)
    • 満期自動解約(元金+利息を、満期日当日に普通預金に入金)

    の3種類から選べる。
  • 預入額10万円以上1円単位
  • 適用金利(税引き前)
    • 2014年6月23日時点:
      ・1週間もの:年0.50
      ・2週間もの:年0.30
    • 同7月13日時点:
      ・1週間もの:年0.10
      ・2週間もの:年0.06

金利は販売開始時点こそ目を引く高さでしたが、それから1ヶ月もせずに1/5まで下がっており、言葉は悪いですが発表時には「客寄せ」の狙いがあったものと想像されます。

もっとも発売開始時の利息のままの場合だと、「元利自動継続」を選べば、既存の定期預金の存在意義が完全に無くなってしまうので、その点では現在の金利は妥当なものだとも感じられます。

とはいえ現時点(7月13日)でも、1週間ものの金利は普通預金(年0.02%)の実に5倍であり、元利自動継続を選べば手間をかけずに、普通預金よりも格段に良い利息を得られるチャンスができたことは、確かだと思います。

例えば、

  • すぐには使う予定が無い資金がある。
  • しかし、数ヶ月〜数年も動かせなくするのは不安がある。
  • かと言って、普通預金の金利はあまりに低くて物足りない。
という場合には、ある程度の流動性とある程度の高金利を両立できることから、非常に向いている商品だと思われます。

普通預金に近いながら格段に金利が高い商品だけに、いつまで販売が継続されるのかは判りませんが、(通常の金融機関より)預入などの手間が格段に少なく済むネット銀行ならではの商品とも言えるので、末永い販売を願いたいところです。


※参照・参考サイト:
[1]「円定期預金(1週間・2週間)」の取り扱いを開始(楽天銀行)
http://www.rakuten-bank.co.jp/press/2014/140623.html
[2]預金金利(定期預金他):個人口座(同上)
www.rakuten-bank.co.jp/interest/details.html
2014年07月12日

セブン銀行が「みんなのATM。もうすぐ20,000台ありがとうキャンペーン」を実施中、3ヶ月・6ヶ月定期が年利0.22%

セブン銀行が2014年7月7日に、定期預金金利をアップする「みんなのATM。もうすぐ20,000台ありがとうキャンペーン」を開始したとのことです。

概要は下記の通り。

  • 背景
    セブン銀行の全国のATM台数は、2万台到達が目前(2014年7月12日現在で1万9909台)になっている。
    今回は顧客への感謝として、夏のボーナス時期に、定期預金の特別金利キャンペーンを実施する。
  • 預入期間3ヶ月・6ヶ月
  • 預入額1万円以上(1円単位)
  • 適用金利(税引き前):いずれも年0.220%(※通常金利は、7月4日時点で年0.055%)
  • 販売期間2014年7月7日〜8月10日
    ※既に継続中の定期預金(自動継続扱い)は、満期が上記期間内に到来した場合、自動継続時に本キャンペーンの特別金利が適用される。
  • 申込方法
  • 募集総額

今回の預金キャンペーンは、預入期間やキャンペーン期間が短いのはちょっと物足りないですが、何と言っても通常の定期預金が対象なので申し込みのハードルが低く、なかなかの好金利と合わせて、「日頃のご愛顧に感謝」という言葉にぴったり合うキャンペーンだと感じられます。

ATM2万台という規模がどういうものかピンと来ないので、他社について調べてみたところ

  • ゆうちょ銀行:2万6331台(2011年3月末時点)[3]
  • 全国銀行協会の加盟金融機関:計11万1198台(2013年度)[4]
  • ローソンATM(※独自の金融機関では無い):1万378台(2014年7月10日時点)[5]
  • イーネット(同上):1万3015台(2014年6月30日現在)[6]
という状況であり、これらと比べると、セブン銀行は新興の金融機関ながら、ATM台数は全国有数の規模に到達していることが伺えます。

これは、コンビニ(セブンイレブン)やスーパー、百貨店を擁する「セブン&アイHLDGS」のグループ企業であることが功を奏していると思われますが、これは端末を増やしたい事業者側だけでなく、各店舗を日常的に利用する一般消費者にとっても利便性が高まるメリットになり、その点でも独特の強みを持っていると考えます。


※参照・参考サイト:
[1]みんなのATM。もうすぐ20,000台ありがとうキャンペーン 夏の定期預金 特別金利提供のお知らせ(セブン銀行)
http://www.sevenbank.co.jp/corp/news/2014/pdf/2014070401.pdf
[2]みんなのATM。もうすぐ20,000台ありがとうキャンペーン開始!(同上)
http://www.sevenbank.co.jp/oos/adv/tmp_108.html
[3]平成25年版 決済統計年報(全国銀行協会)
https://www.zenginkyo.or.jp/stats/year1_01/details/cont_2013.html
[4]2011年 ゆうちょ銀行 ディスクロージャー誌(ゆうちょ銀行)
http://www.jp-bank.japanpost.jp/aboutus/financial/pdf/2011_01.pdf
[5]ローソン・エイティエム・ネットワークス
http://www.lawson-atm.com/
[6]県別ATM設置台数(イーネット)
http://www.enetcom.co.jp/e-net/atm.html
2014年07月11日

但馬信金の「竹田城環境保全支援定期預金」は金利がステップアップ、3年目に0.25%

兵庫県の但馬信用金庫が2014年6月から、「竹田城環境保全支援定期預金」を販売しているとのことです[1][2]。

商品の概要は下記の通り。

  • 背景:
    竹田城跡は「天空の城」として人気が高まっているが、その一方で石垣や周辺環境が傷んでおり、保全が必要になっている。
    今回の預金は、同城跡の麓に新築移転する「たんしん竹田支店」のオープンに先駆けて発売される。
  • 対象顧客:個人のみ
  • 預入期間1年もの(自動継続)
  • 預入額10万円以上(※新規資金のみ)
  • 適用金利
    3年目まで満期ごとにアップする。(※4年目以降は通常の1年定期に自動変更)
    ・1年目:0.15%(税引き前、以下同じ)
    ・2年目:0.18
    ・3年目:0.25
  • その他の特典:
    ・限定証書(竹田城をデザイン)
    ・「竹田ぶらりカード」(竹田の飲食店で割引サービス等が受けられる)
    が進呈される。
  • 寄付:預入金額の0.05%相当を、但馬信金が朝来市に寄付する。(※顧客の別途負担は無し)
  • 販売期間2014年6月20日〜9月30日
  • 申込方法:窓口(証書式のみ) ATM、通帳式は不可。
  • 募集総額:不明

竹田城跡は写真を見る限りでも眺望が非常に美しく、人気を集めているのは十分に頷けますが、その代償として、入城料の徴収が必要になるほど整備・管理の負担が増しているとのこと。

今回の預金は金利自体もかなり良く、仮に竹田城跡の保全支援を抜きにしても、3年間資金を預け入れるだけの魅力を、十分に備えていると感じます。

それだけに、現状で申込受付が窓口のみなのはちょっと残念ですが、そのぶん地域限定の特色・魅力が強まっているとも感じられます。


※参照・参考サイト:
[1]創業90周年記念「竹田城環境保全支援定期預金」キャンペーンのお知らせ(但馬信用金庫)
http://www.tanshin.co.jp/info/?p=1642
[2]竹田城跡の保全支援する定期預金 但馬信金が販売(神戸新聞)
http://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201407/0007132084.shtml
[3]竹田城(ウィキペディア)