金利が高い銀行を調べてみる。


(スポンサード リンク)
2014年09月08日

楽天銀行の1週間もの定期預金に、100万円を約2ヶ月預け入れた利息は155円

私事ですが2014年7月から、楽天銀行の「1週間もの」定期預金に100万円を(元利自動継続で)預け入れています。

現時点でまだ2ヶ月程度(満期8回)ですが、適用金利の変動は予想外に大きいです。

楽天銀行・1週間もの定期の履歴.jpg

具体的な利率は上記画像(アカウント画面のスクリーンショットをトリミングしたもの)の通りですが、より判りやすいようにテキストで一覧表にしてみました。(※画像に記載が無い最新分も含む)

預入日約定利率(税抜き)満期時の利息分(税引き後)
2014年7月13日0.117
同7月20日0.058
同7月27日0.347
同8月3日0.058
同8月10日0.1523
同8月17日0.0712
同8月24日0.058
同8月31日0.232
同9月7日0.05満期未到来

結局、満期8回目で得た利息は計155円でした。

利率は0.1%以上とお得な場合がちょくちょくある反面で、0.05%というのも結構あり、1年でどの程度の利息が得られるのかは、何とも判断しかねるところです。

私は最近「楽天証券」にも口座を作り、楽天銀行の普通預金が優遇金利(年0.1%)になっているので、1週間もの定期で今後0.1%未満の金利が続くようであれば、自動継続を解約して普通預金に資金を戻すつもりです。

ただ、1週間の満期ごとに(金額が小さくとも)利息分が入ってきて、実際に積み重なっていくのが見えるのは、一般的な預入期間(例えば1年もの)には無い面白い点だと思います。

基本的にこの手の商品は「客寄せ」が目的と思われるので、1週間もの定期も果たして何時まで販売されるかは不透明ですが、低金利時代に利息を実感しやすい商品として、できるだけ長く続いてほしいものです。