金利が高い銀行を調べてみる。


(スポンサード リンク)
2015年01月27日

新潟懸信組の「退職者応援定期預金『夢未来プラス』」は1年もので年利0.5%上乗せ、年金受取で更に0.5%プラス

新潟懸信用組合2015年1月9日に、退職金受取者向けの定期預金「夢未来プラス」が「便利になりました」と発表していました[1]。

以前からの変更点は不明ですが、現在の商品の概要は下記の通り。

  • 対象顧客:退職金の受取り後1年以内であり、かつ新潟懸信へ退職金を100万円以上預け入れた人。
    ※退職を確認できる書類の提示が必要。
  • 預入額100万円以上・退職金の受取額以内1円単位。
    ※申し込みは1回のみだが、資金を分割して複数コースへの預入も可能。
  • 預入期間・金利
    いずれも自動継続のみ。(初回満期後は店頭表示金利を適用)
    • 3ヶ月:スーパー定期の店頭表示金利+年利2.0%(税抜き、以下同じ)
    • 6ヶ月:同+年利1.0
    • 1:同+年利0.5
      ※同信組に年金振込みを指定した場合は、更に年利0.5を上乗せする。

店頭表示金利の分は別として、上乗せ金利による利息分については「1年を365日とする日割計算」なので、結局3コースとも同じ(預入額の0.5%分)。

しかし、預入期間が短ければそれだけ早く利息が支払われるので、その後の資金の運用先をいち早く決められる点では、短期のほうがメリットが高いと思われます。

ただし他方で、最長の1年ものでは、年金受取も同じ信組で行うことで、上乗せ金利が1%まで上がる(預金額100万円で税引き前利息が1万円になる)ので、ここは迷うところであり、上手い商品設定という気がします。


※参照・参考サイト:
[1]退職者応援定期預金「夢未来プラス」が便利になりました(新潟懸信用組合)
www.niigata-kenshin.co.jp/syouhin/yumemirai-benri2701.html
2015年01月04日

千葉銀行の「資産運用応援プラン 金利上乗せコース」は、投信購入など条件に、3ヶ月もの定期が年利0.5%

千葉銀行が2014年12月30日に、

  • 2015年1月に「資産運用応援プラン 金利上乗せコース」[1]の提供を開始する。
と発表していました。

これは投資信託の購入などを条件に、定期預金に高金利を適用するもので、商品の概要は下記の通り。

  • 対象顧客:個人
  • 対象預金3ヶ月もののスーパー定期・スーパー定期300(自動継続)
  • 利用条件
    • 販売期間内に株式投資信託30万円相当額以上)を成約し、かつ下記4項目のいずれかを満たすこと。
      1. 投信口座の新規開設
      2. 新規資金での株式投信購入
      3. NISA口座開設の申込み(他金融機関からの移行も含む)
      4. NISA口座での株式投信購入
    • 定期預金の作成は、株式投信の成約と同時に行われる。
      利用可能回数は、
      ・上記の条件1・3:1人あたり1回のみ
      条件2・4回数制限なし
    • 預入額:株式投信の成約金額以内かつ2000万円以内。
  • 適用金利年5.0%(税引後は3.98425%)
    初回満期までのみの適用。
  • 販売期間2015年1月4日〜3月31日
  • 申込方法実店舗の店頭に限る。
    (テレフォンバンキング、インターネットバンキングは不可)

年利換算でも1.67%という高利率ですが、それだけに、投資信託の販売により金融機関が得る利益がどれだけ大きいか、ということが容易に想像される数字です。

投信購入で回数制限無しというあたりにも、顧客を囲い込む強い狙いが伺えますが、それらはあくまで販売者側の都合。

購入者側としてはもちろん、元本保証の無い投資信託の購入は、自身の判断と責任によるものであり、本キャンペーンの安易な利用は避けるべきと思います。

ただ一方で、千葉銀行での投資信託購入・NISA口座開設を既に検討中の方にとっては、3ヶ月という預入期間(資金が拘束される期間が短く済む)と合わせて、魅力の高いキャンペーン内容だと思われます。


※参照・参考サイト:
[1]資産運用応援プラン 金利上乗せコース(千葉銀行)
http://www.chibabank.co.jp/campaign/operating/