金利が高い銀行を調べてみる。


(スポンサード リンク)
2016年08月02日

大分県信用組合が、健康診査の受診で1年定期に年0.2%を上乗せする商品4種を発売

大分県信用組合が2016年5月〜7月に、健康診査の受診で金利を優遇する

  • 健康一直線応援定期
  • いきいき日出町健康定期
  • べっぷ湯けむり健康定期
  • 豊後高田市全力健診中定期
の定期預金4商品を相次いで発表していました[1]。

商品の簡単な内容は次の通り。


提携している自治体竹田市、日出町、別府市、豊後高田市
対象預金スーパー定期1年もの
適用金利店頭表示金利に、年0.20%を上乗せする。
利用条件
  • 各自治体の住民で、特定健康診査や後期高齢者の健康診査を受診した人。
  • その他(商品・自治体により、年齢・がん検診などの違いがある)
また、健康診断の受診を報告する等の条件(商品により異なる)を満たせば、初回満期日以降も優遇金利が適用される。
預入額1口10万円以上、一人300万円以内
販売期間2017年3月末まで
(※販売開始日は、商品により異なる。)

日銀のマイナス金利導入以降、預金商品の金利もめっきり下がってしまった中で、今回は久々に好条件の定期預金だったので取り上げてみました。

例えばインターネット専業の楽天銀行で、楽天証券口座との連携による普通預金での優遇金利が0.1%ですが、それと単純な比較はできないとしても、年0.2%上乗せという今回の商品群は、かなり頑張っているように思われます。

また、この手の金利優遇は「初回満期日までのみ」というのが一般的ですが、今回は翌年も健康診査の受診などを行うことで、優遇金利の適用が延長されるとのこと。

この点も大きな魅力であり、また健康診査・がん検診の受診率などを継続的に引き上げようという、積極的な姿勢も感じられます。

(ただし翌年以降の優遇金利などの詳細は、その都度別途確認する必要があるとは思いますが)

私(管理人、北海道在住)もちょうど先日、健康診査やがん検診を受けたばかりですが、北海道における特定康診の受診率は、2014年度に平均26.1%(つまり約1/4)とのことでした。

そのこともあって、今回の大分県内での取組みが県内の平均受診率にどう影響するのか、というのはかなり興味を惹かれるところです。


※参照資料:
[1]竹田市提携「健康一直線応援定期」(大分県信用組合)
http://www.oita-kenshin.co.jp/cgi/campaign_deatil_146216125627488.html
[2]日出町提携「いきいき日出町健康定期」(同上)
http://www.oita-kenshin.co.jp/cgi/campaign_deatil_146474319110368.html
[3]別府市提携「べっぷ湯けむり健康定期」の発売について(同上)
http://www.oita-kenshin.co.jp/cgi/campaign_deatil_14673364404652.html
[4]豊後高田市提携「豊後高田市全力健診中定期」(同上)
http://www.oita-kenshin.co.jp/cgi/campaign_deatil_145186859310318.html
[5] 豊後高田市 「U40」世代に無料健診 県信組が金利優遇 /大分(毎日新聞)
http://mainichi.jp/articles/20160728/ddl/k44/100/332000c