大和信用金庫の2015年「やましん防犯定期預金」は、犯罪率低下で1年ものに最大0.2%を上乗せ: 金利が高い銀行を調べてみる。


(スポンサード リンク)
2015年06月16日

大和信用金庫の2015年「やましん防犯定期預金」は、犯罪率低下で1年ものに最大0.2%を上乗せ

奈良県の「大和信用金庫」が2015年5月から、県内の犯罪率低下で金利を上乗せする「やましん防犯定期預金」を販売しています[1]。

商品の概要を、以下にまとめてみました。


対象顧客個人・法人
対象預金(預入期間)スーパー定期1年もの
預入額10万円以上300万円以下(1円単位)
口数は問わない。
適用金利最大で、下記の計0.2%が上乗せされる。(※当初預入の1年のみ)
  1. 預入時の店頭表示金利に、年0.1%を上乗せする。
  2. 県内の犯罪率(人口1000人あたりの数値)が前年(8.05)を下回った場合は、更に年0.1%を上乗せする。
販売期間2015年5月1日〜6月30日
申込方法ATMでの申し込みは適用外。
募集総額30億

この商品の情報を知った当初は、県民の意識喚起にはつながる一方で、犯罪の抑止には果たして寄与できるものなのか(犯罪者側への働きかけは期待できないのでは)・・・と疑問がありました。

しかし、商品パンフレット[1]の2ページ目では

  • 架空請求詐欺
  • オレオレ詐欺
  • 還付金詐欺
といった、金融機関からの振込みをさせる詐欺に対しての注意が強調。

金融機関がこのような商品を取り扱うことで、近年増えている詐欺手口について「狙われる側の注意を促し、犯罪発生を減少させる」という狙いならば、すんなり合点が行くものであり、非常にユニークで良い取組みだと思います。

また金利についても、同信金が同じく販売中の「夏本番!定期預金」(1年もの金利が年0.15%)を上回る可能性があり、昨年の「防犯定期預金」が募集総額を上回る申込(35億円)を得る人気だった[3]のも、納得です。


※参照資料:
[1]『やましん防犯定期預金』のご案内(大和信用金庫)
http://www.yamato-shinkin.co.jp/news/detail/pdf/pdf_0098.pdf
[2]特別金利「夏本番!定期預金」のご案内(同上)
http://www.yamato-shinkin.co.jp/news/detail/pdf/pdf_0099.pdf
[3]犯罪率低下すれば特別金利上乗せ、奈良で「防犯定期預金」(サンケイニュース)
http://www.sankei.com/region/news/150519/rgn1505190028-n1.html

(スポンサード リンク)