金利が高い銀行:定期預金(スーパー定期・300万円以上): 金利が高い銀行を調べてみる。


金利が高い銀行:定期預金(スーパー定期・300万円以上):カテゴリの記事一覧です。

(スポンサード リンク)
2007年05月04日

定期預金の金利が高い銀行(スーパー定期・300万円以上)(2)

 ただ、定期預金金利高い銀行(スーパー定期・300万円以上)(1)では金利のみを掲載していますが、実際には、一般的に同じ「スーパー定期」と呼ばれる定期預金でも、各銀行・金融機関によって、システムの細かい部分が異なります。
 例えばイーバンク銀行の場合、定期預金に「スーパー定期」という名称は無く、預け入れ金額が1口10万円と100万円の2種類あり、そのいずれかによって金利が異なっています。
 対してジャパンネット銀行では、定期預金の預け入れは1万円以上1円単位となっており、また区切りが300万円でなく100万円となっている。
 また、マル優(障害者等の非課税貯蓄制度)の適用も、各銀行・金融機関で異なるようなので、単なる金利の高さのみで定期預金を作る銀行・金融機関を決めるのではなく、定期預金のシステムの詳細や、使い勝手なども十分考慮して決定したほうがよいでしょう。

 ※この記事は、2007年4月30日に執筆したものです。そのため、現在では金利などの数値が変動している場合があります。

 (参考)
 Yahoo! ファイナンス - 金利情報 スーパー定期300万以上: : 全国
    http://biz.yahoo.co.jp/rate/supermiddle/area1_20070416.html
 定期預金 イーバンク銀行|インターネットバンキング
    http://www.ebank.co.jp/kojin/service/fixed/index.html
 ジャパンネット銀行:Japan Net Bank|定期預金
   http://www.japannetbank.co.jp/service/save/fixed/index.html

 定期預金金利高い銀行(スーパー定期・300万円以上)(1)
2007年05月03日

定期預金の金利が高い銀行(スーパー定期・300万円以上)(1)

 各銀行・金融機関での一般的な通称とされている定期預金「スーパー定期」。
 そのスーパー定期・最低預金額300万円以上の金利は、預け入れ金額が大きい分、スーパー定期の300万円未満よりも、若干ですが金利高い設定になっているようです。(本当に若干ですが。)
 
 Yahoo!ファイナンスによると、日本全国の銀行・金融機関での、スーパー定期・300万円以上の、日本で一番高い金利は、預け入れ期間順に

 預け入れ期間1ヶ月 イーバンク銀行:0.42% (全国平均金利:0.25%)
 預け入れ期間3ヶ月 イーバンク銀行:0.44% (全国平均金利:0.251%)
 預け入れ期間6ヶ月 オリックス信託銀行:0.6% (全国平均金利:0.275%)
 預け入れ期間1年 日本振興銀行:1% (全国平均金利:0.356%)
 預け入れ期間2年 オリックス信託銀行:1.05% (全国平均金利:0.405%)
 預け入れ期間3年 日本振興銀行:1.2% (全国平均金利:0.462%)
 預け入れ期間4年 大阪協栄信用組合:1.0% (全国平均金利:0.468%)
 預け入れ期間5年 オリックス信託銀行:1.4% (全国平均金利:0.623%)  
 預け入れ期間6年 尼崎信用金庫:0.7% (全国平均金利:0.646%)
 預け入れ期間7年 ジャパンネット銀行:1.1% (全国平均金利:0.708%)
 預け入れ期間10年 日本振興銀行:1.7% (全国平均金利:0.824%)

 となっています。
 全体的に、普通預金やスーパー定期・300万円未満と同じく、やはりインターネット専業銀行金利の高さが目立ちます(ここに名前があまり出てこない銀行でも、十分に高い金利となっている)。
 特に、金利の全国平均と比べると、その差は歴然です。

 ただ、銀行・金融機関によって預け入れ期間の設定が異なるため、全国で見ると預け入れ期間に金利が必ずしも比例していない、という状況になっています。
 例えば、4年ものと6年ものでは、ネット銀行に該当する商品が無いため、地方の金融機関(信用組合、信用金庫)の金利がトップになっているのが意外な感じです。

 ※この記事は、2007年4月30日に執筆したものです。そのため、現在では金利などの数値が変動している場合があります。

 定期預金金利高い銀行(スーパー定期・300万円以上)(2)