ゆうちょ銀行(旧郵便貯金): 金利が高い銀行を調べてみる。


(スポンサード リンク)
2011年02月23日

ゆうちょ銀行が、定額貯金の金利上乗せキャンペーンを延長する方針

ゆうちょ銀行が2月21日、定額貯金金利上乗せキャンペーン(当初予定は2010年4月から1年間)を延長する方針を発表したとのこと。

(ニュース記事)
・ゆうちょ銀、定額貯金の金利優遇延長  :日本経済新聞
 http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819694E0E3E2E29B8DE0E3E2E0E0E2E3E39797E3E2E2E2;at=ALL

上記URL先ページによると、詳細は、

・背景:
 同キャンペーンは、3年目以降の金利を0.1%優遇し0.15%とするもので、2010〜12年に大量満期(約20兆円)を迎える定額貯金の流出防止策として導入した。
 その結果、
 ・2010年4-12月で、残高が約1兆円増加した。
 等、一定の効果がみられたことから、今回はキャンペーン継続を決定した。
・延長期間:2012年3月末まで

等となっています。


長期の預金としては金利は高くないと思いますが、それでも堅実な預け先としてやはり人気と信頼は高い、ということでしょうか。

同日には三菱東京UFJ銀行の定期預金金利引上げも発表されているので、これから各金融機関で、各種預金の金利アップが少しでも行われることを期待したいところです。


※参考
・[1]定額貯金−ゆうちょ銀行
 http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/tameru/teigaku/kj_tm_tg_chokin.html


※当ブログの関連記事:
国債や定額貯金の満期を控え、三菱UFJ信託銀行・ゆうちょ銀行が預金商品の金利を優遇(2011年01月10日)

三菱東京UFJ銀行が、預入期間5年以上の定期預金の金利を引き上げ

三菱東京UFJ銀行が2月21日、預入期間5年以上の定期預金の金利引き上げ方針を発表したとのこと。

(ニュース記事)
・三菱東京UFJ銀 定期金利引き上げ : 金融ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20110222-OYT8T00307.htm

(三菱東京UFJ銀行のサイト内ページ)
・円預金金利:三菱東京UFJ銀行
 http://www.bk.mufg.jp/cdocs/list_j/kinri/yokin_kinri.htm

上記のニュース記事によると、今回の金利アップは、長期金利の上昇を受けて1年10ヶ月振りに行うもので、具体的には、

・預入金額300万円未満:
 ・5年もの:0.10%(0.04%引き上げ)
 ・10年もの:0.3%(0.1%引き上げ)
・その他:
 預入金額300万円以上の定期預金などでも金利を引き上げる。

等の方針とのこと。

また三菱東京UFJ銀行では、既に引き上げ後の金利が掲載されています。


金利自体はまだまだ低いと感じますが、それでも実際に定期預金の金利引き上げが行われたことは、個人的には非常に好ましいことだと感じます。

また、長期金利の上昇が背景にあるとのことなので、この動きが今後、他の銀行にも波及していくことを強く期待したいです。


※当ブログの関連記事:
日銀の政策金利利下げにより、銀行預金金利も低下(2008年11月15日)
三菱東京UFJ銀行が定期預金金利を引き下げ(2008年12月28日)
三菱東京UFJ銀行が2010年9月に、普通預金金利を年0.02%に引き下げる方針(2010年09月05日)
2010年09月05日

ゆうちょ銀行が2010年9月に、定額貯金・定期貯金の金利引下げを実施予定

ゆうちょ銀行が9月3日、

定額貯金
定期貯金

金利引き下げを発表したとのこと。

(ニュース記事)
・ファイル:預金金利、相次ぎ引き下げ − 毎日jp(毎日新聞)
 http://mainichi.jp/select/biz/news/20100904ddm008020080000c.html

上記URL先ページによると、詳細は、

・背景:
 市場金利の低下を受けての措置。
・引き下げ後金利の例:
 ・2年の定期貯金:年0.06%(現在は0.08%)
・適用日:2010年9月6日

等となっています。


政府には、現在の低金利状況を活用し、景気回復につなげる政策を行ってほしいものですが、何か具体的な取り組みは検討または実施されているんでしょうか?


※参考
・[1]株式会社ゆうちょ銀行
 http://www.jp-bank.japanpost.jp/


※当ブログの関連記事:
ゆうちょ銀行が通常貯金金利を0.05%に引き下げ(2008年12月23日)
ゆうちょ銀行が一部の定期性預金の金利を引き下げ(2009年01月25日)
2010年03月08日

ゆうちょ銀行が「退職金キャンペーン」「ありがとうキャンペーン」の実施を発表

ゆうちょ銀行が3月5日、貯金金利優遇キャンペーンの実施を発表したとのこと。

10/3/8 退職金の貯金で金利を優遇=Wiiが当たるキャンペーンも―ゆうちょ銀(時事通信)

上記リンク先記事によると、キャンペーンの内容は、

退職金キャンペーン
・対象者:2009年1月以降に退職金を受け取った個人。
・対象預金:1年もの定期貯金
・金利や特典:
 ・300万円以上の新規預け入れ:店頭表示金利に0.15%を上乗せ。
 ・1年もの定期貯金と投資信託を同時に500万円以上申し込み、投信購入分が50%以上の場合:
  ・金利の上乗せ
  ・「郵便局の選べるギフト」(5,000円相当)のプレゼント
・実施期間:2010年4月1日〜5月31日

ありがとうキャンペーン
・実施期間:2010年4月1日〜2011年3月31日
・金利や特典: 
 ・定額貯金の新規預入れに対し、預入から3年以上経過で、店頭表示金利に0.10%を上乗せする。
 ・4月1日〜7月30日の期間に、
  ・定額貯金
  ・1年以上の定期貯金
  等に30万円以上を預け入れした顧客に、抽選で任天堂のゲーム機「Wii」をプレゼントする。

となっています。


ゆうちょ銀行のキャンペーンは、私はこれまで馴染みが無かったので、今回複数のキャンペーンが実施されるというのは、かなり意外に感じました。

ただ個人的には、元々の金利がかなり低いので、金利上乗せの魅力が薄いとも感じます。


※参考
・株式会社ゆうちょ銀行
 http://www.jp-bank.japanpost.jp/
2009年11月15日

ゆうちょ銀行が、サッカーW杯応援企画の一環で、定期貯金の金利優遇キャンペーンを実施

ゆうちょ銀行11月13日サッカーワールドカップ(W杯)応援企画の一環で、定期貯金金利優遇キャンペーンを実施することを発表したとのこと。

ゆうちょ銀、W杯応援企画で預金の金利を優遇 24日から - MSN産経ニュース

上記リンク先記事と、ゆうちょ銀行のサイト内ページ[1]によると、今回のキャンペーンの内容は、

・預金額:50万円以上
 ※新規資金預け入れが対象(通常貯金からの預替えは対象となる)。
・対象預金:1年もの定期貯金
金利:店頭表示金利0.20%を上乗せする。
・受付:2009年11月24日〜2010年1月29日

等となっています。

ゆうちょ銀行では、2010サッカーW杯のサブライセンス契約を、FIFA(国際サッカー連盟)と締結して「こつこつ頑張っている人に、夢を。感動を。」をテーマにキャンペーン活動を実施中。
今回は、このテーマの「こつこつ」と、定期貯金をかけたとのことです。


もうサッカーワールドカップ開催が迫っていることに、時間の流れの速さを感じざるを得ません。

それはともかく、ゆうちょ銀行定期貯金キャンペーンが報じられるのは、個人的にはかなり珍しい気がします。

今後も、キャンペーンがもっと頻繁に行われると嬉しいですが・・・。


※参考
・[1]夢をつかもう。キャンペーン
 http://www.jp-bank.japanpost.jp/campaign/yume03/cpn_yume01.html
2009年01月25日

ゆうちょ銀行が一部の定期性預金の金利を引き下げ

ゆうちょ銀行が1月23日、定期性預金金利の一部引き下げを発表したとのこと。

ゆうちょ銀、定期性預金金利を一部引き下げ(NIKKEI NET(日経ネット):経済ニュース)

上記リンク先記事によると、今回引き下げ対象となるのは、

定額貯金1年以上
定期貯金2年以上

金利で、例えば定額貯金3年以上)の金利は0.25%(従来は0.3%)に引き下げ。

(※当記事の執筆時点での、ゆうちょ銀行サイトに掲載されている、定額貯金3年以上)の金利は、0.30%となっています[1]。)

これは、日銀の2008年末の金利引下げによる、市場金利の低下に伴う措置とのことです。


キャンペーン以外の通常の預金商品で、金利引上げのニュースが出てくるのは、一体いつになることでしょうか?


※参考
・[1]金利一覧ーゆうちょ銀行
 http://www.jp-bank.japanpost.jp/cgi-bin/kinri.cgi
・定額貯金−ゆうちょ銀行
 http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/tameru/teigaku/kj_tm_tg_chokin.html
・定期貯金−ゆうちょ銀行
 http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/tameru/teiki/kj_tm_tk_chokin.html
2008年12月23日

ゆうちょ銀行が通常貯金金利を0.05%に引き下げ

ゆうちょ銀行が12月22日、日銀(日本銀行)の利下げを受けて、「通常貯金」(普通預金に相当)等の金利を、引き下げることを発表したとのこと。

ゆうちょ銀行が通常貯金など金利引き下げ - 経済ニュース : nikkansports.com

上記リンク先記事によると、ゆうちょ銀行による金利引下げは、

・通常貯金:0.05%(現行では年0.13%)
・通常貯蓄貯金(10万円以上の残高で、有利な利子が付く):0.06%(現行では年0.14%)

となっています。

ただし、定額貯金や定期貯金の金利は、当面据え置かれるとのことです。


大手銀行の普通預金金利0.04%より0.01%高い金利なのは、差別化を図っているということでしょうか?

ともあれ、楽天クレジットの引き落とし口座をゆうちょ銀行にしていた名残で、現在も同銀行の普通貯金口座を利用している私としては、ちょっと嬉しいです。

また、定期貯金の金利が当面据え置かれるというのは、他の銀行の定期預金金利にも影響を与えることになるか、今後の他行の動向が気になるところです。
2008年05月09日

2008/4/1、ゆうちょ銀行の普通預金に利息が付与

既に1ヶ月以上前のことですが、2008/4/1に、ゆうちょ銀行普通預金利息がついていました。

今回は税引き前利息が19円、税金2円が引かれ、結果17円の利息となりました。

私はゆうちょ銀行の口座は、クレジットカード(楽天クレジット)の引き落とし専用口座にしているので、普段から必要な金額だけ入れるようにしていますが、それにしても利息というのは微々たるものです。
(僅かでも利息がつくだけマシ、かもしれませんが・・・)

また2円とはいえ、しっかりと税金(20%)が天引きされているのも、毎度のことながら感心?してしまいます。
2007年12月06日

ゆうちょ銀行のATMは正月三が日も稼動

12/4(水)の北海道新聞朝刊11面に、ゆうちょ銀行のATM(現金自動預払機)が、2008年の正月3が日も稼動する、との記事が掲載されていました。

この記事によると、正月三が日のATMの稼動は、日本郵政公社時代も入れて初めてのことで、全国約8400ヶ所、約12000台のATMを、一部を除き朝9:00〜夕方5:00まで稼動させるそうです。

またこの3日間は、全国で約12000台のセブン銀行のATMでも、ゆうちょ銀行のキャッシュカードによる貯金の預け入れ・払い戻しが可能とのことです。
ただし、手数料は1回210円となっています。


私は以前セブンイレブンにあるセブン銀行ATMで、ゆうちゅ銀行キャッシュカードによるお金の預け入れをしようとしましたが、手数料が210円かかるので止めたことがあります。
確か、時間によって手数料は変化していたように思いますが、それにしても私にとって手数料210円は、正直利用を躊躇するのに十分な金額です。
(金利による僅かな利息を、フッ飛ばして余りあるほどの金額なので・・・。)
2007年10月21日

ゆうちょ銀行の通帳には、預金利息からの税金天引き分が記載

 昨日、ゆうちょ銀行(旧郵便貯金)の通帳記入を行ったら、4月〜9月分の普通預金利息が入金になっていました。

 金額は正直、20円の利息から4円の税金が引かれ、入金額は16円でした。

 ゆうちょ銀行(旧郵便貯金含む)の預金利息に関する通帳の記述は、今年(2007年4月)から、利息に対する税金の天引き分も記入されるようになった(確かそれ以前は入金金額だけの記載だったと思う)ので、税金に対する意識が多少なりとも高まって良いと思っています。
 
 ちなみに、私の4月時の預金利息は、30円から税金5円(何故か6円ではない)が引かれ、25円でした。

 ただでさえ微々たる利息(私の預金額が少ないからですけど)から、わずか数円でも税金が引かれているのを見ると、何故か笑いが出そうになります。
 (大事に使って欲しいものです。)