中部地方全般: 金利が高い銀行を調べてみる。


中部地方全般:カテゴリの記事一覧です。

(スポンサード リンク)
2012年11月10日

北陸銀行が7支店で「城端線応援定期預金キャンペーン」を開始、先着3,000名に城端線沿線地域にまつわる景品(おかきセット、生姜醤油など)をプレゼント

北陸銀行」が2012年11月に、7つの支店で「城端線じょうはなせん応援定期預金キャンペーン」を開始したとのことです。

(北陸銀行のサイト掲載資料)
・「城端線応援定期預金キャンペーン」の実施について
 http://www.hokugin.co.jp/shohin/docs/jyohana2012.pdf

上記URL先ページによると、キャンペーンの概要は下記の通り。

・内容:
 ・「城端線応援定期預金」:
  ・対象商品:スーパー定期
  ・対象顧客:個人・法人
  ・預入額:20万円以上1,000万円未満
   ※新規資金に限る。
  ・預入期間:1
   満期時は、自動継続または自動入金。
  ・適用金利:店頭表示金利
  ・取扱店舗:
   砺波支店、庄川支店、福野支店、井波支店、福光支店、
   城端支店、戸出支店の7店舗
  ・入金方法:店頭のみ(ATM、ネットバンキングは対象外)
  ・募集枠:50億
 ・総付景品:
  預金者の先着計3,000に、下記5種類の景品(城端線の沿線地域に縁があるもの)からどれか1点がプレゼントされる。
  ・「おかきセット」(日の出屋製菓産業)
  ・「生姜醤油」(トナミ醤油)
  ・「クッキー詰め合わせ」(一休)
  ・「井波彫刻クリアファイルセット」(井波彫刻協同組合)
  ・「チューリップ球根セット」(富山県花卉球根組合)

・販売期間:2012年11月5日〜12月14日


金利の上乗せは無いようですが、一時は廃止も検討された鉄道路線を応援するために、沿線地域と関わりのある特産品を景品として用意しているのは、ユニークで魅力的な試みだと感じます。(一部支店の店頭申し込みに限定しているのは、PR効果を高めるためでしょうか)

地域産業・商品の魅力を再確認するうえでも、魅力ある取り組みでは、と考えます。


※参考サイト:
・[1]城端線(ウィキペディア)
2012年09月27日

静岡中央銀行・名古屋銀行・大垣共立銀行が「相続定期預金」を販売中、高齢化が背景

高齢化の急進を背景に、静岡中央銀行・名古屋銀行・大垣共立銀行が、相続金を対象とする「相続定期預金」を販売しているとのこと。

(ニュース記事)
・《経済》 相続対応に力注ぐ地銀(中日新聞)
 http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20120927/CK2012092702000056.html

(各行のサイト内ページ)
・相続定期預金(名古屋銀行)
 http://www.shizuokachuo-bank.co.jp/tameru2012.html#souzoku
・相続定期預金(名古屋銀行)
 http://www.meigin.com/kojin/yokin/sozoku.html
・相続定期預金(大垣共立銀行)
 http://www.okb.co.jp/personal/save/teiki-souzoku.html

上記URL先ページによると、商品の概要は

静岡中央銀行
 ・商品名:「しずちゅう相続定期預金バトンタッチ
 ・条件:
  ・金融機関(静岡中央銀行も含む)での相続手続き完了後1年以内に、相続により取得した金額を原資として預入れできること。
  ・静岡中央銀行との継続的な取引を希望していること。
 ・預入期間・金利:
  ・6ヶ月もの:店頭金利に年1.0%を上乗せ。
  ・3年・5年もの:店頭金利に年0.3%を上乗せ。
 ・発売時期:2012年1月
  当初は9月末で終了の予定だったが、10月以降も継続する。
 ・販売実績:
  預金総額は約21億円に達している。

名古屋銀行
 ・商品名:「相続定期預金
 ・対象顧客:個人
 ・条件:
  相続手続き完了後1年以内に、相続により取得した金額を原資として預入れできること。
 ・預入期間:3ヶ月
 ・金利:店頭金利に年0.5%を上乗せする。
 ・発売期間:2012年4月2日〜2013年3月29日
 ・販売実績:
  既に352件・33億円以上に達している。

大垣共立銀行
 ・商品名:「相続定期預金
 ・対象顧客:個人
 ・条件:
  金融機関(大垣共立銀行以外を含む)での相続手続き完了後1年以内に、相続により取得した資金を、原資として預入れできること。
 ・預入額:11円以上。
 ・預入期間・金利:
  ・3ヶ月もの:店頭金利に年0.5%を上乗せ。
  ・6ヶ月もの:店頭金利に年0.3%を上乗せ。
  ・1年もの:店頭金利に年0.15%を上乗せ。
 ・発売時期:2012年9月

等となっています。

またニュース記事では、

(静岡中央銀行の担当者)
・「積極的に“取りに行く”預金ではない」

(名古屋銀行の担当者)
・「高齢者の関心が高い。
  サービスを強化し、資産が他行に流出することを防ぎたい」

とのコメントが紹介されています。


個人的には正直、「相続金を対象とする定期預金」には後ろ向きなイメージが拭えませんが、現実問題として高齢化が進んでいる中、このような商品に対する需要も確かに伸びている、ということでしょうか。

預入期間と金利を見ると、際立って良い条件の預金商品では無いとは思いますが、相続金を生かすという意味では、少しでも多い利息が得られるこれらの商品の魅力は大きいのかも、と考えます。

2012年05月20日

大垣共立銀行が「2012夏の資産づくり応援キャンペーン」で、各種の定期預金金利優遇を実施予定

大垣共立銀行」が2012年6月に、「2012夏の資産づくり応援キャンペーン」を開始する予定とのこと。

(ニュース記事)
・大垣共立銀行、6月1日から「2012夏の資産づくり応援キャンペーン」を実施(日経プレスリリース)
 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=309963&lindID=3

上記URL先ページによると、キャンペーンの概要は

・対象者:個人
・金利上乗せに関する内容:
 ・窓口で取り扱うスーパー定期での特別金利:
  預金額は30万円以上1,000万円未満。
  預入期間・適用金利などは、今後発表する。
 ・ダイレクトチャネルによるスーパー定期の金利上乗せ:
  ・ATM
  ・スーパーOKダイレクト(インターネットバンキング・テレホンバンキング)
  でスーパー定期(1年もの以上)を新規預入れする場合、店頭表示金利に年0.10%を上乗せする。
 ・マネーパッケージ「30プラン」の定期預金での特別金利:
  同プランにより円定期預金3ヶ月もの、通常金利は年2.0%)を新規預入する場合、特別金利として年3.0%を適用する。
・期間:2012年6月1日〜8月31日

等となっています。


マネーパッケージ「30プラン」での高金利は目を引きますが、例によって3ヶ月限定の適用であることは、よく留意する必要があると思われます。

尤も今回は、他にも定期預金の金利上乗せや各種プレゼントが行われるとのことで、低金利状況が続く中でちょっと明るいキャンペーンになっていると感じます。


※参考サイト・ページ
・[1]大垣共立銀行
 http://www.okb.co.jp/
2012年03月23日

スルガ銀行の「もれなく特別金利を上乗せ!「スペシャルギフト付き定期預金」キャンペーン」(2012年3〜7月)では、作成額300万円未満で年0.375%・300万円以上で年0.475%を上乗せ

スルガ銀行」が2012年3月に「ANA支店」において、「もれなく『金利』が『マイル』が『宝くじ』がもらえる!3つの『定期預金キャンペーン』」を開始する予定とのこと。

(ニュース記事)
・スルガ銀行、3つの「定期預金キャンペーン」をANA支店で実施(日本経済新聞)
 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=305892&lindID=3
・金利・マイル・宝くじで特典、スルガ銀行ANA支店が「定期預金キャンペーン」(マイナビニュース)
 http://news.mynavi.jp/news/2012/03/23/091/

(スルガ銀行のサイト内ページ)
・「もれなく『金利』が『マイル』が『宝くじ』がもらえる!3つの『定期預金キャンペーン』」実施のお知らせ
 http://www.surugabank.co.jp/surugabank/kojin/topics/120322.html

上記URL先ページによると、このうち金利上乗せキャンペーンについては、

・名称:「もれなく特別金利を上乗せ!「スペシャルギフト付き定期預金」キャンペーン
・対象商品:スペシャルギフト付き定期預金
・適用金利:
 「スーパー定期1年もの」の店頭表示金利(2012年3月12日現在では年0.025%)に、作成金額に応じて下記の特別金利を上乗せする。
 ・作成金額が300万円未満:年0.375
 ・同300万円以上:年0.475
 (※特別金利は当初1年間のみの適用)
・実施期間:2012年3月26日〜7月27日

等となっています。


ANA支店限定のキャンペーンということで、利用の間口が若干狭まっているとは思いますが、それでも最低で年0.375%が上乗せされるというのは、なかなかに大きな魅力だと感じます。


※当ブログの関連記事:
スルガ銀行が「ドリームライフ定期預金シリーズ」の商品取扱を来年まで延長(2009年04月01日)
スルガ銀行が「夏の円定期預金ダブルチャンスキャンペーン」を実施(2009年06月20日)
スルガ銀行が「資産運用パッケージプラン」を販売開始(2009年11月28日)
スルガ銀行が「ドリームライフ定期預金シリーズ」の「退職金プラン」で、特別金利キャンペーンを実施(2010年05月07日)
スルガ銀行が「夏のボーナスキャンペーン」で、スーパー定期6ヶ月ものに0.2%(新規預入)・0.1%(預入済みの資金での開設)を上乗せ(2010年07月02日)
スルガ銀行の2010年「冬のボーナスキャンペーン」は、6ヶ月もの定期で金利0.1%を上乗せ(2010年11月28日)
スルガ銀行が、「ドリームライフ定期預金シリーズ」4商品の販売期間を延長(2011年03月31日)
スルガ銀行の2011年「夏のボーナスキャンペーン」は、1年ものスーパー定期に年0.10%を上乗せ(2011年06月18日)
スルガ銀行が2011年「冬のボーナスキャンペーン」を実施予定、1年もの定期に年0.1%を上乗せ(2011年11月29日)
2011年07月01日

「十六銀行」「岐阜銀行」が「プレミアム・プラン」を共同実施、投資信託・外貨定期預金との同時申し込みで、3ヶ月もの円定期預金の金利が4.0%または5.0%

十六銀行」「岐阜銀行」の2行が6月29日、

投資信託または外貨定期預金の申込顧客に対し、円定期預金の特別金利を適用する十六銀行グループ「プレミアム・プラン」を共同実施する。

との予定を発表したとのこと。

(ニュース記事)
・バランスの良い資産運用を - 十六銀行と岐阜銀行が「プレミアム・プラン」 | ライフ | マイコミジャーナル
 http://journal.mycom.co.jp/news/2011/06/30/077/

(各行のサイト内ページ)
・<じゅうろく>プレミアム・プラン
 http://www.juroku.co.jp/16bank/info/campaign/premium_plan.shtml
・十六銀行グループ「プレミアム・プラン」の実施について(岐阜銀行のサイト内)
 http://www.gifubank.co.jp/press/20110629puremiamupuran.pdf

上記URL先ページによると、このプランの概要は、

・対象顧客:個人
・申込金額:
 1申込あたり、総額50万円以上1億円以下
 (※「投資信託または外貨定期預金」と「円定期預金」の合計
・組合せ内容:
 「投資信託または外貨定期預金」と「円定期預金」の同時申し込みが必要。
 (※「投資信託または外貨定期預金」は申込総額の50%以上、「円定期預金」は50%以下。)
・取扱店舗:国内全店(東京支店・大阪支店除く)
・その他の条件:
 ・「投資信託または外貨定期預金」と「定期預金」は、同一名義人に限る。
 ・「投資信託または外貨定期預金」と「定期預金」の取扱店は、同一に限る。
・各商品の概要:
 ・円定期預金
  ・対象商品:スーパー定期、スーパー定期300、大口定期預金
  ・預入期間:3ヶ月(自動継続)
  ・適用金利:
   ・申込総額50万円以上1,000万円未満:年4.0
   ・同1,000万円以上1億円以下:年5.0
   (※当初3ヶ月のみの適用。
     満期後は継続時点の店頭表示利率を適用する。)
 ・投資信託
  ・対象ファンド:
   各銀行で取り扱う投資信託の中から選択可能。
   ※一部、対象外となるファンドがある。
   ※新規購入に限る。(スイッチングは対象外)
 ・外貨定期預金
  ・対象商品:
   ・「じゅうろくオープン外貨定期預金」(自動継続)
   ・「オープン型外貨定期預金」(非継続)
   ※円貨からの新規預入に限る。
  ・預入期間:3ヶ月以上

・取扱い期間:2011年7月1日〜2012年3月30日

等となっています。


投資商品との組み合わせらしく、定期預金の優遇金利適用期間は短いですが、それでも年4.0%であれば3ヶ月(1年の1/4)あたりの金利は1.0%となり、金利面については破格の条件と感じざるを得ません。

ただ預入額については、最低額50万円を預金するには50万円の投資信託または外貨定期預金の同時申し込みが必要となるので、これらの投資方法に全く知識が無い場合にはハードルが非常に高い、とも感じます。


※参考サイト・ページ
・[1]16BANK
 http://www.juroku.co.jp/
・[2]岐阜銀行
 http://www.gifubank.co.jp/


※当ブログの関連記事:
岐阜銀行名古屋支店が1月13〜15日、定期預金金利を0,5%上乗せするキャンペーンを実施(2009年01月15日)
2011年06月27日

北陸の「北陸信金」「富山信金」「高岡信金」が、2011年夏の預金キャンペーンを実施中

北陸地方の

北陸信用金庫
富山信用金庫
高岡信用金庫

が、2011年夏の預金キャンペーンを開始しているとのこと。

(ニュース記事)
・夏の預金販促展開 北陸、富山、高岡信金(北國・富山新聞ホームページ - 北陸の経済ニュース)
 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/K20110626302.htm

(各信金のサイト内ページ)
・<<ほくしん>>夏ののダブルダブルキャンペーン - 金利ダブル&クローズド懸賞のダブルチャンス!
 http://www.hokurikushinkin.co.jp/news/2011/summer_w2/index.html
・夏期期間限定定期預金「夏物語23」 | お金をためる | 富山信用金庫
 http://www.shinkin.co.jp/tomishin/customers/save/detail/natsumonogatari23.html
・サマーキャンペーン(高岡信用金庫)
 http://www.takaoka-shinkin.co.jp/pdf/summer.pdf

上記URL先ページによると、このうち金利優遇キャンペーンの概要は、

北陸信用金庫
・キャンペーン名:「<<ほくしん>>夏のW2キャンペーン
・対象顧客:個人(個人事業主を含む)
・対象預金:スーパー定期 (自動継続のみ)
・預入期間:1年以上
・預入額:20万円以上500万円以内(新規のみ)
・金利:店頭表示金利の2
・クローズド懸賞:
 新規および継続額20万円ごとに、スピードくじを1回引くことができる
 商品は
 ・グルメギフトセット
 ・食事券
 など。(当選本数は50,000本)
・販売期間:2011年8月15日まで
・募集総額:50億


富山信用金庫
・キャンペーン名:「夏物語2
・対象顧客:個人
・対象預金:スーパー定期預金(証書式)
・預入期間:1
・預入額:20万円以上300万円以内
・金利:店頭表示金利に0.1%(給与振込者は0.12%)を上乗せする。
・販売期間:2011年6月20日〜8月末

高岡信用金庫
・商品名:自由金利型定期預金(M型)
 (愛称は「サマーキャンペーン定期預金」)
・預入期間:3
・預入額:10万円以上300万円以下
・金利:店頭表示金利に0.1%を上乗せする。
・その他:
 預金額30万円以上の申込者の先着5,000人に、
 ・携帯用保冷温バッグ
 ・冷茶クリーンポット
 をプレゼントする。
・販売期間:2011年6月20日〜8月末
・募集総額:100億

等となっています。


今月は夏のボーナスを前にしてか、前月と一変して預金の金利上乗せキャンペーンのニュース記事が多くなっており、今回の3信金に関するニュースも合わせて、大きな盛り上がりを感じるものです。

上乗せ利率は決して高いとは言えないと思いますが、それでもリスクが低い定期預金は、やはり魅力的な資金運用方法ということでしょうか。


※参考サイト・ページ
・[1]北陸信用金庫 / ようこそ《ほくしん》サイトへ
 http://www.hokurikushinkin.co.jp/
・[2]富山信用金庫
 http://www.shinkin.co.jp/tomishin/
・[3]高岡信用金庫
 http://www.takaoka-shinkin.co.jp/
2010年12月05日

中部地方の各金融機関が、2010年冬のボーナス向けの定期預金キャンペーンを実施中

下記URL先ページでは、中部地方の金融機関における、2010年冬のボーナス向けのキャンペーンの取り組みが紹介されています。

(ニュース記事)
・冬ボーナス獲得策、金利上乗せ重点 中部の金融機関  :日本経済新聞
 http://www.nikkei.com/news/local/article/g=96958A9C93819496E2E1E2E3968DE2E1E3E0E0E2E3E29EEBE3E2E2E2;p=F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2;n=9694E3E4E3E0E0E2E2EBE0E0E4E4;o=F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2

(各銀行の発表資料)
・「冬のお楽しみキャンペーン」の実施について(中京銀行)
 http://www.chukyo-bank.co.jp/news/data/20101203.html
・百五銀行|冬のGO!GO!キャンペーン
 http://www.hyakugo.co.jp/campaign/kinri_up.html
・第三銀行 個人のお客さま キャンペーンのご案内
 http://www.daisanbank.co.jp/personal/benefit/camp.html
・冬のチャンスキャンペーン 名古屋銀行
 http://www.meigin.com/kojin/campaign/20101201.html
・愛知銀行キャンペーン情報
 http://www.aichibank.co.jp/menu/cp_winter2010.html

この中で定期預金については、

中京銀行
・名称:「冬のお楽しみキャンペーン
・対象商品:
 スーパー定期の1年・2年もの(自動継続扱い)
・預入金額:20万円以上(1円単位)
・金利:
 申込時点の店頭表示金利に、0.25%を上乗せする。
・実施期間:2010年12月6日〜2011年1月末

百五銀行
・名称:「冬のGO!GO!キャンペーン
・対象商品:
 スーパー定期の
 ・6ヶ月もの(単利型)
 ・1年もの(単利型)
 ・3年もの(複利型)
・預入金額:10万円以上500万円以下
・金利:
 申込時点の店頭表示金利に、0.20%を上乗せする。
・実施期間:2010年12月1日〜2011年1月31日

第三銀行
・名称:「2010ホワイトキャンペーン
・対象商品:
 期間1年以上のスーパー定期
・預入金額:1万円以上1,000万円未満
・金利:
 申込時点の店頭表示金利に、0.20%を上乗せする。
・実施期間:2010年11月15日〜2011年1月31日

名古屋銀行
・名称:「冬のキャンペーン
・対象商品:
 スーパー定期1年もの
・預入金額:10万円以上900万円以下
・金利:
 申込時点の店頭表示金利に、0.15%を上乗せする。
・実施期間:2010年12月1日〜30日

愛知銀行
・名称:「ウインターキャンペーン
・対象商品:
 スーパー定期1年・3年もの(自動継続扱い)
・預入金額:20万円以上1,000万円未満
・金利:
 申込時点の店頭表示金利に、0.15%を上乗せする。
・実施期間:2010年12月1日〜2011年1月31日

等の内容となっています。


ゼロ金利政策により、通常の預金金利がめっきり落ち込んでいる状況ですが、その中でも冬のボーナス向けキャンペーンが意外に多く行われているという印象で、私自身が各キャンペーンを利用できるわけでは無いものの、ちょっと嬉しい感覚があります。


※参考
・[1]中京銀行
 http://www.chukyo-bank.co.jp/
・[2]百五銀行
 http://www.hyakugo.co.jp/
・[3]第三銀行ホームページ
 http://www.daisanbank.co.jp/
・[4]名古屋銀行 総合口座,定期預金,投資信託,住宅ローン,年金等のご案内
 http://www.meigin.com/index.html
・[5]愛知銀行
 http://www.aichibank.co.jp/


※当ブログの関連記事:
セブン銀行が「冬の定期預金キャンペーン」を開始(2010/11/23)
スルガ銀行の2010年「冬のボーナスキャンペーン」は、6ヶ月もの定期で金利0.1%を上乗せ(2010/11/28)
ソニー銀行が「2010年冬の特別企画」で、円定期預金の特別金利を実施予定(2010/11/29)
トマト銀行が2010年冬のボーナスシーズン向けに、定期預金金利の優遇キャンペーン2種を実施(2010/11/30)
2010年06月21日

北國銀行と北陸銀行が、2010年夏の定期預金キャンペーンを実施

下記リンク先記事では、北國銀行北陸銀行が実施する「夏のキャンペーン」について解説されています。

北國銀、金利が2倍 北陸銀、0.3%上乗せ 夏のキャンペーン展開(北國・富山新聞ホームページ - 北陸の経済ニュース)

具体的には、

北國銀行
・キャンペーン名:「北國ハッピーダブルキャンペーン
・対象顧客:定期預金を新規預け入れする個人
・対象預金:
 スーパー定期1、2、3年ものの、
 ・自動継続の総合口座定期
 ・通帳式定期預金
 を対象とする。
・預入金額:10万円以上1,000万円以下
・金利:預入日の店頭表示金利の2倍を適用する。
・その他の特典:
 先着3万人に、
 ・グラスセット
 ・弁当箱
 等のグッズをプレゼントする。
・受付期間:2010年6月21日〜8月末

北陸銀行
・キャンペーン名:「ほくほくサマーキャンペーン
・対象顧客:「ほくぎんポイント倶楽部」で200ポイント以上の契約者
・対象預金:スーパー定期1年もの
・預入金額:20万円以上1,000万円以下
・金利:最大0.3%上乗せする。
・その他の特典:
 先着4万人に、王理恵氏(元プロ野球監督・王貞治氏の次女、料理研究家)が選んだ物産品1点をプレゼントする。
・受付期間:2010年6月21日〜8月末

等となっています。


各行のサイト[1]〜[4]を見ると、元の金利の低さは否めないとは感じますが、それでも投資手段としてリスクが低い定期預金において、積極的なキャンペーンが実施されることは、個人的にはやはり有り難いことだと考えます。


※参考
・[1]預金キャンペーン『北國 ハッピーダブルキャンペーン』の実施について|2010年|ニュースリリース|北國銀行
 http://www.hokkokubank.co.jp/other/news/2010/100618.html
・[2]金利情報/預金金利|北國銀行
 http://www.hokkokubank.co.jp/cgi/simulate/bin/credit.cgi
・[3]「ほくほくサマーキャンペーン2010」の実施について|お知らせ|北陸銀行
 http://www.hokugin.co.jp/info/newsrelease/100618.html
・[4]預金商品利率一覧|北陸銀行
 http://www.hokugin.co.jp/kinri/yokinshohin.html


※当ブログの関連記事:
北國銀行が夏のボーナスキャンペーン「北國夏の感謝まつり」を実施(2009年06月21日)
北陸地方の銀行が実施している、定期預金キャンペーンが好調(2009年07月17日)

富山県の金融機関での、定期預金に関する動向(2008年12月13日)
北陸銀行が公的資金完済に合わせ、「投信パック定期預金」の金利をアップ(2009年09月23日)
2009年12月19日

のと共栄信用金庫が、「能登の森づくり定期預金」で50億円分を追加募集

のと共栄信用金庫が12月18日、「能登の森づくり定期預金」について、50億円分の追加募集を実施することを発表したとのこと。

ボーナス減でも預金好調 のと共栄信金

上記リンク先記事によると、「能登の森づくり定期預金」の詳細は、

・追加募集の背景:
 2009年4月の発売開始以来、半年で、当初募集額(100億円)に到達した。
 また、同10月から追加募集(50億円)を行ったが、これも2ヶ月余りで上限に到達。
 このため、今回新たに追加募集を行う。

・預金の種類:スーパー定期1年もの
・金利:店頭表示に年0.15%上乗せ。
・寄付:
 のと共栄信用金庫の「森づくりファンド」(地元の森づくり活動・環境学習に役立てる)に、初回満期時の受取利息の5%を寄付してもらう。
・受付期間:2010年3月末

等となっています。

ちなみに記事では、北國銀行の預金キャンペーン(11月9日に開始、金利は店頭表示の2倍)についても、

・1カ月で当初予定額(500億円)に到達。
・100億円を追加募集したが、こちらも1週間で完売した。

との状況が紹介されています。


収入に厳しさが増している中、定期預金に少しでも金利優遇を期待したい、というのは、私にとっても非常に良く理解できる状況です。


※参考
・“能登の森づくり”定期預金の追加募集総額50億円完売と第2回追加発売について(のとしん | 更新情報)
 http://www.notoshin.co.jp/dyn/data/ne/ne_00658.html
・北國銀行
 http://www.hokkokubank.co.jp/
・『北國 金利ダブルキャンペーン』追加募集100億円(総額600億円)の完売と 再度の追加募集について
 http://www.hokkokubank.co.jp/other/news/2009/pdf/091217.pdf
2009年12月06日

中部地域の金融機関が実施する、冬のボーナス獲得を狙ったキャンペーンの紹介記事

下記リンク先記事では、中部地域の金融機関が実施する、冬のボーナス獲得を狙ったキャンペーンが紹介されています。

中部の金融機関、冬のボーナス獲得 宝くじやエコなど(NIKKEI NET 中部版)

具体的には、

名古屋銀行
 「ドリームジャンボ宝くじ付定期預金」(100万円ごとに宝くじ5枚を贈呈)を発売。
 「金利以外に宝くじを加えて、お楽しみ内容を増やした」(名古屋銀行・総合企画部)
 同銀行での、冬のキャンペーンでの宝くじ付き定期預金販売は、今回が初とのこと。

十六銀行
 「エコチャレンジキャンペーン」を実施。
 キャンペーン内容は、
 ・定期預金などの新規・増額申し込み
 ・「3つのエコ宣言」(環境にやさしい生活など)
 を行うことで、毛布などをプレゼントする。
 キャンペーン実施の背景には、
 ・2008年に発売したエコ定期が好評だった。
 ・2010年10月に、名古屋市で生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が開催されるため、環境意識を高める。
 といった狙いがある。

百五銀行
 金利上乗せ定期預金を、4種類(6ヶ月、1年、3年、5年)に拡充。
 (2008年冬は、1年、3年、5年の3種類)
 個人の投資意欲が減退しており、投資信託の販売が低迷する一方で、預金は順調。
 「定期預金の種類を増やし様々な顧客ニーズに対応したい」(百五銀行の営業統括部)

大垣共立銀行
 「特別金利スーパー定期」に、新たに1年ものを追加し、計4種類に拡充。
 また、新規取引顧客を対象として、抽選でギフトカードをプレゼントするキャンペーンも開始している。

といった金融機関・キャンペーンが紹介されています。


記事では、金利については記載されておらず、代わりに他のサービス(プレゼント等)が詳しく紹介されているのが、ユニークに感じました。

もっともこれは、現在の低金利状況では、例え上乗せしても預金金利は低く、プレゼントが無いと定期預金の魅力に乏しい(インパクトに欠ける)ためかもしれない、という気もします。


※参考
・ドリームジャンボ宝くじ付定期預金 名古屋銀行
 http://www.meigin.com/kojin/campaign/20091201.html
・エコチャレンジキャンペーン(2009.12.1-2010.1.29)(※「十六銀行」サイト内)
 http://www.juroku.co.jp/16bank/info/campaign/eco.shtml
・百五銀行 | 個人のお客さま
 http://www.hyakugo.co.jp/index.html
・百五銀行|冬のGO!GO!キャンペーン
 http://www.hyakugo.co.jp/campaign/campaign_00.html
・大垣共立銀行|2009冬の資産づくり応援キャンペーン
 http://www.okb.co.jp/all/cam-2009winter.html