関西地方全般: 金利が高い銀行を調べてみる。


関西地方全般:カテゴリの記事一覧です。

(スポンサード リンク)
2013年04月09日

関西アーバン銀行が「相続定期預金」を発売、6ヶ月もの年0.30%・1年もの年0.15%を上乗せ

関西アーバン銀行」が2013年4月に、「相続定期預金」を発売したとのことです。

発表資料[1]によると、商品の概要は下記の通り。

・対象顧客:
 相続により取得した資金を原資として、資金取得後1年以内に預入れできる個人。
 ※他の金融機関でお受け取りの相続資金も対象となります。

・預入額:
 ・スーパー定期:1口100万円以上1,000万円未満
 ・大口定期預金:1口1,000万円以上
 (※相続による取得資金の範囲内)

・預入期間と金利:
 店頭表示金利に下記の利率を上乗せする。
 ・6ヶ月もの:年0.30
 ・1年もの:年0.15
 (※自動継続扱い)
 
・販売期間:2013年4月1日〜9月30日


預入期間が短いほうが上乗せ金利が高くなっているのはユニークですが、銀行側としては資金を定期預金に長く入れられるよりも、他の金融商品の利用につなげたい、ということなんでしょうか。

いずれにしても、この商品を利用する場合は、満期後の資金の運用先についても視野に入れておく必要があるかも、と考えます。


※参照・参考サイト:
・[1]相続定期預金の取扱い開始について(関西アーバン銀行)
 https://www.kansaiurban.co.jp/detail_pdf/20130401.pdf


※関連記事:
静岡中央銀行・名古屋銀行・大垣共立銀行が「相続定期預金」を販売中、高齢化が背景(2012年09月27日)
浜松信用金庫が相続金専用の定期預金「つなぐ想い」を発売、6ヶ月もので年利1.0%(2012年10月16日)
蒲郡信用金庫の相続定期預金「家族想い」は、店頭金利に年0.5%を上乗せ (2012年12月04日)
大光銀行が、投信+定期預金の「たいこう ビギンズパック」(1年もの定期に1.0%上乗せ)と「相続定期預金」(同0.15%上乗せ)を取扱い開始(2013年01月19日)
スルガ銀行が「相続定期預金」を発売予定、上乗せ金利は1年もの0.20%・3年もの0.25%・5年もの0.35%(2013年03月16日)
2013年03月12日

池田泉州銀行が地域ブランド応援定期預金「関西ぐるめぐり」を発表、3年間(毎年1回)グルメ商品を配送

池田泉州銀行が2013年3月8日に、地域ブランド応援定期預金「関西ぐるめぐり」の発売予定を発表していました。

同行の発表資料[1]によると、商品の概要は下記の通り。

・主な特徴:
 3年間(毎年12月)に渡り、預金者全員に、地域有名店のグルメ商品を届ける。
 商品は
 ・「銘菓スイーツセレクトコース
 ・「味わい厳選フーズセレクトコース
 から選択可能。
 また、抽選による“いっぴん(一品・逸品)”プレゼントも用意している。
・対象顧客:個人
・預入額:300万円または600万(定期預金への新規預入資金が対象)
・預入期間:3(自動継続は不可)
・金利:0.01
・取扱店舗:
 インターネット支店・ダイレクト支店を含む全店
 (日本全国で申し込みが可能)
・申込方法:
 ・店舗窓口
 ・インターネットバンキング
 ・テレホンバンキング
・発売日:2013年3月18日
・募集総額:100億


金利は著しく低いものの、それを補うようにグルメ商品を別途届けるという点が非常にユニークで、「水なす定期便」に続く意欲的な預金商品だと感じます。

ただ、預入額が固定されている(しかも高額)のは窮屈ですが、届ける商品の内容を固定している上では仕方が無い措置、ということでしょうか。

預金金利アップが一向に期待できない現状の中で、お金ではなく実物の商品を特典とする預金商品が、他の金融機関を含めて今後増えてきたら面白そうです。


※参照・参考サイト:
・[1]地域ブランド応援定期預金「関西ぐるめぐり」の発売について(池田泉州銀行)
 http://www.sihd-bk.jp/fresh_news/0000000372/pdf/fresh.pdf


※関連記事:
池田泉州銀行が、特産品「水なす漬」を定期的にプレゼントする預金商品「水なす定期便」を発売予定(2012年10月03日)
2012年10月03日

池田泉州銀行が、特産品「水なす漬」を定期的にプレゼントする預金商品「水なす定期便」を発売予定

池田泉州銀行」が2012年10月1日に、大阪・泉州の特産品「水なす漬」を定期的にプレゼントする預金商品「水なす定期便」の発売予定を発表したとのこと。

(ニュース記事)
・ボーナスにナスをプレゼント=池田泉州銀の新定期預金(時事ドットコム)
 http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2012100100648
・預金額に応じて「ぼーナス」 池田泉州銀行の新商品(朝日新聞)
 http://www.asahi.com/business/update/1001/OSK201210010162.html

(池田泉州銀行のサイト掲載資料)
・地域ブランド応援定期預金「水なす定期便」の発売について
 〜産業振興・地域振興を応援します!〜
 http://www.sihd-bk.jp/fresh_news/0000000296/pdf/fresh.pdf

上記URL先ページによると、この定期預金の概要は

・背景:
 池田泉州銀行は「地域第一主義」を経営方針に掲げており、これまで地元12市と産業振興・地域振興連携協力協定を結んでいる。
 その活動の中で、各自治体から
 ・地場産業を地域ブランド化したい
 ・地域ブランドを広めたい
 とのニーズを多数受けており、今回の定期預金は地域ブランド発信を応援するために企画した。

・対象顧客:個人
・預入額:
 ・300万
 ・500万
 ・1,000万
 の3コース。
・預入期間:1年(※自動継続)
・金利:スーパー定期1年もの店頭金利を適用する。
・「水なす漬」のプレゼント:
 ・提供店舗・会社:
  ・岸和田市「旬茄」
  ・貝塚市「サウス農産」
 ・回数・数量:
  ・300万円コース:年2回(3月・5月)、各3
  ・500万円コース:年2回(3月・5月)、各5
  ・1,000万円コース:年3回(3月に6袋、5月に8袋、9月に6袋)
  ※3月送付分は1月末現在、5月送付分は3月末現在、9月送付分は7月末現在で残高がある顧客が対象。
  ※上記の他、毎年5月に抽選で各コース10名につき1名に、「生水なす」をプレゼントする。
・取り扱い店舗:全店(インターネット支店、ダイレクト支店含む)
・受付方法:
 ・窓口
 ・インターネットバンキング
 ・テレホンバンキング
・発売日:2012年10月9日
・募集総額:100億

等となっています。


「旬茄」のショップサイト[1][2]を見てみると、池田泉州銀行の発表資料に掲載されている水なす漬は、1パック500円前後のものと見受けられます。

1パック500円とすると、今回預金における各コースでのプレゼント分は

・300万円コース:計6袋で3,000円分
・500万円コース:計10袋で5,000円分
・1,000万円コース:計20袋で1万円分

となり、金利換算では年0.1%相当となるので、現在の金利状況では妥当なところと思われます。
(上記計算では送料は考慮していないので、実際にはもうちょっと高くなると思う)

預金金利の低迷が続く中で、利息とは違う角度から預金者にメリットを提供し、また地域の産業振興への貢献も狙う・・・というのは、意欲的で魅力ある取り組みであることは確かではないでしょうか。


※参考サイト:
・[1]水なす 漬物(「旬茄(しゅんか)オンラインショップ」内)
 http://www.syunka-net.com/shopping/?ca=3
・[2]水なす ぬか漬(同上)
 http://www.syunka-net.com/shopping/?ca=2
2012年09月30日

関西アーバン銀行が2012年10月に新しい「eco定期預金」を発売予定、1年もので初回金利は年0.10%

関西アーバン銀行」が2012年9月28日に、新しい「eco定期預金」の発売予定を発表したとのこと。

(ニュース記事)
・環境保全に寄付する新定期預金を発売=関西ア銀(時事ドットコム)
 http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2012092800731

(関西アーバン銀行のサイト掲載資料)
・eco定期預金の取扱い開始について
 http://www.kansaiurban.co.jp/detail_pdf/20120928.pdf

上記URL先ページによると、商品の概要は

・対象顧客:個人
・預金の種類:スーパー定期
・預入額:1口30万円以上1,000万円以下(※新規資金のみ)
・預入期間:1年(自動継続型)
・適用金利:
 初回特別金利として年0.10%(税引後は年0.079685%)を適用する。
 ※適用は初回満期日まで。
・寄付:
 預金残高の0.01%相当額(2013年3月末に算出)を、
 ・「マザーレイク滋賀応援基金」(琵琶湖の自然保護が目的)
 ・「大阪府環境保全基金」(大阪府の環境保全活動の推進が目的)
 に半分ずつ寄付する。(※費用は銀行側が負担)
・販売期間:2012年10月1日〜2013年1月31日

等となっています。


金利自体は正直高いとは言えないですが、環境保護への寄付も行いつつある程度の利率を用意している点には、小さからぬ魅力が感じられます。

ただ、対象は新規資金のみというのが残念ですが、銀行側としては資金の呼び込みにつなげる狙いもある、ということでしょうか。


※関連記事:
関西アーバン銀行とびわこ銀行が、共通商品「eco定期預金−カーボンオフセット」を発売予定(2009年08月30日)
関西アーバン銀行が2011年10月に「eco定期預金〜節電サポート〜」を発売予定、「節電チェックシート」記入で金利0.15%を適用(2011年09月29日)
2012年09月04日

池田泉州銀行が2012年10月に「中国人民元建て外貨預金」を取り扱い開始予定、金利は1年もの定期で年1%程度?

池田泉州銀行」が2012年9月3日に、

・個人顧客向けに「中国人民元建て外貨預金」の取扱いを、2012年10月に開始する。

との予定を発表したとのこと。

(ニュース記事)
・池田泉州銀、個人向けの人民元建て預金を開始(日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/article/DGXNASHD0301R_T00C12A9LDA000/

(池田泉州銀行のサイト掲載資料)
・個人向け中国人民元建て外貨預金の取扱開始!〜近畿地銀としては初〜
 http://www.sihd-bk.jp/fresh_news/0000000291/pdf/fresh.pdf

上記URL先ページによると、商品の概要は

・対象顧客:個人
・取扱内容:
 ・普通預金口座の開設
 ・定期預金口座の開設
 ・円資金(現金・預金)からの預入
 ・円資金(現金・預金)での払出
 (※振込みに関連した取引、外貨現金・トラベラーズチェックによる取引には利用できない)
・預入額:
 ・普通預金:1元以上
 ・定期預金:3,000元以上
・定期預金の預入期間:
 ・普通型1ヶ月以上1年以内
 ・自動継続型(元加式・利払式):1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・1
・金利:
 1年もの定期預金で、年1%前後になる見通し。
・取扱店舗:全店(出張所を含む)
 ※ネットバンキングは対象外。
・取扱開始日:2012年10月1日

等となっています。

ちなみに人民元外貨預金の発売は、近畿の地方銀行では今回が初とのことです。


最近の中国経済は減速が続いている[1]ものの、中長期的には成長が見込まれる、との見方が一般的なので、最低預入額が低い今回の預金商品は、金利はそれほどではなさそうですが、資産運用の1手段として小さくない魅力を持つのでは、と考えます。

また、地方の金融機関において中国元外貨預金の取扱いが今後拡大するのか、という点にも、注目していきたいところです。


※参考サイト:
・[1]アングル:中国景気の減速が日本企業を圧迫、回復シナリオに影(ロイター)
 http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE87602820120807
2012年04月13日

関西アーバン銀行が2012年4月に「おかげさまで90周年 フレッシュキャンペーン」を開始、定期預金金利は0.4%、また他行からの振込手数料等相当額をキャッシュバック

関西アーバン銀行」が2012年4月に、

・定期預金の特別金利
・他行からの振込手数料等相当額のキャッシュバック

を行う「おかげさまで90周年 フレッシュキャンペーン」を開始したとのこと。

(ニュース記事)
・関西アーバン銀行、「おかげさまで90周年 フレッシュキャンペーン」を実施(マイナビニュース)
 http://news.mynavi.jp/news/2012/04/12/064/

(関西アーバン銀行のサイト内ページ)
・「おかげさまで90周年 フレッシュキャンペーン」実施のお知らせ
 http://www.kansaiurban.co.jp/information/details.php

上記URL先ページによると今回のキャンペーンは、低金利のまま眠っている預金の有無を呼びかけるもので、概要は

・対処顧客:個人
・預入額:
 ・スーパー定期:150万円以上1,000万円未満
 ・大口定期:11,000万円以上
・適用条件:
 他の金融機関から、関西アーバン銀行の本人名義口座に振り込むこと。
・特典:
 ・定期預金の特別金利:
  6ヶ月ものスーパー定期・大口定期に、年0.4%の初回特別金利を適用する。
  (※他行からの振込金額200万円以上のうち、50%の金額が上限
 ・他の金融機関から振り込んだ際に、顧客が負担した振込手数料の相当金額をキャッシュバックする。
・受け付け窓口:
 ダイレクト専用支店の「いちょう並木支店」では取り扱っていない。
・実施期間:2012年4月12日〜5月31日

等となっています。


金利優遇だけでなく、振り込み手数料分も支払うことで、他行からの資金移動を積極的に促すというのが、非常にユニークで興味深いです。

ただ、金利0.4%の適用はあくまで初回のみと見受けられるので、その後の利用継続については、関西アーバン銀行の他のサービスも見つつ、考える必要があるとは思われます。


※当ブログの関連記事:
関西アーバン銀行とびわこ銀行が、共通商品「eco定期預金−カーボンオフセット」を発売予定 (2009年08月30日)
関西アーバン銀行が2011年10月に「eco定期預金〜節電サポート〜」を発売予定、「節電チェックシート」記入で金利0.15%を適用(2011年09月29日)
関西アーバン銀行が「アーバンハッピーライフキャンペーン」を開始、金利は年金振込の新規指定で年0.40%・所定取引で0.25%(2011年11月03日)
2012年02月11日

池田泉州銀行が2012年2月「花咲か定期預金」を発売予定、桜の開花日予想で最高金利は年0.87%

池田泉州銀行」が、2012年2月に「花咲か定期預金」を発売する予定とのこと。

(ニュース記事)
・桜の開花日を当てると特別金利! 池田泉州銀行が『花咲か定期預金』13日発売(マイナビニュース)
 http://news.mynavi.jp/news/2012/02/10/089/

(池田泉州銀行のサイト掲載資料)
・「花咲か定期預金」の発売について
 http://www.sihd-bk.jp/fresh_news/0000000203/pdf/fresh.pdf

上記URL先ページによると、今回の商品の概要は

・仕組み:
 申込者は申込時に、気象庁(大阪管区気象台)が発表する大阪府開花日を予想する。
 その予想日の的中度合いに応じて、特別金利を適用する。
・対象顧客:個人
・定期預金の種類:「スーパー定期」「スーパー定期300(6ヶ月もの)」
・預入金額:30万円以上1,000万円未満
・預入期間:1
・適用金利:
 ・当初6ヶ月間:年0.039%(さく=咲く)
 ・7ヶ月目以降(6ヶ月間):
  ・予想日と開花日が一致した場合:年0.87%(はな=花)
  ・「前後賞」(開花日の前後1日の場合):年0.39
  ・一致しなかった場合:年0.039
・販売期間:2012年2月13日〜3月16日
・申込:
 池田泉州銀行の全店の窓口で受け付ける。
 (※ダイレクト支店・インターネット支店を除く)

等となっています。


的中のハードルはかなり高いとは思いますが、現在の低金利状況で0.87%という破格の利率が得られる可能性は、非常に大きな魅力だと感じます。
(前後賞でも0.39%と、やはり魅力は大きいと思う)

ただその分、外れた場合の利率の低さは、覚悟する必要がありそうです。


※参考サイト・ページ
・[1]池田泉州銀行
 http://www.sihd-bk.jp/


※当ブログの関連記事:
桜の開花日を的中すると高金利になる、池田銀行の「花咲か定期」(2009年01月29日)
2011年11月03日

関西アーバン銀行が「アーバンハッピーライフキャンペーン」を開始、金利は年金振込の新規指定で年0.40%・所定取引で0.25%

関西アーバン銀行」が11月1日に「アーバンハッピーライフキャンペーン」を開始したとのこと。

(ニュース記事)
・関西アーバン銀行、「アーバンハッピーライフキャンペーン」を開始(マイコミジャーナル)
 http://journal.mycom.co.jp/news/2011/11/02/050/

(関西アーバン銀行のサイト掲載資料)
・「アーバンハッピーライフキャンペーン」実施について
 http://www.kansaiurban.co.jp/detail_pdf/20111031.pdf

上記URL先ページによると、キャンペーンの概要は、

・対象顧客:個人
・対象預金:スーパー定期、スーパー定期300
・預入額:130万円以上(※新規資金に限る)
・金利:
 ・年金振込を新規指定した場合:年0.40
 ・下記の対象取引の1項目以上を満たす場合:年0.25
  ・給与振込
  ・年金受取
  ・関西クレジットサービスが発行するVISAもしくはマスターカードの保有
  ・公共料金等の自動支払
  ・貸金庫の利用
  ・投資信託の残高保有
  (※同一世帯内の家族の取引も対象となる。
   ※本定期預金の預入との同時申込も対象となる。)
・実施期間:2011年11月1日〜2012年1月31日

等となっています。


対象取引を家族内の誰かが行っている場合も優遇金利の適用対象、というのは、なかなか魅力的な条件だと感じます。
(顧客の囲い込み効果も結構高いのでは、と想像する)


※参考サイト・ページ
・[1]関西アーバン銀行
 http://www.kansaiurban.co.jp/


※当ブログの関連記事:
関西アーバン銀行とびわこ銀行が、共通商品「eco定期預金−カーボンオフセット」を発売予定 (2009年08月30日)
関西アーバン銀行が2011年10月に「eco定期預金〜節電サポート〜」を発売予定、「節電チェックシート」記入で金利0.15%を適用(2011年09月29日)
2011年09月29日

関西アーバン銀行が2011年10月に「eco定期預金〜節電サポート〜」を発売予定、「節電チェックシート」記入で金利0.15%を適用

関西アーバン銀行」が2011年10月に、「eco定期預金〜節電サポート〜」を発売する予定とのこと。

(ニュース記事)
・節電チェックで金利が5倍 エコ定期預金募集 関西アーバン銀(MSN産経ニュース)
 http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110928/biz11092819480031-n1.htm
・金利優遇や新型住宅ローンで節電支援=関西アーバン銀、10月から(時事ドットコム)
 http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2011092800843

(関西アーバン銀行のサイト掲載資料)
・環境に配慮した預金商品・融資商品の取扱開始について
 http://www.kansaiurban.co.jp/detail_pdf/20110928.pdf

上記URL先ページによると、今回の商品の概要は、

・対象顧客:個人
・預入額:130万〜1,000万円(新規預入のみ)
・預入期間:1
・金利:年0.15%(※9月28日時点の基準金利は年0.03%)
・条件:
 預金の申し込み時に、所定の「節電チェックシート」に記入する。
 (チェックシートの内容は、
  ・「暖房の設定温度を20度に」
  ・「冷蔵庫を『強』から『中』に」
  等の5項目)
・取扱い期間:2011年10月3日〜2012年1月31日

等となっています。


記事や銀行の発表資料を見る限りでは、実際の節電状況の報告は必要ないようですが、それでも申込時のチェックシート記入で優遇金利の適用を受けられるという方式は、省エネへの意識喚起という意味で少なからず効果を上げるのでは、と考えます。


※参考サイト・ページ
・[1]関西アーバン銀行
 http://www.kansaiurban.co.jp/


※当ブログの関連記事:
関西アーバン銀行とびわこ銀行が、共通商品「eco定期預金−カーボンオフセット」を発売予定 (2009年08月30日)

城南信用金庫の「節電プレミアム預金」は、太陽光発電など導入で年利1.0%を適用(2011年04月29日)
のと共栄信用金庫が2011年6月末に、電力消費量削減に応じた金利(0.1〜1.0%)を適用する「省エネ生活応援定期預金」を発売予定(2011年06月23日)
2010年05月11日

「子ども手当」支給を想定し、関西地方の金融機関が取組む顧客獲得キャンペーンを紹介している「YOMIURI ONLINE」の記事

下記リンク先記事では、「子ども手当」の支給を想定し、関西地方の金融機関が取組んでいる顧客獲得キャンペーンが紹介されています。

子ども手当「預金して」…地銀や信金 金利優遇などで顧客争奪戦 : 経済 ピックアップ : 経済 科学 : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

このうち預金商品については、

・「池田泉州銀行」:
 子ども手当の受取口座指定を条件に、先着プレゼントを実施。

・「神戸信用金庫
 店頭金利に0.3%上乗せする定期預金を発売。

・「きのくに信用金庫」:
 定期預金と同じ利率を適用する普通預金を発売。

といった金融機関・キャンペーンが取り上げられています。


子ども手当て自体の良し悪しはともかく、金融機関側としては、顧客を獲得する大きなチャンスになっている、とういことでしょうか。


※参考
・池田泉州銀行
 http://www.sihd-bk.jp/
・神戸信用金庫ホームページ
 http://www.shinkinbank.co.jp/
・きのくに信用金庫ホームページ
 http://www.kinokuni-shinkin.jp/
・「子ども手当」お受取り指定キャンペーンの開始について
 http://www.kinokuni-shinkin.jp/personal/topics/topics_20100420.pdf


※当ブログの関連記事:
「東山口信用金庫」が、子ども手当ての支給を受ける家庭を対象とする「すくすく定期積金」を発売(2010年02月27日)
静清信用金庫と富士信用金庫が、子育て支援をコンセプトとする預金商品を発売(2010年04月05日)
「香川県信用組合」が、「子ども手当」の受け取り口座指定で弁当箱をプレゼントするキャンペーンを実施(2010年04月14日)

きのくに信用金庫が、高金利な普通預金「きのくにキッズ」を発売(2009年12月31日)