関東地方:千葉県: 金利が高い銀行を調べてみる。


(スポンサード リンク)
2015年06月11日

銚子商工信用組合の「がん検診 応援定期預金」(2015年7月〜)は、がん検診の受診で年0.2%を上乗せ

千葉県の「銚子商工信用組合」が2015年7月に、がん検診の受診で金利を上乗せする定期預金を、発売する予定とのことです[1]。

同商品の概要を、以下に抜き出してまとめてみました。

条件
  • 20歳以上の個人
  • がん検診を受診したこと
    (受診時の健康手帳への押印・領収書・結果通知書などで確認する)
適用金利
  • スーパー定期(預金額300万円未満)
  • スーパー定期300(同300万円以上)
の店頭金利(預金時)に、0.20%を上乗せする。
(※満期後は店頭金利を適用)
預入額
  • 一口10万円以上500万円以内(1円単位)
  • 1人500万円以内(1店舗のみ)
預入期間1年(自動継続)
販売期間2015年7月1日〜2016年3月31日

まだ発売前ですが、当記事の作成時点(6月11日)で金利を考えると

  • 1年もの店頭金利(6月8日〜14日):0.025%
  • キャンペーンの上乗せ分:0.20%
の計0.225%(※税引き前)。

これは例えば、楽天銀行の夏キャンペーン(1年ものが年利0.25%)[3]よりちょっと低い程度であり、医療機関での検診が条件という変り種ながら、魅力的な設定です。

更に、病気の検診を受けるきっかけとなり、将来的な軽減負担の軽減につながる可能性がある、という点でも、魅力が大きい商品だと考えます。

ただ販売期間は長め(約9ヶ月)であるものの、信用組合では組合員以外からの預金額が制限されている(総預金額の20%まで)とのことなので、現時点でまだ余裕がある[2]とはいえ、販売期間いっぱいの販売が可能なのかは、ちょっと気になるところです。


※参照資料:
[1]がん検診 応援定期預金お取扱いのご案内(平成27年7月〜)(銚子商工信用組合)
http://www.choshi-shoko.co.jp/_userdata/pdf/info_gankenshin.pdf
[2]千葉)がん検診受ければ金利上乗せ 銚子商工信組の定期(アピタル)
http://apital.asahi.com/article/news/2015060800002.html
[3]「円定期預金 夏のボーナス金利キャンペーン」実施のお知らせ(楽天銀行)
http://www.rakuten-bank.co.jp/press/2015/150520.html
2015年01月04日

千葉銀行の「資産運用応援プラン 金利上乗せコース」は、投信購入など条件に、3ヶ月もの定期が年利0.5%

千葉銀行が2014年12月30日に、

  • 2015年1月に「資産運用応援プラン 金利上乗せコース」[1]の提供を開始する。
と発表していました。

これは投資信託の購入などを条件に、定期預金に高金利を適用するもので、商品の概要は下記の通り。

  • 対象顧客:個人
  • 対象預金3ヶ月もののスーパー定期・スーパー定期300(自動継続)
  • 利用条件
    • 販売期間内に株式投資信託30万円相当額以上)を成約し、かつ下記4項目のいずれかを満たすこと。
      1. 投信口座の新規開設
      2. 新規資金での株式投信購入
      3. NISA口座開設の申込み(他金融機関からの移行も含む)
      4. NISA口座での株式投信購入
    • 定期預金の作成は、株式投信の成約と同時に行われる。
      利用可能回数は、
      ・上記の条件1・3:1人あたり1回のみ
      条件2・4回数制限なし
    • 預入額:株式投信の成約金額以内かつ2000万円以内。
  • 適用金利年5.0%(税引後は3.98425%)
    初回満期までのみの適用。
  • 販売期間2015年1月4日〜3月31日
  • 申込方法実店舗の店頭に限る。
    (テレフォンバンキング、インターネットバンキングは不可)

年利換算でも1.67%という高利率ですが、それだけに、投資信託の販売により金融機関が得る利益がどれだけ大きいか、ということが容易に想像される数字です。

投信購入で回数制限無しというあたりにも、顧客を囲い込む強い狙いが伺えますが、それらはあくまで販売者側の都合。

購入者側としてはもちろん、元本保証の無い投資信託の購入は、自身の判断と責任によるものであり、本キャンペーンの安易な利用は避けるべきと思います。

ただ一方で、千葉銀行での投資信託購入・NISA口座開設を既に検討中の方にとっては、3ヶ月という預入期間(資金が拘束される期間が短く済む)と合わせて、魅力の高いキャンペーン内容だと思われます。


※参照・参考サイト:
[1]資産運用応援プラン 金利上乗せコース(千葉銀行)
http://www.chibabank.co.jp/campaign/operating/
2012年08月01日

京葉銀行の「宝くじ付き定期預金」で、1億円の高額当選が発生

京葉銀行」の「宝くじ付き定期預金」の利用者から、1億円の高額当選者が出たとのこと。

(ニュース記事)
・そんなことが…定期預金の「利息」が1億円!(読売新聞)
 http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120731-OYT1T00952.htm

上記URL先ページによると、定期預金の概要は

・預入期間:3
・特典:
 預金額100万円ごとに、(利息とは別に)宝くじを毎年5枚ずつ3年間プレゼントする。
・発売開始時期:2007年3月

等というもの。

今回は、「ドリームジャンボ第620回全国自治宝くじ」(6月に当選番号発表)において、

11億円):1
1等前後賞500万円):2

の当選者が出たとのことです。

またこれで、同預金でのこれまでの当選金の総額は、3億3,300万円に達しているとのことです。


預金金利が微々たる水準の現状と対照に、「1億円」というのは非常に夢のある数字で、今回の実績が宝くじ付き定期預金の魅力を高めることは間違いないとは思います。

ただ私が知る限り、このタイプの商品は預入額が100万円以上と高額で、また宝くじの当選は(当然ながら)あくまで運頼みということもあり、冷静な目で見ることが大切とも考えます。
(・・・でも、「実際に当選者が出ているんだから、ひょっとしたら自分も・・・」という気持ちが起こってくるのも正直なところ)


※参考サイト:
・[1]「サマージャンボ宝くじ付定期預金」の取り扱いについて(京葉銀行のサイト内)
 http://www.keiyobank.co.jp/news/2012/20120627142700.html


※関連記事:
北海道銀行の宝くじつき定期預金で、3年連続で1億円以上の当選者が出現(2009年01月09日)
佐賀共栄銀行が、ジャンボ宝くじ付き定期預金「宝当(ほうとう)定期預金」を販売開始(2009年04月22日)
中部地域の金融機関が実施する、冬のボーナス獲得を狙ったキャンペーンの紹介記事(2009年12月06日)
北海道銀行が2010年も、「年末ジャンボ宝くじ付き定期預金」を発売(2010年10月01日)
2012年04月07日

千葉興業銀行が「マリーンズ応援団定期2012」を発売、CS出場以上で年0.16〜0.36%を上乗せ

千葉興業銀行」が4月6日に、「マリーンズ応援団定期2012」を発売したとのこと。

(ニュース記事)
・マリーンズ、預金で応援 成績で金利アップ 千葉の銀行(朝日新聞)
 http://www.asahi.com/sports/bb/TKY201204060579.html

(千葉興業銀行のサイト内ページ)
・マリーンズ応援団定期2012
 http://www.chibakogyo-bank.co.jp/other/campaign/201204marines/index.html

上記URL先ページによると、今回の商品の概要は

・対象顧客:個人
・預入期間:1年(自動継続型)
・預入金額:10万円以上(1円単位)
・金利:
 千葉ロッテマリーンズ戦績に応じて、預入時のスーパー定期・スーパー定期300の店頭表示金利に、下記のプレミアム金利上乗せする。
 ・クライマックスシリーズ出場:年0.16
 ・日本シリーズ出場:年0.26
 ・日本シリーズ優勝:年0.36
 (※プレミアム金利の上乗せは、初回満期時までのみ)
・その他の特典:
 下記のプレゼントを用意している。
 ・「マーくんマルチポーチ」(先着順)
 ・千葉ロッテマリーンズ公式戦チケット(抽選)
・預入方法:店頭のみ
 (※ATM・インターネットバンキングは不可)
・募集総額:500億
・販売期間:2012年4月6日〜8月31日
 
等となっています。


現在のちば興銀の1年もの定期の金利は0.03%と非常に低いですが、今年はマリーンズの活躍によりその低金利を一気に引き上げることができるのかどうか、注目したいところです。


※当ブログの関連記事:
千葉興業銀行が、千葉ロッテマリーンズの応援定期預金「マリーンズ応援団定期2009」を発売(2009年05月19日)
千葉興業銀行が、「マリーンズ応援団定期2010」を発売(2010年04月02日)
ちば興銀「マリーンズ応援団定期2010」の金利0.32%は確定、日本一で0.42%まで上がるか?(2010年10月23日)
2011年10月01日

千葉興業銀行が2011年10月に「<60周年記念定期預金>ハッピーコレクト」を発売予定、金利は年0.06%

千葉興業銀行」が創立60周年記念商品の第1弾として、2011年10月に「<60周年記念定期預金>ハッピーコレクト」を発売する予定とのこと。

(ニュース記事)
・"60周年"にちなみ特別金利年0.06%、千葉興銀が定期預金『ハッピーコレクト』(マイコミジャーナル)
 http://journal.mycom.co.jp/news/2011/09/30/018/

(千葉興業銀行のサイト内ページ)
・「<60周年記念定期預金>ハッピーコレクト」を発売!(販売期間:平成23年10月3日(月)〜平成24年2月29日(水))
 http://www.chibakogyo-bank.co.jp/toushi/topics/main_01.html?topic_id=672

上記URL先ページによると、商品の概要は、

・預入金額:10万円以上1,000万円未満
 (・現金
  ・普通預金または貯蓄預金からの振替え
  のいずれかによる)
・預入期間:1年(自動継続のみ)
・金利:年0.06%(「60周年」にちなんだ数字)
・その他の特典:
 月毎に違うデザイン(全5種類)のオリジナル「マリーンズプレート」を、毎月先着6,000人にプレゼントする。
・取扱期間:2011年10月3日〜2012年2月29日

等となっています。


60周年記念の定期預金の金利が0.06%というのは、正直かなり低いと感じざるを得ませんが、これが現在の合理的な利率の限界、ということなんでしょうか。
(例えば約3年前には普通預金でも0.20%以上だったことを考えると、何とも溜息しか出ない)

とはいえその分、千葉ロッテマリーンズのグッズをプレゼントとして用意している点には、やはり地元の金融機関としての配慮が感じられ、魅力があります。


※参考サイト・ページ
・[1]ちば興銀
 http://www.chibakogyo-bank.co.jp/
2011年05月28日

千葉銀行が2011年6月に「がんばろう千葉 観光応援定期預金」を発売予定、県内観光産業を支援

千葉銀行が2011年6月に、「がんばろう千葉 観光応援定期預金」を発売する予定とのこと。

(ニュース記事)
・千葉県の観光を応援! 千葉銀行、「がんばろう千葉 観光応援定期預金」開始 | ライフ | マイコミジャーナル
 http://journal.mycom.co.jp/news/2011/05/27/073/

(千葉銀行のサイト内ページ)
・「がんばろう千葉 観光応援定期預金」の取扱開始および当行役職員への県内観光促進策の実施について│千葉銀行
 http://www.chibabank.co.jp/news/kojin/2011/0526_01/
・「がんばろう千葉 観光応援定期預金」の商品内容
 http://www.chibabank.co.jp/news/kojin/2011/0526_01/product/

上記URL先ページによると、この預金の概要は、

・背景・目的:
 ・千葉銀行は、千葉県が展開するキャンペーン「がんばろう千葉」に参加しており、復興支援に向けた様々な取組みを行っている。
 ・千葉県の観光産業は、東日本大震災により、売上減少などの影響を受けている。
  今回の定期預金では、観光産業を応援する狙いがある。
・対象顧客:個人(※個人事業主・任意団体除く)
・対象預金:1年もののスーパー定期・スーパー定期300
・預入金額:10万円以1,000万円未満
・金利:
 店頭表示金利に0.05%を上乗せする。
・その他の特典:
 預入額10万円につき、抽選券1口を付与。(6月末が基準日)
 抽選で100200名に「県内宿泊施設限定ペア宿泊券」をプレゼントする。
 ・宿泊地:千葉県内の全域(銚子、鴨川、木更津など)を予定。
 ・抽選実施時期:2011年7月
・販売期間:2011年6月1日〜30日1ヶ月の限定販売)
・募集上限額:無し

等となっています。


昨年の「ちば観光定期預金」よりも、正直プレゼント内容はスケールダウンしている感がありますが、やはり東日本大震災による経済への影響が及んでいる、ということなんでしょうか。

とはいえ地元産業を応援するという趣旨、またプレゼント商品には、千葉県在住ではない私としても小さからぬ魅力を感じるものです。


※参考サイト・ページ
・[1]千葉銀行|個人のお客さま
 http://www.chibabank.co.jp/


※当ブログの関連記事:
千葉銀行が2010年6月に、「ちば観光定期預金」を発売予定(2010年06月11日)

千葉銀行が、定期預金金利を上乗せする「資産運用応援プラン」を実施(2008年11月28日)
千葉銀行が「定期預金特別金利キャンペーン」を実施(2008年12月12日)
千葉銀行が、シチュー皿等をプレゼントする「冬のグッド・スマイルキャンペーン」を実施(2009年12月02日)
2010年10月23日

ちば興銀「マリーンズ応援団定期2010」の金利0.32%は確定、日本一で0.42%まで上がるか?

下記URL先ページで、千葉興業銀行が発売した「マリーンズ応援団定期2010」の状況が紹介されています。

(ニュース記事)
・プロ野球:ロッテ、日本シリーズ進出 景気回復の起爆剤に /千葉 - 毎日jp(毎日新聞)
 http://mainichi.jp/area/chiba/news/20101021ddlk12050152000c.html

具体的には、

・金利:
 8月の基準金利(0.06%)から、日本シリーズ進出により0.32%となった。
 更に今後日本一になった場合、0.42%までアップする。

・預金額:326億4,700万円(※2009年は215億8,700万円)

等の内容が記述されています。


日銀のゼロ金利政策により、通常の預金商品の金利が低下する中で、数少ない明るいニュースだと感じます。
(金融機関の負担は大きいかもしれませんが・・・)

ただ、今後はスポーツチームの応援定期預金でも、どこまで金利上乗せが実現されるものなのか、ちょっと気がかりです。


※参考
・[1]ちば興銀
 http://www.chibakogyo-bank.co.jp/
・[2]ちば興銀は日本一を目指す千葉ロッテマリーンズを応援しています!頑張れCS!ファイナルステージ勝利! 千葉ロッテマリーンズ応援定期預金「マリーンズ応援団定期2010」プレミアム金利適用!
 http://www.chibakogyo-bank.co.jp/files/20101014_082755_mariens-p_20101013.pdf


※当ブログの関連記事:
千葉興業銀行が、千葉ロッテマリーンズの応援定期預金「マリーンズ応援団定期2009」を発売(2009年05月19日)
千葉興業銀行が、「マリーンズ応援団定期2010」を発売(2010年04月02日)
2010年06月11日

千葉銀行が2010年6月に、「ちば観光定期預金」を発売予定

「千葉銀行」が、「ちば観光定期預金」を発売する予定とのこと。

経済短信:千葉銀が「ちば観光定期預金」 /千葉 - 毎日jp(毎日新聞)

上記リンク先記事と、千葉銀行のサイト[1][2]によると、この定期預金の詳細は、

・目的:
 千葉県が持つ、豊かな
 ・自然
 ・歴史
 の素晴らしさを、顧客が再発見することにつなげる。
 また、地域観光産業の発展への寄与も図る。
・預け入れ期間:5年
・預入金額:10万円以上1,000万円未満
・金利:店頭表示金利に0.05%を上乗せ。
・その他特典:
 ・2012年4月からの毎年、4月末日の残高を基準として、
  ・県内限定ペア宿泊券:50組100名(全4回(200組400名))
  ・千葉県特産品カタログ:1,000名 (全4回、4,000名)
  が当たる抽選権を付与する。
  (※抽選権は預金額10万円につき1口)
 ・預入金額が100万円以上の顧客の先着20,000名に、県内探訪誌「ふるさと ちばの旅」をプレゼントする。
・取扱い期間:2010年6月14日〜2011年3月31日

等となっています。


上乗せ金利は小さいですが、地元の魅力と関連した商品展開が、地域の金融機関の魅力の一つ、ということを、再確認させられる商品内容だと感じます。


※参考
・[1]「ちば観光定期預金」の取扱開始について│千葉銀行
 http://www.chibabank.co.jp/news/kojin/2010/0609_01/
・[2]商品内容
 http://www.chibabank.co.jp/news/kojin/2010/0609_01/pdf/news20100609_01_001.pdf
2010年04月02日

千葉興業銀行が、「マリーンズ応援団定期2010」を発売

千葉興業銀行が、地元プロ野球チーム「千葉ロッテマリーンズ」の戦績に応じて金利を優遇する定期預金「マリーンズ応援団定期2010」を発売したとのこと。

マリーンズ応援で定期 千葉興銀(千葉日報ウェブ)

上記リンク先記事と、千葉興業銀行のサイト内資料[2]によると、今回の「マリーンズ応援団定期2010」の詳細は、

・対象預金:
 スーパー定期・スーパー定期300の1年もの
・金利:
 球団の戦績次第で、店頭表示金利に「プレミアム金利」を上乗せする。
 具体的な上乗せ率は、
 ・日本シリーズで優勝:0.36%
 ・クライマックスシーズンで
  ・1位:0.266%
  ・2位:0.16%
  ・3位:0.06%
 ・上記以外の場合:0.026%
・その他特典:
 下記のプレゼントを行う。
 ・千葉ロッテマリーンズの公式戦チケット(千葉マリンスタジアム「スターボックスシート」のペアチケット):
  抽選で116組(合計232名)
 ・球団のキャラクター「マーくん」の音声付きマスコット人形のストラップ:
  定期預金の作成者先着26,000名
・取扱期間:2010年3月26日〜8月31日
・募集目標額:総額500億円

等となっています。


現在の低金利状況においては、優勝した場合の上乗せ金利0.36%は、かなり魅力が高いです。

地元球団への注目を高めるという意味でも、やはりこのような預金商品の効果は高いのでは、と感じます。


※参考
・[1]ちば興銀
 http://www.chibakogyo-bank.co.jp/
・[2]ちば興銀は今年も千葉ロッテマリーンズを応援します! 千葉ロッテマリーンズ応援定期預金「マリーンズ応援団定期2010」発売!
 http://www.chibakogyo-bank.co.jp/files/20100324_172728_marinse_220326-2.pdf


※当ブログの関連記事:
千葉興業銀行が、千葉ロッテマリーンズの応援定期預金「マリーンズ応援団定期2009」を発売(2009年05月19日)
2010年02月11日

「京葉銀行」が、「年金優待特別金利定期預金」を取扱開始

千葉県の「京葉銀行」が2月10日、「年金優待特別金利定期預金」の取扱開始を発表したとのこと。

京葉銀行、「年金優待特別金利定期預金」の取り扱い開始(日経プレスリリース)
京葉銀行、年0.2%金利上乗せ『年金優待特別金利定期預金』期間限定で提供 | ライフ | マイコミジャーナル

上記リンク先記事によると、この定期預金の詳細は、

・対象顧客:
 ・年金を京葉銀行で受け取る
 ・年金の受け取り金融機関を、新たに京葉銀行に指定する
 のいずれかに当てはまる顧客。

・対象商品:スーパー定期1年もの(通帳式・自動継続型)

・預け入れ金額:1人あたり100万円以上1,000万円以内

・金利:
 新たな資金を預け入れる場合、年0.2%の金利を上乗せする。

・取扱い期間:2010年2月15日〜5月31日

となっています。

ちなみに京葉銀行では現在、同じく自行口座での年金受給者を対象とした、

「うれし定期」
・対象商品:スーパー定期1年もの
・金利:標準金利に年0.1%を上乗せ
・預金額:1人あたり300万円まで

を取り扱い中とのことです。


定期預金金利が全般的に低い中、得られる利息は決して大きくないとは思いますが、それでも堅実な資産の運用・管理方法として、やはり定期預金の魅力は大きいようにも思われます。


※参考
京葉銀行
 http://www.keiyobank.co.jp/
・「年金優待特別金利定期預金」の取り扱い開始について(京葉銀行:ニュースリリース-2010)
 http://www.keiyobank.co.jp/news/2010/20100210.html
・うれし定期(京葉銀行:貯める・増やす-スーパー総合口座)
 http://www.keiyobank.co.jp/tameru/ureshiteiki/index.html