東北地方:秋田県: 金利が高い銀行を調べてみる。


(スポンサード リンク)
2010年07月21日

カーディフ損害保険が北都銀行を通じ「ガン保障付き定期預金」を発売、金利0だが預金額の半額のガン保障が付加

カーディフ損害保険」が7月20日、

・銀行との提携により、預金とセットのがん保険を発売する。

との方針を発表したとのこと。

(ニュース記事)
・預金とセットのがん保険を発売 カーディフ損保(日本経済新聞)
 http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819591E0E2E2E2888DE0E2E2E5E0E2E3E29797E3E2E2E2;at=ALL

(各社のサイト掲載資料)
・日本初!バンカシュアランス向けの新しい保険を開発 7月20日、北都銀行にて新発売の“ガン保障付定期預金”の預金者に保障提供開始(カーディフ損害保険)
 http://cms.cardif.co.jp/upfiles/sonponews16.pdf
・日本初! ガン保障付定期預金の取扱開始について(北都銀行)
 http://www.hokutobank.co.jp/news/20100716.htm

上記URL先ページによると、まず秋田県の「北都銀行」を通じ、ガン保障付き定期預金を発売したとのことで、商品の詳細は、

・商品名:
 ・定期預金:ガン保障付定期預金
 ・保険:団体ガン保険
・特徴:
 預金の申し込みと同時に、簡単な告知を行うだけでガン保険に加入することができる。
・仕組み:
 預金額の半額分のガン保障が付く。
 例えば、定期預金の預金額が300万円の場合は、
 ・生まれて初めて癌にかかり、91日以上入院した
 とのケースで、保険金150万円を受け取ることができる。
・対象顧客:個人(個人事業主を含む)で、年齢が満20〜満70歳
・対象商品:スーパー定期預金・大口定期預金
・預入方法:証書式(※自動継続限定)
・預入金額:200万円以上2,000万円(1,000円単位)
 ※複数口座の開設は可能だが、預金額は合計2,000万円が上限となる。
・預入期間:1年
・保険料:無料
・定期預金の金利:無し
・想定顧客:
 がん保障を手軽に入手したい人。
・発売日:2010年7月20日

等となっています。


預金金利は無いものの、ガン保険に手軽に加入できるというのは、個人的にはかなり魅力を感じます。
(ただ、保険として意味のあるものとするには、相応の預金額が必要になるとは思いますが)

ニュース記事から、今後も他の金融機関と提携して同様の商品を発売しそうな雰囲気が感じられるので、今後の展開にちょっと注目したいです。


※参考
・[1]カーディフ損害保険
 http://cms.cardif.co.jp/risques/index.php
・[2]北都銀行ホームページ
 http://www.hokutobank.co.jp/
2010年05月09日

秋田銀行と北都銀行が、普通預金金利を0.02%に引き下げ

秋田銀行北都銀行が、普通預金などの金利引き下げを発表したとのこと。

秋田銀行と北都銀行 金利引き下げ | NNNニュース<

上記リンク先記事と、各銀行のサイト[1][2]によると、詳細は、

秋田銀行
・引き下げ日:5月10日
・金利:
 ・普通預金:0.02%(従来は0.04%)
 ・貯蓄預金、通知預金、納税準備預金:0.02%引き下げる。
・背景:
 市場金利の低下傾向を受けて、2008年12月以来となる金利引下げを行う。
 また定期預金については、秋田銀行では市場金利の上昇は考えにくい(デフレの継続による)とみていることから、今後の金利動向を見極めて判断する方針。

北都銀行
・引き下げ日:5月10日
・金利:
 ・普通預金:0.02%(従来は0.04%)
 ・貯蓄預金、通知預金、納税準備預金:0.02%引き下げる。

等となっています。

ちなみに、過去の両行の普通預金金利は、

・2002年:0.001%まで引き下げ。
・2007年2月:0.2%まで引き上げ。
・その後:段階的に引き下げている。

という状況とのことです。


今となっては、普通預金で0.1%以上の金利は到底望めない、ということが、ひしひしと感じられます。

もっとも仮に今後、0.001%(10万円を1年預けて利息は1円(税引き前))まで下げられたら目も当てられませんが・・・。


※参考
・[1]普通預金金利引下げのお知らせ(秋田銀行−ニュースリリース)
 http://www.akita-bank.co.jp/annai/news/22050701.html
・[2]流動性預金金利の引下げについて(北都銀行)
 http://www.hokutobank.co.jp/news/20100507_2.htm


※当ブログの関連記事:
東北の地方銀行が軒並み、普通預金金利を0.02%に引き下げ(2010年04月24日)
2010年04月23日

秋田県と県内5つの金融機関が、少子化対策に取り組む団体・活動を支援する定期預金の販売で、協定を締結

秋田県が、県内の5つの金融機関との間で、

少子化対策に取り組む団体・活動を支援する定期預金を販売する

との協定を締結したとのこと。

少子化対策:県と5金融機関、団体や活動支援の定期預金を販売 /秋田 - 毎日jp(毎日新聞)

上記リンク先記事によると、協定の詳細は、

・対象の金融機関:
 ・秋田銀行
 ・北都銀行
 ・秋田信用金庫
 ・羽後信用金庫
 ・秋田県信用組合
・寄付:
 定期預金残高の0.03〜0.05%相当額を、金融機関が「少子化対策応援ファンド」に寄付する。
 (※同ファンドは、秋田県などが設立した基金で、
   ・子供・子育て支援
   ・若者の定着
   ・仕事と家庭の両立
   ・独身男女の出会い・結婚
   等に取り組む企業・団体を、助成対象としている)
・定期預金の金利:通常と同じ(預金者に負担は無い)
・預金者への特典:
 ・男鹿水族館GAO
 ・秋田県立美術館
 等の利用料を割り引く「サポーターパスポート」が付与される。

等となっています。

現在は、定期預金の預金者と助成希望団体を募集中とのことです。


金利の優遇が無いのが残念ではありますが、サポーターパスポートの付与の他、金融機関によってはその他のプレゼントを用意しているところもあり、定期預金の魅力を向上させるための配慮は感じられます。

私は秋田県民ではありませんが、仮に県内在住だとしたら、まずはサポーターパスポートの内容(利用料割引の対象施設や、割引の程度)がどうなっているのかが、最も気になるところです。


※参考
・美の国あきたネット [少子化対策応援ファンド事業 助成事業募集!]
 http://www.pref.akita.lg.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1271031094394&SiteID=0000000000000
・秋田銀行−子育て応援キャンペーン
 http://www.akita-bank.co.jp/can/22041501.html
・北都銀行ホームページ
 http://www.hokutobank.co.jp/
・秋田県少子化対策応援ファンドへの協賛について
 http://www.hokutobank.co.jp/news/pdf/20100416.pdf
・秋田信用金庫ホームページ
 http://www.akishin.com/
・子育て応援定期預金「元気隊」発売のお知らせ(秋田信用金庫)
 http://www.akishin.com/syohin/syohin-naiyou/genki.html
・少子化対策応援預金「めんこい」(羽後信用金庫 | 地域とともに、あなたとともに)
 http://www.ugoshinkin.jp/service/save/menkoi.html
・2010.04.15 少子化対策支援定期預金の取扱開始について(トピックス|けんしん−秋田県信用組合)
 http://www.akita-kenshin.jp/topics/item.cgi?light&61
・男鹿水族館GAO
 http://www.gao-aqua.jp/
・秋田県立美術館
 http://tama19.m78.com/
2009年03月12日

北都銀行の、子供の人数で金利アップする「あきた応援定期預金『子育てさん』」

秋田県の北都銀行3月16日から、申込者の子供の人数に応じて金利を上乗せする定期預金あきた応援定期預金『子育てさん』」の販売を開始するとのこと。

北都銀:子育て応援定期 人数分金利を上乗せ /秋田 - 毎日jp(毎日新聞)

上記リンク先記事と、北都銀行のサイト[1]によると、この定期預金の詳細は、

・対象客:18歳未満の子供をもつ父親・母親、個人
・対象商品:期間1〜5年のスーパー定期預金
・預金額:10万500万円(新規預入)
金利
 18歳未満の子供1人あたり、店頭金利0.1%上乗せ。
 ※子供が3人以上の場合は、一律0.3%上乗せ。
・取扱期間:3月16日から(期間限定ではない)

となっています。

記事では金利の試算例として、

・3月10日時点(店頭金利は0.35%)で300万円を5年間預けた場合、
 ・子供1人の場合:0.45
 ・3人:0.65
 (※いずれも税引き前)

との例が挙げられています。


対象顧客を絞った定期預金(例えば団塊世代向けなど)というのは、私は正直今まで、殆ど存在を知りませんでしたが、今後はいろいろなバリエーションが出てくることになるんでしょうか?


(金融機関のサイト)
・[1]『あきた応援定期預金「子育てさん」』の取扱開始について
 http://www.hokutobank.co.jp/news/20090306.htm
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。