関東地方:東京都: 金利が高い銀行を調べてみる。


(スポンサード リンク)
2012年08月10日

東京都民銀行が「ぐるめ宅配便定期」を発売、1年もので年0.1%・2年もので0.15%を上乗せ、更に地域の特産食材を抽選でプレゼント

東京都民銀行」が、地域の特産食材が抽選で当たる「ぐるめ宅配便定期」を販売しているとのこと。

(ニュース記事)
・東京都民銀行、松阪牛や魚沼産新米が当たる『ぐるめ宅配便定期』取扱い開始(マイナビニュース)
 http://news.mynavi.jp/news/2012/08/09/109/

(東京都民銀行のサイト内ページ)
・ぐるめ宅配便定期
 http://www.tominbank.co.jp/for_kojin/fuyasu/enyokin/gourmet_teiki/index.html

上記URL先ページによると、商品の概要は

・対象顧客:個人
・商品の種類:スーパー定期、スーパー定期300
・預入額:一口30万円以上1,000万円以内
・預入期間:1年または2年(※自動継続)
・金利:
 ・1年もの:店頭表示利率に年0.1%を上乗せ
 ・2年もの:同・年0.15%を上乗せ。
 (※上乗せは初回満期時までのみの適用。)
・プレゼント:
 ・商品:
  ・「さぬき半生うどん」(1.5kg)
  ・「ずわいがに甲羅盛」(1302個)
  ・「松阪牛焼肉用」(280g)
  ・「魚沼産の新米」(5kg)
  等の8種類。
 ・当選者数:計200
 ・抽選の権利:30万円を1口とする。
  ・取扱期間中の預入額を合計して適用。
   参加は自動でエントリーされる。
  ・9月末時点で中途解約している場合は対象外。
 ・抽選日:2012年10月中旬の予定。
 ・賞品の発送:同年11月初旬頃
  発送をもって、当選発表に代える。
・販売額:500億
・販売期間:2012年8月1日〜9月28日

等となっています。


金利上乗せをしっかり用意していることに加えて、様々な地域の多彩な食材をプレゼント商品に揃えていることで、「食欲の秋」を前にして魅力的な預金商品になっており、高い人気を集めるのでは、と考えます。
2012年03月26日

東日本銀行・東京都民銀行・八千代銀行が、2012年4月に第5回「東京緑の定期」預金を発売予定、上乗せ金利は0.10%

東日本銀行
東京都民銀行
八千代銀行

の3行が2012年4月に、第5回「東京緑の定期」預金を発売する予定とのこと。

(ニュース記事)
・東日本銀行など3行、「東京緑の定期」預金を4/2発売--契約者に"花の種"贈呈(マイナビニュース)
 http://news.mynavi.jp/news/2012/03/26/022/

(各銀行のサイト内ページ)
・第5回「東京緑の定期」預金の取扱開始について(東日本銀行)
 http://www.higashi-nipponbank.co.jp/pdf/news_release/20120323_release_2.pdf
・第5回「東京緑の定期」預金の取扱い開始について(八千代銀行)
 http://www.yachiyobank.co.jp/about/news2012/pdf/20120323.pdf

上記URL先ページによると、商品の概要は

・対象顧客:個人・法人
・預入額:130万円以1,000万円以内(1人何口でも申し込み可能)
・預入期間:1年(※自動継続扱い)
・適用金利:
 各行の1年もの「スーパー定期」「スーパー定期300」の店頭表示利率に、年0.10%を上乗せする。
・その他の得点:
 契約者には、記念品として「花の種」がプレゼントされる。
・寄付:
 各銀行は、預金残高に応じて最高100万円を「緑の東京募金」に寄付する。
・募集金額:各行100億円(計300億円)
・販売期間:2012年4月2日〜9月28日

等となっています。

ちなみに「緑の東京募金」に寄せられた募金は、「緑の東京募金基金」に積み立てられて

・「海の森の整備」
・「校庭芝生化」
・「花粉の少ない森づくり」

等の施策に活用されるとのことです。


「東京緑の定期」は今回で5回目の発売とのことで、地域で既に定番の商品となっている、ということでしょうか。

地域の緑化整備への寄与だけでなく、0.10%の金利上乗せを受けられるというのは、住んでいる場所が全く違う私としても、やはり魅力が大きいと感じます。


※参考サイト・ページ
・[1]東日本銀行
 http://www.higashi-nipponbank.co.jp/
・[2]東京都民銀行
 http://www.tominbank.co.jp/
・[3]八千代銀行
 http://www.yachiyobank.co.jp/
・[4]緑の東京募金
 http://www.midorinotokyo-bokin.jp/


※当ブログの関連記事:
東京都の東日本銀行など3銀行が「東京緑の定期」預金を4月から発売(2009年03月19日)
環境保護と連動した「エコ定期預金」に関する解説記事(2009年07月18日)
「東日本銀行」が、「街かど緑化応援定期預金」「大好きいばらき応援定期預金」を発売(2010年02月13日)
2011年04月29日

城南信用金庫の「節電プレミアム預金」は、太陽光発電など導入で年利1.0%を適用

城南信用金庫」が、2011年5月に定期預金節電プレミアム預金」を発売する予定とのこと。

(ニュース記事)
・asahi.com(朝日新聞社):太陽光導入で年利1.0% 城南信金が「脱原発」優遇 - ビジネス・経済
 http://www.asahi.com/business/update/0429/TKY201104280740.html

(城南信用金庫のサイト内ページ)
・「原発に頼らない安心できる社会」の実現に向けて ―お客様の節電を応援する新商品・サービスの実施について―
 http://www.jsbank.co.jp/topic/PowerSaving.htm
・節電プレミアム預金
 http://www.jsbank.co.jp/service/azukeru/PremiumAccount/PremiumAccount_chirashi.h.html

上記URL先ページによると、今回の商品の概要は、

・背景:
 同信金の吉原毅理事長は、福島第1原子力発電所の事故発生後に、「脱原発」を掲げて、
 ・自社の電力消費量を、今後3年以内に約3割削減する。
 との節電策を打ち出した。
 同理事長は、今回発売する商品について、
 ・「危険が高い原発に依存しなくて済むような地域社会作りに貢献したい」
 と語っている。
・対象者:
 預金の発売日(2011年5月2日)以降に、
 ・太陽電池パネル
 ・自家用発電機
 ・蓄電池
 ・LED照明
 のいずれかを10万円以上購入した顧客。
 (領収書を出すことが必要)
・預金額:1世帯あたり100万円まで。
・預金の種類:1年もの定期預金
・金利:年1.0%(通常の金利は0.08%)
・販売期間:2011年5月2日〜9月末

等となっています。


福島第1原発の事故の衝撃は大きいと思いますが、金融機関が「脱原発」の積極姿勢を表明するのは、かなり興味深いと感じます。

そして、今回の預金の金利は年1%とのことでインパクトも大きく、節電促進に一定の効果があるのでは、と予想するものです。


※参考
・[1]城南信用金庫 ホームページ
 http://www.jsbank.co.jp/
・[2]原発に頼らない安心できる社会へ
 http://www.jsbank.co.jp/topic/pdf/genpatu.pdf
2010年05月11日

「新銀行東京」が定期預金金利を従来の約10倍に引き上げ、満期預金の繋ぎ止めが狙い

新銀行東京」が、定期預金の金利を、従来の約10倍に引き上げるキャンペーンを開始したとのこと。

時事ドットコム:定期金利10倍キャンペーン=預金つなぎ留め−新銀行東京

上記リンク先記事によると、このキャンペーンの詳細は、

・対象顧客:個人の預金者
・背景:
 経営再建中の新銀行東京では、かつて集めた高金利の預金(年利1%の5年定期など)うち、数百億円が2010年10月までに満期を迎える。
 このため同行では、キャンペーンによりこれらの預金を繋ぎ留める狙いがある。
・金利:
 ・1年もの:0.65%(従来は0.06%)
 ・3年もの:0.8%(同0.08%)
 等。
・開始日:2010年5月10日〜10月8日

等となっています。


これまでの10倍というのは何とも凄いですが、それだけ預金の繋ぎ止めに必死、ということでしょうか。

ただ、10倍にしても年利1%に満たないところに、(新銀行東京だけの問題ではないですが)何とも寂しさを感じます。


※参考
・スーパー定期預金「特別金利キャンペーン」の実施について(トピックス | 新銀行東京)
 http://www.sgt.jp/topics/100510.html
2009年03月19日

東京都の東日本銀行など3銀行が「東京緑の定期」預金を4月から発売

東京都

東日本銀行
東京都民銀行
八千代銀行

3銀行が、2008年に引き続き、東京都が運営する「緑の東京募金」に協力する定期預金東京緑の定期」を、4月から発売するとのこと。

東日本銀行など、「東京緑の定期」預金の取り扱い開始(日経プレスリリース)

上記リンク先記事によると、この定期預金東京緑の定期」の詳細は、

・対象:個人・法人
・預入期間:1
・預入金額:130万円以上1,000万円以内
金利
 各行の1年もの「スーパー定期」「スーパー定期300」の店頭表示金利に、0.1%を上乗せ
 ※金利上乗せは、当初1年間のみ適用
・発売期間:2009年4月1日9月30日
・募集金額:各行200億円(合計600億円)
 ※各行は、この預金を通じて集められた預金残高に応じ「緑の東京募金」への寄付を行なう(最高100万円)

となっています。


上乗せ金利自体は、正直高いとは言えないと思いますが、やはり東京の緑化を支援するという点がアピールポイント、ということでしょうか。


(参考資料)
・第2回「東京緑の定期」預金の取扱開始について(「東日本銀行」サイト内)
 http://www.higashi-nipponbank.co.jp/pdf/news_release/news20090318.pdf
・東京都民銀行
 http://www.tominbank.co.jp/
・第2回「東京緑の定期」預金の取扱い開始について(「八千代銀行」サイト内)
 http://www.yachiyobank.co.jp/about/news2009/pdf/20090318.pdf
・第2回「東京緑の定期」預金の取扱い開始|東京都
 http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2009/03/20j3i100.htm
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。