中部地方:長野県: 金利が高い銀行を調べてみる。


(スポンサード リンク)
2011年03月09日

松本信用金庫が「松本山雅FC」の応援定期預金を発売予定、ホーム試合の観客数に応じ0.01〜0.1%を上乗せ

長野県の「松本信用金庫」が、サッカーJFLの「松本山雅FC」の応援定期預金を発売する予定とのこと。

(ニュース記事)
・松本信金、山雅FC定期預金を販売|中南信ダイジェスト|信濃毎日新聞[信毎web]
 http://www.shinmai.co.jp/news/20110309/m-2.htm

上記URL先ページによると、この商品の詳細は、

・預入期間:1
・金利:
 リーグ戦におけるホームゲーム全試合の平均観客動員数に応じて、0.01〜0.1%を、預入時の利率に上乗せする。
・チームの支援:
 チーム強化資金として、預金総額の0.01%相当額を、松本信用金庫がチームに寄付する。
・発売日:2011年3月14日

等となっています。


当記事の作成時点では、松本信用金庫のサイト[1]に今回の預金に関する情報はまだ掲載されていないようですが、前回の同預金の上乗せ利率は0.06%(平均観客動員数は5,079人)との実績が公表されており、今年の上乗せ金利の予想材料にできるのでは、と考えます。


※参考
・[1]松本信用金庫
 http://www.matsumoto-shinkin.jp/
・[2]「第2回 松本山雅FC定期預金」上乗せ金利決定のおしらせ
 http://www.matsumoto-shinkin.jp/oshirase_pdf/yamagakinnri.pdf


※当ブログの関連記事:
松本信用金庫が、サッカー北信越リーグ「松本山雅FC」の応援定期預金を発売(2009年06月12日)
長野県内の金融機関での、地元スポーツチーム応援定期預金の販売状況を紹介している「MSN産経ニュース」の記事(2010年05月11日)
2010年06月04日

飯田信用金庫が特別金利定期預金「アップるプラス」を発売、金利は3年もの0.2%・5年もの0.3%

長野県の「飯田信用金庫」が、特別金利定期預金「アップるプラス」を発売したとのこと。

街かどExpress 飯田信用金庫 | トピックス | 信州・長野県のイベント観光情報や話題が満載!信州Liveon

上記リンク先記事によると、この定期預金の詳細は、

・対象顧客:新規預け入れの個人
・預入期間:3年・5年
・金利:
 ・3年もの:0.2%
 ・5年もの:0.3%
・預入金額:1人あたり10万円以上300万円以内
・募集総額:150億円
・販売期間:2010年6月〜9月17日

等となっています。

ちなみに同信金では、「サマーキャンペーン」を同時開催しており、10万円以上を定期預金に預ける顧客に、

・台所用洗剤
・トイレットペーパー

のいずれかをプレゼントしているとのことです。


金利自体は正直、それほど高くは無い(それでも全般的に低い現状の中では高め)とは思いますが、それでも生活用品をプレゼントするキャンペーンを含め、預金獲得のための工夫が強く感じられます。


※参考
・『特別金利 定期預金』アップるプラス/サマーキャンペーン飯田信用金庫
 http://www.iidashinkin.co.jp/campaign/1005scp.html
2010年05月11日

長野県内の金融機関での、地元スポーツチーム応援定期預金の販売状況を紹介している「MSN産経ニュース」の記事

下記リンク先記事では、長野県内の金融機関における、地元スポーツチーム応援定期預金の販売状況が紹介されています。

ヤル気も利率もアップ スポーツ応援定期預金 長野 - MSN産経ニュース

具体的には、

松本信用金庫
 JFL「松本山雅(やまが)FC」の応援定期預金を発売中。
 ・金利:
  ・平均観客動員数に応じ、金利をアップする。
  ・チームがJFLに昇格した場合は、上乗せ金利を2倍とする。
  (※2009年の上乗せ分は0.04%)
 ・販売期間:2010年3月15日〜8月31日
 ・販売目標:約30億円
 ・販売状況:
  5月7日までの申し込み件数は819件(約8億円)。
  (2009年の申し込み件数は550件(約6億円))
  松本信金では、
  ・「昨年の地域リーグでの優勝が大きい。
    予想をはるかに上回るペース」
  ・「(昨年の販売では)欲しかった若い客層を獲得できた」
   (※同信金の顧客層は、従来は50代以上が多かった。
     2009年の応援定期預金の販売では、3割が新規取引であり、若者層も多かった)
  と語っている。

長野銀行
 2010年から、「松本山雅FC」の応援定期預金を発売。
 ・金利:通常金利に0.08%を上乗せする。
 ・「他の利回りが良い商品があるにもかかわらず、山雅の商品を選択する人もいる」(長野銀行)
 
・他方、野球のBCリーグ「信濃グランセローズ」の応援定期預金は、2009年まで、県内6つの信用金庫で3年間販売された。
 しかし、チームが3年連続優勝を逃し「顧客に金利を還元できなかった」(県信用金庫協会)ことから、今年は販売を中止した。


地元チームの応援定期預金は人気を集めやすいとは思いますが、チームの成績と預金の申し込み状況が密接に関わっていることは留意する必要がある、ということでしょうか。


※参考
・松本信用金庫
 http://www.matsumoto-shinkin.jp/
・松本山雅FC定期預金(松本信用金庫)
 http://www.matsumoto-shinkin.jp/pdf/100320.pdf
・長野銀行へようこそ
 http://www.naganobank.co.jp/
・松本山雅FC応援定期預金
 http://www.naganobank.co.jp/campaign/pdf/ip31_20100222.pdf


※当ブログの関連記事:
松本信用金庫が、サッカー北信越リーグ「松本山雅FC」の応援定期預金を発売(2009年06月12日)
長野県内6信用金庫が、野球「BCリーグ」の「信濃グランセローズ」に、選手強化費70万円を贈呈(2009年06月14日)
2009年06月14日

長野県内6信用金庫が、野球「BCリーグ」の「信濃グランセローズ」に、選手強化費70万円を贈呈

長野県内の6つの信用金庫(諏訪・飯田・アルプス中央・長野・松本・上田)が6月13日、野球「BCリーグ」のチーム「信濃グランセローズ」の「応援定期預金」の申し込み総額のうち、0.01%相当(70万円)を、選手強化費として同チームに贈呈したとのこと。

信金が信濃GCに選手強化費寄贈|長野全県ダイジェスト|信濃毎日新聞[信毎web]

上記リンク先記事によると、この応援定期預金は、

金利
 信濃グランセローズ
 ・上信越地区優勝
 ・リーグ優勝
 のいずれかを実現した場合、定期預金申し込み時点の金利に年0.1ポイントを上乗せ

預金総額の0.01%相当額を、信濃グランセローズに贈呈。

・募集期間:2009年4〜5月

というもので、今年で3回目の実施。

今年の申し込み総額は、68億9,000万円だったとのことです。

ただし、チームの成績が振るわないことから、預金総額が1年目(111億円余)から、年々減少しているそうです。


私の住んでいる地域では見かけませんが、地域のスポーツチームを応援する定期預金というのは、意外に数多く実施されているんでしょうか?


※参考
・[1]信濃グランセローズ公式サイト
 http://www.grandserows.co.jp/