関東地方・茨城県: 金利が高い銀行を調べてみる。


(スポンサード リンク)
2014年02月09日

筑波銀行の子育て応援定期預金「じょうづるサポート」は、店頭金利に年0.2%を上乗せ

筑波銀行が2014年2月3日に、「子育て応援商品」の定期預金2種を発表していました[1]。

これは常陸太田市との地域振興協定に基づき、同市の子育て支援施策に協力するもので、定期預金2種のうち、金利上乗せがある「じょうづるサポート」の概要は下記の通り。

  • 名称常陸太田市子育て定期預金「じょうづるサポート」
  • 対象顧客:下記条件を満たす個人
    ・常陸太田市に住民登録がある保護者(18歳未満の子供を持つ)
    ・「いばらきKids Club」カードを保有
  • 対象預金
  • 預入期間1年以上
  • 預入額10万円以上1000万円以内
  • 適用金利:店頭金利に年0.2%を上乗せ。
  • 販売期間2014年2月3日〜2015年1月30日
  • 取扱店舗:大田支店
    ※申し込みは窓口のみ。
    ※既存通帳に定期預金を作成する場合のみ、太田西支店での取扱いも可能。
  • 募集総額:規定なし

地方自治体との提携という点がユニークで、販売地域も対象顧客も限定されているものの、そのぶん上乗せ金利はかなり魅力的な水準です。

販売期間は現時点でも約1年と長いですが、少子化対策は長期に渡って取り組む課題であり、また常陸太田市のサイト[4]では子育て支援への注力が伺えるので、今回の定期預金が来年度以降も第2弾・3弾・・・と続く定番商品になる可能性もありそうです。

全国的にもこれまで、多数の金融機関が「子育て支援」の預金商品を発売しており、この動きは今後も続き拡大していくものと考えます。


※参照・参考サイト:
[1]常陸太田市との地域振興協定に基づく「子育て応援商品」の取扱開始について(筑波銀行)
http://www.tsukubabank.co.jp/news/up_pdf/20140203150001_f.pdf
[2]筑波銀が子育てを定期預金で支援(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ibaraki/news/20140206-OYT8T01392.htm
[3]いばらきKidsClub
http://www.kids.pref.ibaraki.jp/kids/pc/
[4]常陸太田市
http://www.city.hitachiota.ibaraki.jp/
2010年05月29日

「あおぞら銀行」が、「筑波銀行」で「仕組み預金(デリバティブ預金)」の取り扱いを開始する予定

あおぞら銀行」が5月28日、

・「筑波銀行」(2010年3月に資本・業務提携)の支店において、「仕組み預金(デリバティブ預金)」の取り扱いを開始する。

との方針を発表したとのこと。

あおぞら銀、筑波銀で31日から仕組み預金を販売(日本経済新聞)

上記リンク先記事によると、「仕組み預金」は銀行が満期を調整できる一方、高金利、という特徴を持つ商品で、今回発売される商品の詳細は、

・銀行側の目的:
 ・あおぞら銀行:
  預金残高の拡大を期待する。
 ・筑波銀行:
  金融商品の幅を拡大することで、手数料収入の増加を図る。
・金利:
 ・預け入れから2年間:年0.6%
 ・3年目以降:0.8%
・預入期間:原則5年
 ※ただし、あおぞら銀行の判断により、2年になる場合がある。
・申し込み受付開始日:2010年5月31日
・受付店舗:筑波銀行の5店舗

等となっています。

ちなみに、全国銀行の預金商品を、地方銀行が販売するのは、今回が初のケースとのことです。


「仕組み預金」の詳細を正直今まで知らなかった私としては、満期が銀行側の都合で変動する可能性があるのは気になりますが、それでも金利の高さは、確かにかなり魅力的です。

低金利が続く中で、預金の魅力を高めるための取り組み、ということでしょうか。


※参考
・あおぞら銀行
 http://www.aozorabank.co.jp/
・筑波銀行
 http://www.tsukubabank.co.jp/
仕組預金 - Wikipedia
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。