中部地方:石川県: 金利が高い銀行を調べてみる。


(スポンサード リンク)
2014年08月22日

金沢信金が「北陸新幹線金沢開業 夏のカウントダウンキャンペーン」を延長、適用金利は店頭金利の3〜5倍

金沢信用金庫2014年8月13日に、定期預金に優遇金利を適用する「北陸新幹線金沢開業 夏のカウントダウンキャンペーン」の延長を発表していました[1]。

商品の概要は下記の通り。

  • 背景
    本キャンペーンでは7月18日に、当初募集金額(100億円)を完売。
    その後の追加分(50億円)も好評により完売したため、今回更に50億円を追加した。
  • 対象顧客:個人(個人事業主含む)
  • 対象預金:スーパー定期1年もの(自動継続)
  • 預入額:預入1回あたり、20万円以上1000万円未満(1円単位)
  • 利用条件:下記の3項目がある。
    1. 定期預金20万円以上の、新規または増額での預入れ
    2. 金沢信金での公的年金(厚生年金、国民年金など)の受取り(新規、変更含む)
    3. 株式投資信託20万円以上(購入時手数料含む)の購入、または積立投資信託月額1万円以上の契約(※本定期預金との同時申込)
  • プラン・適用金利
    • 一般プラン(上記1を満たすこと):店頭表示金利の3
    • 年金プラン:(同1と2を満たすこと):4
    • 投信プラン:(同1と3を満たすこと):同上
    • オールプラン:(同1〜3を満たすこと):同5
    ※2014年8月18日現在の、スーパー定期1年ものの店頭表示金利は0.025%[3]。
    ※自動継続後は店頭金利の適用となる。
  • 販売期間2014年6月2日〜8月29日
  • 申込方法:ATM等での取り扱いは不可。
  • 募集総額200億

これは金沢信金のみの状況では全く有りませんが、通常預金の金利の低さが全く変わっていないことには、金融機関による企業への融資が活発化していない(=利ざやを稼げていない)ことが伺えるもので、現政権が目玉としている経済振興策が本当に効果を上げているのか、強い疑念を抱きます。

今回の商品についても、優遇後の金利は最も高い「オールプラン」でも0.125%に留まっており、この低金利で「申込者の約半数は年金受給者」「新規口座の獲得と年金受給層の囲い込みにつながっている」[2]という状況には、日本経済の現状が表れているようにも思われます。

とりあえずはともかく、キャンペーン名に銘打たれている「北陸新幹線金沢開業」と同様に、この商品で集められた資金が地元経済の活性化につながるものとなることを、強く期待したいところです。


※参照・参考サイト:
[1]「2014夏 個人定期預金キャンペーン」募集金額150億円の完売と追加募集のお知らせ(金沢信金)
http://www.shinkin.co.jp/kanazawa/kinshin/info/data_news/2014-8-13.pdf
[2]「新幹線定期預金」150億円完売 金沢信金、50億円を追加(北國新聞)
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20140814303.htm
[3]預金金利一覧(金沢信金)
http://www.shinkin.co.jp/kanazawa/kinshin/pages/rate/rate.html
2012年10月13日

のと共栄信金・興能信金・はくい農協が、「能登空港応援」の預金キャンペーン(金利優遇、懸賞で航空券などをプレゼント)を開始予定

のと共栄信用金庫
興能信用金庫
はくい農協

の3金融機関が、2012年10月に「能登空港応援」の預金キャンペーンを開始するとのことです。

(ニュース記事)
・懸賞に航空券 能登空港応援で定期預金(北國新聞)
 http://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20121013303.htm

上記URL先ページによると、キャンペーンの概要は下記の通り。

・背景・目的:
 能登空港での能登‐羽田便の搭乗率は、2012年9月末時点で66.7%に留まっている。
 今回は同空港の利用機運を高めるために、金融機関から商品企画を募集し、3機関が選定された。
 (能登空港が、懸賞品経費などを助成)

・各金融機関のキャンペーン:
 対象商品は、6ヶ月ものの定期預金・積金とのこと。
 ・のと共栄信金
  ・金利:店頭金利の6倍を適用。
  ・懸賞:乗り継ぎ往復券などを用意。
  ・取扱い期間:2012年10月15日〜12月28日
 ・興能信用金庫
  ・金利:店頭金利の2倍を適用。
  ・懸賞:
   往復航空券+東京ディズニーリゾート1日券を用意。
  ・取扱い期間:2012年10月15日〜12月28日
 ・はくい農協
  ・懸賞:
   都内ホテルの宿泊付き往復航空券などを用意。
  ・取扱い期間:2012年10月22日〜12月28日

ただし現時点では、能登空港や各金融機関のサイトに、このキャンペーンに関する情報は掲載されていませんでした。


地元の空港を応援するための預金キャンペーンというのは、かなり珍しいケースだと思いますが、金利優遇に航空券などが当たる懸賞と、十分に利用者を増やすきっかけになる内容では、と感じるので、ユニークな地域振興策として果たしてどのような効果を生むのか、今後の発表・報道にも期待したいところです。


※参考サイト:
・[1]能登空港
 http://www.noto-airport.jp/notosypher/www/index.jsp
・[2]のと共栄信用金庫
 http://www.notoshin.co.jp/
・[3]興能信用金庫
 http://www.kono-shinkin.co.jp/
・[4]JAはくい
 http://www.is-ja.jp/hakui/
2012年02月23日

のと共栄信用金庫が2012年2月に、退職金専用の定期預金「新生活物語'12」を発売、3ヶ月ものは年0.80%(「年金振り込み指定コース」だと1.0%)

のと共栄信用金」が2012年2月20日に、退職金専用定期預金新生活物語'12」を発売したとのこと。

(ニュース記事)
・退職金専用定期を発売 のと共栄信金があす(北國新聞)
 http://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20120219304.htm

(のと共栄信用金庫のサイト内ページ)
・「退職金専用定期預金」の発売について
 http://www.notoshin.co.jp/dyn/data/ne/ne_00826.html
・パンフレット
 http://www.notoshin.co.jp/guide/pdf/yokin_23.pdf

上記URL先ページによると、商品の概要は

・対象顧客:2011年10月以降に退職金を受け取った人。
 新規預け入れの他、
 ・同信金の預金(普通、当座、貯蓄)に預け入れ済みの退職金
 ・他の金融機関からの預け替え
 も可能。
・対象預金:スーパー定期、大口定期
・預入額:100万円以上、「退職金の受取金額(税引後)」の範囲内1円単位)
・預入期間と金利:
 ・3ヶ月もの:年0.80%(単利型)
 ・1年もの:年0.35%(同上)
 ・3年もの:年0.375%(複利型)
 ・5年もの:年0.40%(同上)
 また「年金振り込み指定コース」の場合、更に年0.2%を上乗せする。
 (※これらの利率は、満期日までのみの適用。)
・取扱期間:2012年2月20日〜2013年1月31日

等となっています。


あくまで短い期間のみの適用とはいえ、3ヶ月ものの最大1.0%という利率は、かなり目を引くものだと感じます。

退職金専用だけに最低預入額も高いですが、現在の低金利状況の中では、堅実な退職金の運用先として魅力も大きいのではないでしょうか。


※当ブログの関連記事:
のと共栄信用金庫が4月から、運転免許証返納者向け定期預金「運転卒業宣言」を発売(2009年03月20日)
石川県内の金融機関が「いしかわecoファンド」の定期預貯金8種類を発表(2009年03月28日)
のと共栄信用金庫の「天平の古里 かしま支店」が、オープン記念定期預金「天平」を発売(2009年07月09日)
のと共栄信用金庫が、「能登の森づくり定期預金」で50億円分を追加募集(2009年12月19日)
のと共栄信用金庫が、「子ども手当」の相当額を自動振替する子ども名義の普通預金「まなざし」の取り扱いを開始(2010年06月11日)
のと共栄信用金庫が、定期預金「長谷川等伯再発見ファンド『等伯』」を、50億円分追加発売(2010年10月01日)
のと共栄信用金庫が、「ふるさと文化応援定期預金」を50億円追加募集(2010年12月11日)
のと共栄信用金庫が2011年6月末に、電力消費量削減に応じた金利(0.1〜1.0%)を適用する「省エネ生活応援定期預金」を発売予定(2011年06月23日)
2011年11月13日

北國銀行が2011年11月に「北國 ときめきの冬キャンペーン」を開始予定、「Happy!ライン」による定期預金の預入で、店頭金利の2倍を適用

石川県の「北國銀行」が2011年11月に、定期預金を対象とする「北國 ときめきの冬キャンペーン」を開始する予定とのこと。

(ニュース記事)
・北國銀行、14日から預金キャンペーン『北國 ときめきの冬キャンペーン』(マイコミジャーナル)
 http://news.mynavi.jp/news/2011/11/11/052/

(北國銀行のサイト内ページ)
・預金キャンペーン『北國 ときめきの冬キャンペーン』の実施について
 http://www.hokkokubank.co.jp/other/news/2011/111110.html

上記URL先ページによると、今回のキャンペーンの概要は、

・対象顧客:個人
・対象預金:スーパー定期
・預入期間:1年・2年・3年・4年・5
・預入額:1人あたり20万円以上3,000万円以下(※新規預入)
・預入方法と適用金利:
 ・店頭:店頭金利を適用。(上乗せ無し)
 ・ATM:同上
 ・「Happy!ライン」(テレホンバンキング、インターネットバンキング):
  預入日の店頭表示金利の2の利率を適用する。
・その他の特典:
 ・店頭・ATMで申し込んだ顧客の先着30,000人に、3種の景品(タオルや洗剤セット等)のいずれか1つをプレゼントする。
 ・申し込んだ顧客全員に、10万円毎に1本の懸賞品抽選権を付与。
  抽選で、特等・1等・2等の景品(JTB旅行券、能登牛の焼肉用牛肉など)をプレゼントする。
・実施期間:2011年11月14日〜2012年1月13日

等となっています。


優遇金利が「Happy!ライン」による申し込みに限られている、というのはちょっと残念ですが、銀行側としてはそのユーザーを増やしたい、ということでしょうか。

また金利については、店頭金利自体が低いので、正直それが2倍になっても魅力は小さい、と感じざるを得ませんが、その分プレゼントのラインナップが豊富なのは、楽しみが増えるので良い点では、と感じます。


※参考サイト・ページ
・[1]北國銀行
 http://www.hokkokubank.co.jp/


※当ブログの関連記事:
北國銀行が夏のボーナスキャンペーン「北國夏の感謝まつり」を実施(2009年06月21日)
北陸地方の銀行が実施している、定期預金キャンペーンが好調(2009年07月17日)
石川県内の金融機関が「いしかわecoファンド」の定期預貯金8種類を発表(2009年03月28日)
北國銀行と北陸銀行が、2010年夏の定期預金キャンペーンを実施(2010年06月21日)
2011年06月23日

のと共栄信用金庫が2011年6月末に、電力消費量削減に応じた金利(0.1〜1.0%)を適用する「省エネ生活応援定期預金」を発売予定

のと共栄信用金庫」が2011年6月末に、電力消費量の削減度合いに応じた金利を適用する「省エネ生活応援定期預金(愛称は「節電礼讃」)」を発売する予定とのこと。

(ニュース記事)
・電気使用削減で金利上乗せ のと共栄信金(北國・富山新聞ホームページ - 北陸の経済ニュース)
 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/K20110623305.htm

上記URL先ページによると、商品の概要は、

・対象顧客:個人・法人
・預入期間:1
・預入額:1万円以上200万円以内
・条件:
 申し込み直前の電気使用量が記された検針票の提示が必要となる。
・金利:
 前年同月比での電気使用量削減率に応じ、下記の金利を適用する。
 ・前年同月比3〜10%未満の削減:年利0.1
 ・同10〜15%未満:0.5
 ・同15%以上:1.0
・販売期間:2011年6月28日〜10月末
・募集総額:50億

等となっています。

また記事では、のと共栄信用金庫の

・「節電に取り組む顧客を金融面からサポートしたい」

とのコメントが紹介されています。


最高の金利利率は1.0%とのことで、非常に魅力が大きく、節電へのモチベーションを高める効果も大きいのでは、と考えます。


※参考サイト・ページ
・[1]のと共栄信用金庫(のとしん) | ホーム
 http://www.notoshin.co.jp/


※当ブログの関連記事:
城南信用金庫の「節電プレミアム預金」は、太陽光発電など導入で年利1.0%を適用(2011年04月29日)
2010年12月11日

のと共栄信用金庫が、「ふるさと文化応援定期預金」を50億円追加募集

のと共栄信用金庫」が12月10日、「ふるさと文化応援定期預金」の追加募集実施を発表したとのこと。

(ニュース記事)
・等伯預金さらに50億円募集 のと共栄信金(北國・富山新聞ホームページ - 北陸の経済ニュース)
 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/K20101211303.htm

上記URL先ページによると、同預金は2010年6月に100億円分の販売を開始し、9月末に完売。
その後50億円を追加しましたが、これも売り切れたことから、今回更に50億円分を追加発売することを決定したとのことです。

預金の詳細は、

・種類:
 ・スーパー定期
 ・大口定期
 の2種類。
・預入期間:1
・適用金利:
 ・スーパー定期:店頭表示に0.20%上乗せ。
 ・大口定期:同0.18%上乗せ。
・寄付:
 初回満期時での受取利息の65%を、「長谷川等伯再発見ファンド」に寄付してもらう。
 (これまでの寄付総額(12月10日までの完売分(計150億円))で1,983万円。
  今回追加の50億円分では、624万円を見込む)
・追加発売の開始日:2010年12月13日

等となっています。
(金利などの条件は、これまでの実施内容と同様であるようです。)


実質的な利息は、寄付により小さくなるとは思いますが、それでも金利が著しく低くなっている現状では、(地域文化の再発見への貢献、ということも加わり)魅力が高い商品となっている、ということでしょうか。


※参考
・[1]のと共栄信用金庫(のとしん) | ホーム
 http://www.notoshin.co.jp/


※当ブログの関連記事:
のと共栄信用金庫が、定期預金「長谷川等伯再発見ファンド『等伯』」を、50億円分追加発売(2010年10月01日)
2010年10月01日

のと共栄信用金庫が、定期預金「長谷川等伯再発見ファンド『等伯』」を、50億円分追加発売

のと共栄信用金庫が9月30日に、「ふるさと文化応援定期預金」(2010年6月発売、愛称は「長谷川等伯再発見ファンド『等伯』」)の追加販売を開始したとのこと。

(ニュース記事)
・「等伯預金」100億円完売 のと共栄信金(北國・富山新聞ホームページ - 北陸の経済ニュース)
 http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/K20100930305.htm

(のと共栄信用金庫の発表資料)
・“ふるさと文化応援定期預金”の100億円完売と追加発売について
 http://www.notoshin.co.jp/dyn/data/ne/ne_00709.html

上記URL先ページによると、今回の追加販売の詳細は、

・背景:
 「ふるさと文化応援定期預金」は、預金者から受取利息の一部の寄付を受け、地元七尾生まれの絵師・長谷川等伯の
 ・足跡調査・研究活動
 ・作品収集への支援活動
 等の資金として活用するもので、約4ヶ月間で100億円を完売。
 この好評を受けて、追加発売を行う。
・預入期間:1年
・預金の種類・金利:
 ・スーパー定期:店頭金利に0.20%を上乗せ。
 ・大口定期:同0.18%を上乗せ。
・追加募集額:50億円
・寄付:
 受取利息(税引後)の65%が、源泉徴収形式で「長谷川等伯 再発見ファンド」に寄付される。
 (完売した預金100億円分の寄付金は、合計約1,352万円)

等となっています。


当記事作成時点での「のとしん」の定期預金利率は、スーパー定期が0.06%、大口定期が0.08%となっていました。

各定期の実際の受け取り利息を計算してみると、

・スーパー定期:
 (0.06 + 0.20) * 0.8 * (1 - 0.65) = 0.0728%
 (※通常の受け取り利息(税引き後)は、0.06 * 0.08 = 0.048%)

・大口定期:
 (0.08 + 0.18) * 0.8 * (1 - 0.65) = 0.0728%
 (※通常の受け取り利息は(税引き後)、0.08 * 0.08 = 0.064%)

となり、実際の利息では正直メリットは小さいと感じます。

ただ、それでも追加発売を行うほどの好評というのは、やはり地元の文化に対する愛着の表れ、とも感じられます。


※参考
・[1]のとしん | 預金商品利率一覧
 http://www.notoshin.co.jp/yokin_riritdsu.html
・[2]長谷川等伯 - Wikipedia


※当ブログの関連記事:
のと共栄信用金庫が、「子ども手当」の相当額を自動振替する子ども名義の普通預金「まなざし」の取り扱いを開始(2010年06月11日)
のと共栄信用金庫が4月から、運転免許証返納者向け定期預金「運転卒業宣言」を発売(2009年03月20日)
石川県内の金融機関が「いしかわecoファンド」の定期預貯金8種類を発表(2009年03月28日)
のと共栄信用金庫の「天平の古里 かしま支店」が、オープン記念定期預金「天平」を発売(2009年07月09日)
のと共栄信用金庫が、「能登の森づくり定期預金」で50億円分を追加募集(2009年12月19日)
2010年06月11日

のと共栄信用金庫が、「子ども手当」の相当額を自動振替する子ども名義の普通預金「まなざし」の取り扱いを開始

石川県の「のと共栄信用金庫」が6月10日、子ども名義の普通預金まなざし」の取り扱いを開始したとのこと。

のと信金、子ども手当支給日に同額を自動振替 金利優遇 :日本経済新聞

上記リンク先記事によると、この預金の詳細は、

・特徴:
 「子ども手当」の受給日に、受給口座から同手当の相当額が、自動振替される。
 具体的には、口座名義人の子どもが中学校を卒業するまでの期間、子ども手当の支給月(2、6、10月)に、親権者名義の受給口座から同手当相当額を、自動的に振り替える。

・目的:
 「子ども手当は子どものためにためておきたい」との需要に対応し、子育て世代の預金口座の獲得を狙う。

・背景:
 のと共栄信金は現在、児童手当の受給口座を約2,000有している。
 これらの家計口座は、
 ・給与
 ・日常の生活費
 ・ローン返済
 等、資金の出入りが多い。
 このことから同信金では、
 ・子ども手当を家計と切り離して管理できる預金口座のニーズが高い。
 と判断した。
 また、子どもへの金銭教育(通帳を見せる等)への寄与も予想している。

・金利:
 スーパー定期1年ものの金利に、0.3%を上乗せする。(※2010年6月10日現在では計0.36%)
 ただし、優遇金利の適用は200万円まで。

・募集期間:2010年6月10日〜10月29日

等となっています。


子ども手当てを狙う預金商品は多いですが、今回の商品は、子どもの将来を念頭に、家計と切り離した資金管理を行えるという点が、非常にユニークだと感じます。


※参考
・のと共栄信用金庫(のとしん) | ホーム
 http://www.notoshin.co.jp/


※当ブログの関連記事:
石川県内の金融機関が「いしかわecoファンド」の定期預貯金8種類を発表(2009年03月28日)
のと共栄信用金庫の「天平の古里 かしま支店」が、オープン記念定期預金「天平」を発売(2009年07月09日)
のと共栄信用金庫が、「能登の森づくり定期預金」で50億円分を追加募集(2009年12月19日)

「東山口信用金庫」が、子ども手当ての支給を受ける家庭を対象とする「すくすく定期積金」を発売(2010年02月27日)
静清信用金庫と富士信用金庫が、子育て支援をコンセプトとする預金商品を発売(2010年04月05日)
「香川県信用組合」が、「子ども手当」の受け取り口座指定で弁当箱をプレゼントするキャンペーンを実施(2010年04月14日)
「子ども手当」支給を想定し、関西地方の金融機関が取組む顧客獲得キャンペーンを紹介している「YOMIURI ONLINE」の記事(2010年05月11日)
山梨県民信用組合が、子ども手当て振込みで金利を0.1%上乗せする定期預金「子育て応援団エール21」を発売予定(2010年05月21日)
香川銀行が「子ども手当て」支給に合わせ、子ども積み立て定期預金「はぐくみ」を発売予定(2010年05月26日)
兵庫信用金庫が、金利0.42%の「子育て応援定期積金」を新設(2010年05月29日)
鶴岡信用金庫が、子ども手当て実施に伴い金利0.7%の定期積金を発売(2010年06月08日)
JAバンク佐賀が、子ども1人あたり金利を0.1%上乗せする定期積金「子育て応援でさがつくばい」を発売(2010年06月08日)
中国地方の金融機関における「子ども手当て」関連の商品展開を紹介している「asahi.com」の記事(2010年06月09日)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。