関西地方:和歌山県: 金利が高い銀行を調べてみる。


(スポンサード リンク)
2010年06月15日

紀陽銀行が「紀州レンジャーズ応援定期預金」を発売、チームのリーグ順位と観客動員数に応じ金利上乗せ

紀陽銀行が、「紀州レンジャーズ応援定期預金」を発売したとのこと。

紀陽銀行で「紀州レンジャーズ応援定期預金」(wbs和歌山放送WEB | 和歌山放送ニュース)

上記リンク先記事によると、この定期預金の詳細は、

・目的:
 プロ野球関西独立リーグのチーム「紀州レンジャーズ」(和歌山県を本拠地とする)を応援するための商品。

・金利:
 紀州レンジャーズの後期リーグにおける
 ・順位
 ・観客動員数
 に応じ、金利を上乗せする。
 例えば、
 ・リーグ順位が1位
 ・主催18試合の累計観客動員数が1万1,000人を突破
 の条件を満たした場合は、店頭金利に0.3%(最高値)を上乗せする。

・販売期間:2010年6月14日〜8月16日

等となっています。

また紀陽銀行では、平成22年冬に、バレーボールのVプレミアリーグの「堺ブレイザーズ」を応援する定期預金も発売予定とのことです。


リーグ順位と観客動員数の両方が金利上乗せの条件になっているというのは、チームを応援するという意味では、かなり強力な企画だと感じます。


※参考
・紀陽銀行
 http://www.kiyobank.co.jp/index_flash.html
・「紀州レンジャーズ応援定期」取扱開始!|紀陽銀行
 http://www.kiyobank.co.jp/000000_Topics/1_Html/topics_kishu_rangers.html
・紀州レンジャーズ | 関西独立リーグ
 http://www.kishu-rangers.jp/


※当ブログの関連記事:
「愛媛銀行」が「愛媛マンダリンパイレーツ応援定期預金2010」を発売、リーグ優勝で金利引上げ(2010年04月18日)
2009年12月31日

きのくに信用金庫が、高金利な普通預金「きのくにキッズ」を発売

きのくに信用金庫(本店:和歌山市)が、2010年1月に、普通預金「きのくにキッズ」を発売するとのこと。

きのくに信用金庫が子育て応援普通預金きのくにKIDSを来月発売。(wbs和歌山放送WEB | 和歌山放送ニュース)

上記リンク先記事と、きのくに信用金庫のサイト内資料[2]によると、「きのくにキッズ」の詳細は、

・対象顧客:満15歳未満の子ども(※開設手続きは、親権者が行う)
・金利:
 預金額により異なり、具体的には下記のとおり。
 ・0円〜10万円未満:通常の普通預金と同じ。
 ・10万円〜201万円未満:1年ものスーパー定期(S型)の金利を適用。
 ・201万円〜501万円未満:徐々に適用利率は低下。
 ・501万円以上:通常の普通預金と同じ。
・口座の開設:1人あたり1口座(総合口座や口座振替の設定は不可)
・その他の特徴:
 ・預け入れ、払い戻しは自由。
 ・通帳には、
  ・顧客の写真
  ・好きなオリジナル写真
  をプリントできる。
・発売日:2010年1月4日

となっています。


名義は子供でなければならないですが、実際には保護者をターゲットにした商品、ということでしょうか。

また、預金額が大きいほど金利が高いのではなく、最も適用金利が高い預入金額が10万円〜201万円未満という点が非常に興味深く(明確な狙いがありそうだが、私には残念ながら推測できない)、様々な点でユニークな商品だと感じます。

ただ、当記事の作成時点(2009/12/31)で、1年ものスーパー定期の金利が0.120%と、インターネット専業銀行と比べると低いのは、仕方のないところでしょうか。
(それでも預け入れ・払い戻しが自由な点は、やはり魅力が高いと思われるが)


※参考
・[1]きのくに信用金庫ホームページ
 http://www.kinokuni-shinkin.jp/
・[2]子育て応援普通預金「きのくにKIDS」の販売について
 http://www.kinokuni-shinkin.jp/personal/topics/topics_20091228.pdf