関西地方:奈良県: 金利が高い銀行を調べてみる。


(スポンサード リンク)
2015年06月16日

大和信用金庫の2015年「やましん防犯定期預金」は、犯罪率低下で1年ものに最大0.2%を上乗せ

奈良県の「大和信用金庫」が2015年5月から、県内の犯罪率低下で金利を上乗せする「やましん防犯定期預金」を販売しています[1]。

商品の概要を、以下にまとめてみました。


対象顧客個人・法人
対象預金(預入期間)スーパー定期1年もの
預入額10万円以上300万円以下(1円単位)
口数は問わない。
適用金利最大で、下記の計0.2%が上乗せされる。(※当初預入の1年のみ)
  1. 預入時の店頭表示金利に、年0.1%を上乗せする。
  2. 県内の犯罪率(人口1000人あたりの数値)が前年(8.05)を下回った場合は、更に年0.1%を上乗せする。
販売期間2015年5月1日〜6月30日
申込方法ATMでの申し込みは適用外。
募集総額30億

この商品の情報を知った当初は、県民の意識喚起にはつながる一方で、犯罪の抑止には果たして寄与できるものなのか(犯罪者側への働きかけは期待できないのでは)・・・と疑問がありました。

しかし、商品パンフレット[1]の2ページ目では

  • 架空請求詐欺
  • オレオレ詐欺
  • 還付金詐欺
といった、金融機関からの振込みをさせる詐欺に対しての注意が強調。

金融機関がこのような商品を取り扱うことで、近年増えている詐欺手口について「狙われる側の注意を促し、犯罪発生を減少させる」という狙いならば、すんなり合点が行くものであり、非常にユニークで良い取組みだと思います。

また金利についても、同信金が同じく販売中の「夏本番!定期預金」(1年もの金利が年0.15%)を上回る可能性があり、昨年の「防犯定期預金」が募集総額を上回る申込(35億円)を得る人気だった[3]のも、納得です。


※参照資料:
[1]『やましん防犯定期預金』のご案内(大和信用金庫)
http://www.yamato-shinkin.co.jp/news/detail/pdf/pdf_0098.pdf
[2]特別金利「夏本番!定期預金」のご案内(同上)
http://www.yamato-shinkin.co.jp/news/detail/pdf/pdf_0099.pdf
[3]犯罪率低下すれば特別金利上乗せ、奈良で「防犯定期預金」(サンケイニュース)
http://www.sankei.com/region/news/150519/rgn1505190028-n1.html
2012年11月10日

南都銀行の「<ナント>冬の資産づくりキャンペーン」で、「定期預金コース」は窓口預入で年0.1%、ATM・ネットバンキングで年0.12%を上乗せ

南都銀行」が2012年11月1日に、「<ナント>冬の資産づくりキャンペーン」を開始したとのことです。

(ニュース記事)
・定期預金の金利上乗せなど、冬の資産づくりキャンペーン開始 - 南都銀行(マイナビニュース)
 http://news.mynavi.jp/news/2012/11/06/097/

(南都銀行のサイト内ページ)
・<ナント>冬の資産づくりキャンペーン
 http://www.nantobank.co.jp/sonota/2012winter.htm

上記URL先ページによると、今回は

・「資産運用コース」(投資信託、国債、外貨預金など)
・「定期預金コース

の2コースが用意されており、うち「定期預金コース」の概要は下記の通り。

・対象顧客:個人
・預入額:
 ・窓口20万円以上1,000万円未満
 ・ATM・インターネットバンキング1万円以上1,000万円未満
 (※新規預入れに限る。)
・預入期間と適用金利:
 ・1年もの:店頭表示金利(2012年10月19日現在では年0.025%)に年0.1%を上乗せ。
 ・3年もの:店頭表示金利(同0.03%)に年0.12%を上乗せ。
・その他の特典:
 窓口で新規に100万円以上を預入れた先着2万人に、「マイクロファイバーモップ」をプレゼントする。
・取扱期間:2012年11月1日〜2013年1月31日


上乗せ金利は正直高いとはいえませんが、元本割れのリスクがある投資信託や外貨預金と比べると、資産運用において、ローリターンながら元本保証のある定期預金が持つ魅力・メリットはやはり変わらないのでは、と考えます。


※関連記事:
南都銀行が、平城遷都1300年祭開催に合わせた記念定期預金「なんとdeせんと」を発売(2009年05月28日)
南都銀行が「吉野の桜定期預金」を発売、金利は0.1%上乗せ(2011年01月12日)
南都銀行が2012年2月に「吉野の桜定期預金」を発売、金利0.1%上乗せ+抽選で吉野地域への旅行をプレゼント(2012年02月15日)
2012年02月15日

南都銀行が2012年2月に「吉野の桜定期預金」を発売、金利0.1%上乗せ+抽選で吉野地域への旅行をプレゼント

南都銀行」が2012年2月に、「吉野の桜定期預金」を発売したとのこと。

(ニュース記事)
・南都銀行が『吉野の桜定期預金』、預入総額0.01%相当を"さくら募金"に寄付(マイナビニュース)
 http://news.mynavi.jp/news/2012/02/15/062/

(南都銀行のサイト内ページ)
・吉野の桜定期預金
 http://www.nantobank.co.jp/sonota/2012sakurateiki.htm

上記URL先ページによると、今回の商品の概要は、

・対象顧客:個人
・対象商品:
 ・スーパー定期(自動継続のみ)
 ・スーパー定期300(同上)
 ・大口定期(自動継続の是非を選択化)
・預入額:20万円以上(1円単位、新規預入のみ)
・預入期間:1年・3年・5
・金利:
 店頭表示利率に0.10%を上乗せする。
・その他の特典:
 申込者の中から抽選でペア100組(200名)に、吉野地域への旅行をプレゼントする。
 (抽選は6月初旬に行う)
・申し込み方法:
 窓口での預入れのみ。
 (ATM、インターネットバンキングでの預入れは対象外)
・募集総額:300億
・取扱期間:2012年2月15日〜5月31日
・寄付:
 南都銀行が預入総額の0.01%相当額を、「吉野の桜を守る会」の「さくら基金」に寄付する。(顧客の負担は無し)

等となっています。


店頭金利がさほど高くない状況では正直、0.1%の上乗せ金利の魅力も薄れてしまうとは思いますが、(抽選とはいえ)桜で知られる吉野地域への旅行プレゼントが用意されているのは、地元の魅力を上手く生かしていると感じます。


※参考サイト・ページ
・[1]吉野の桜を守る会
 http://www.town.yoshino.nara.jp/kankou_new/genjyou_kihu/mamorukai/top.htm


※当ブログの関連記事:
南都銀行が「吉野の桜定期預金」を発売、金利は0.1%上乗せ(2011年01月12日)

南都銀行が、平城遷都1300年祭開催に合わせた記念定期預金「なんとdeせんと」を発売(2009年05月28日)
2011年01月12日

南都銀行が「吉野の桜定期預金」を発売、金利は0.1%上乗せ

奈良県の「南都銀行」が、環境配慮型預金「吉野の桜定期預金」を発売しているとのこと。

(ニュース記事)
・奈良新聞WEB | 経済 | 南銀が環境配慮定期 - 0.01%を吉野の桜保全に/4月15日まで
 http://www.nara-np.co.jp/20110110111254.html

(南都銀行のサイト内ページ)
・<ナント>吉野の桜定期預金|新商品・キャンペーン等のご案内|南都銀行
 http://www.nantobank.co.jp/sonota/sakurateiki.htm

上記URL先ページによると、今回の定期預金の詳細は、

・対象顧客:個人
・対象預金:スーパー定期、スーパー定期300、大口定期
・預金額:20万円以上
・預入期間:3年または5
・金利:店頭金利に0.1%を上乗せする。
・寄付:
 預け入れ総額の0.01%相当を、吉野地域の桜の保全団体「吉野の桜を守る会」の「さくら募金」に寄付する。
・募集総額:300億
・販売期間:2011年1月4日〜4月15日
 (※募集総額に達し次第、販売終了)

等となっています。


南都銀行の店頭表示金利[1]は、(当記事の作成時点で)3年ものが0.04%〜と、やはり低金利状況を反映しており、今回のキャンペーン商品も、預入期間を考えると0.1%を上乗せしても低いと感じざるを得ませんが、地元の自然保護につながるという点で、魅力は小さくないようにも思われます。


※参考
・[1]預金商品適用金利(南都銀行のサイト内ページ)
 http://www.nantobank.co.jp/kinri/20110110.htm


※当ブログの関連記事:
南都銀行が、平城遷都1300年祭開催に合わせた記念定期預金「なんとdeせんと」を発売(2009年05月28日)
2010年07月06日

大和信用金庫が、大和川の水質改善で金利を上乗せする、第5回「大和川定期預金」を発売

奈良県の「大和信用金庫」が7月1日、大和川の水質改善状況と預金金利を関連付ける、第5回「大和川定期預金」を発売したとのこと。

・奈良新聞WEB | 経済 | 水質改善で金利上乗せ
 http://www.nara-np.co.jp/20100705132059.html

上記リンク先記事と大和信用金庫のサイト掲載資料[2]によると、この預金の商品は、

・販売の目的・経緯:
 大和川の水質浄化を目的として、平成18年から発売している。
・対象顧客:個人・法人
・対象預金:スーパー定期1年もの
・預入金額:10万円以上500万円以下
・金利:
 大和川の水質指標「BOD(生物化学的酸素要求量)」の年間平均値(国土交通省近畿地方整備局大和川河川事務所が毎年2月頃に発表)に応じて、預け入れ時の店頭金利に特別金利を上乗せする。(※適用は初回満期日)
 具体的には、
 ・BODが2.3mg/L以下:1.0%を上乗せ
 ・同2.9mg/L以下:0.5%
 ・同3.1mg/L以下:0.3%
 ・水質が改善しなかった場合:金利上乗せは無し
 (※昨年の実績:
   平成21年度のBOD値は3.2mg/Lで、上乗せ金利は0.5%だった。
   このBOD値は、平成17年度(6.4mg)の半分。)
・募集期間:2010年7月1日〜9月30日
・募集総額:70億円

等となっています。


上乗せ金利の最高利率が1%というのは、非常に魅力が大きいと感じます。

BODを2.3mg/L以下とするのが、実際にどの程度実現の可能性があるものなのかはわかりませんが、この預金が、地域の河川の水質向上をお金の面から支援する効果があるのは、確かではないかと考えます。


※参考
・[1]大和信用金庫ホームページ
 http://www.yamato-shinkin.co.jp/
・[2]『大和川定期預金』のご案内
 http://www.yamato-shinkin.co.jp/image/whatsnew/2010-06-yamatogawa.pdf
・[3]国土交通省 近畿地方整備局 大和川河川事務所 (YKNET) HOME
 http://www.kkr.mlit.go.jp/yamato/index.php
2009年05月28日

南都銀行が、平城遷都1300年祭開催に合わせた記念定期預金「なんとdeせんと」を発売

奈良県の「南都銀行」が、2010年の平城遷都1300年祭開催に合わせた記念定期預金なんとdeせんと」を発売するとのこと。

平城遷都祭で上乗せ金利預金…南都銀 : 経済 科学 ピックアップ : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

上記リンク先記事と、南都銀行のサイト内ページ[1]によると、この定期預金なんとdeせんと」の詳細は、

・預入期間:1年または2
・預入金額:1100万円以上(3口まで可)
金利:スーパー定期・スーパー定期300・大口定期の店頭利率に、0.13%の特別金利を上乗せ(※平城遷都1300年にちなんでいる)
・受付期間:2009年5月27日2010年9月30日
・募集金額:1,300億
・先着6万人に、1300年祭のマスコットキャラクター「せんとくん」のグッズ(タオルなど)をプレゼント。


来年が、平城京への遷都(710年)から1300年というのは、私は正直、今回の記事を読んで初めて気が付きました。

(「せんとくん」の名前は知っていましたが・・・)


※参考
・[1]<ナント>平城遷都1300年記念定期預金 なんとdeせんと|新商品・キャンペーン等のご案内|南都銀行
 http://www.nantobank.co.jp/sonota/nantodesento.htm